「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

シグマ24-70mm F2.8 DG OS HSMボケが比較的綺麗だが周辺解像がネック 【海外の評価】

更新日:

Optical Limitsがシグマの交換レンズ「24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

パンチに欠けるがボケは良好

  • キヤノンよりも安価だが、タムロンよりは高価なレンズだ。
  • Artシリーズのデザイン哲学に従い、金属とTSCで構成された鏡筒だ。
  • ズームリングとフォーカスリングは滑らかに動作し、内筒にぐらつきは確認できない。
  • HSMは静かでとても高速だ。AF精度は完璧でなかったが、比較的良好だ。
  • 手振れ補正は4段分と言われているが、実際は半分程度だった。この点でタムロンG2は明らかに優れている。
  • 歪曲は24mmで比較的穏やかな樽型歪曲-2.1%、35mmで歪曲が無くなり、70mmで1.7%の糸巻き型だ。
  • 周辺減光は24mmの絞り開放で2.5EVと最悪だ。これはハッキリと目立つもので、F5.6以降で許容範囲となる。
  • MTF 5000万画素:
    ・中央の広いエリアは絞り開放でとても良好、中程度まで絞ると優れた結果となる。ズームレンジ全域で良好な結果であり、このクラスとしてはかなり堅実だ。
    ・一方で外側の領域は24mm F2.8でとてもソフトだ。F5.6-F8でかなり改善する。35mmで僅かに改善される。スイートスポットは50mmだ。
  • MTF 2100万画素:
    ・F4~F11までのクオリティは本当に良好だ。
    ・24mmや70mmの絞り開放における四隅はあまり良くない。
  • 倍率色収差はかなり高い。ズームレンジ中間ではそれほど目立たない。
  • 玉ボケは比較的良好だ。前後のボケは後ボケが柔らかく、前ボケが固い。

中央はズームレンジ全域でシャープ、少し絞れば周辺も程よく解像し、ボケは比較的良好だ。一方で周辺減光や歪曲はこのクラスで一般的な性能のレンズだ。

価格設定からするとパンチが欠けている。(他の24-70mmにも言えることだが)

とのこと。

他の評価サイトと同様、四隅の描写が少し気になるところですね。一方で玉ボケは比較的綺麗な描写のようで、確かにSP24-70mm F2.8 USD G2の玉ボケと比べてまだ自然な描写と感じます。

24-70mm F2.8 DG OS HSM | Artのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

シグマ関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価