SIGMAレンズ カメラ レンズ 海外の評価

18-50mm F2.8 DC DNはパーフェクトなトラベルレンズ

ePHOTOzineがシグマ「18-50mm F2.8 DC DN」のレビューを公開。きちんとした価格設定、操作性、光学性能を発揮するレンズと評価。欠点は補正可能な色収差と歪曲くらいとのこと。

ePHOTOzine:Sigma 18-50mm f/2.8 DC DN Contemporary Lens Review

外観・構造:

  • ライカLマウント用とソニーEマウント用がある。
  • 防塵防滴に配慮した作りだが、見た目はただの筒である。
  • 軽量だが、剛性を高めるためにアルミニウムやTSC素材を使用している。
  • Lマウント用はUSB Dockに対応している。
  • 花形レンズフードはしっかりとした作りだ。誤って脱落する可能性は全くない。
  • フィルター径は55mmである。
  • 前玉はフッ素コーティング処理されている。
  • 10群13枚のレンズ構成で、絞り羽根は7枚だ。
  • レンズマウントには優れた耐久性の真鍮を使用している。

携帯性:

  • 重量は290gと軽量だ。

操作性:

  • 幅広いズームリングはグリップが良好だ。
  • フォーカスリングは期待通りの滑らかな操作性だ。

オートフォーカス:

  • ステッピングモーター駆動で滑らかで高速、そして静かである。

マニュアルフォーカス:

  • 最大撮影倍率は18mmで1:2.8だ。50mmでは1:5となる。これは平均よりもクローズアップ性能が良好で、レンズの汎用性を高めている。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 18mm:中央はF2.8からF8までExcellent、F11とF16でVery good、F22でSoftだ。端はF2.8とF4でVery good、F5.6とF8でExcellentとなる。F11でVery goodとなり、F16でGood、F22でSoftだ。
  • 24mm:中央はF2.8からF8までExcellent、F11とF16でVery goodとなり、F22でSoftだ。端はF2.8からF11までVery good、F16でGood、F22でSoftだ。
  • 35mm:中央はF2.8からF8までExcellent、F11とF16でVery goodとなり、F22でSoftだ。端はF2.8からF11までVery good、F16でGood、F22でSoftだ。
  • 50mm:中央はF2.8からF8までExcellent、F11とF16でVery goodとなり、F22でSoftだ。端はF2.8からF5.6でGood、F8からF16でVery good、F22でSoftだ。
  • F22は回折の影響でかなりソフトだが、被写界深度が絶対的に必要とされるシーンでは選択肢があったほうが良い。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 超クリーミーではないが、とても満足のいく描写だ。

色収差:

  • 中央はとても良好な補正状態だ。
  • 端では色収差が見られるが、カメラ内補正で修正可能だ。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 補正オフの場合は18mmで-5.68%と大きな樽型になる。クリエイティブな使い方もできるが、補正はオンにしておいた方が良いだろう。
  • 24mmは-1.20%と許容範囲内の樽型だ。
  • 35mmは+2.89%の糸巻き型、50mmでは+3.12%の糸巻き型となる。

周辺減光:

  • 18mmの絞り開放以外は周辺減光がとても控えめだ。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • フレアは目立たず、コントラストの低下は無い。
  • 光源がフレーム内にあるとゴーストが発生しやすいが、コントラストは維持されている。

総評

この新しいF2.8ズームレンズによって、背景をボカすことができるようになり、特にポートレート撮影では大きなメリットとなる。また、ズームとフォーカス以外の操作は一切なく、クリエイティブな作業を妨げることのない、シンプルなレンズである。コンパクトで軽く、最高の品質を備えた完璧な旅行用レンズだ。

過剰な歪曲がクリエイティブな理由で必要とされない限り、カメラ内補正をオンにすべきだと思う。これはもちろん、レンズの設計が歪曲収差の補正を前提としているからだ。このアプローチの良し悪しについては、興味深い議論になるだろう。

要約すると、適切な価格、適切な操作性、適切な性能を備えた「強くお勧めできる」レンズである。

  • 長所
    ・優れたシャープネス
    ・絞った際の周辺減光
    ・フレア耐性
    ・低色収差
    ・高速で正確かつ静かなAF
    ・防塵防滴
    ・小型軽量
    ・F2.8
    ・価格設定
  • 短所
    ・端の色収差
    ・歪曲収差
    ・逆光時のゴースト

とのこと。
倍率色収差や歪曲収差が残っていると指摘しつつも、ソフト補正が有効であり、欠点と言える欠点は逆光時のゴーストくらいみらいですね。手ごろな価格で小型軽量ながら、しっかりとした光学性能を備えている模様。手ぶれ補正は搭載していませんが、多くのAPS-Cユーザーに適した大口径ズームと言えそうです。

私はα7R IVの2600万画素クロップで利用していますが、十分な光学性能で、これと言った弱点はありません。確かに逆光時にフレアやゴーストが目立つ場合はありますが、他のレンズと比べて極端な性能差は見られないはず。歪曲収差や倍率色収差の評価は同じ意見です。

シグマ 18-50mm F2.8 DC DN データベース

18-50mm F2.8 DC DN Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す
18-50mm F2.8 DC DN Leica L
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す

関連レンズ

関連記事

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 海外の評価
-