「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY広角レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニーE 16mm F2.8は周辺部の減光が大きく解像性能も芳しくないレンズ【海外の評価】

更新日:

Sony Alpha Blogがソニーの交換レンズ「E 16mm F2.8」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

減光が大きく甘い解像性能

  • シャープネス:α6000
    ・中央:F2.8でsoft、F4でgood、F5.6-F8でvery good、F11でgood、F16で回折の影響を受ける。
    ・四隅:F2.8-F4でsoft、F5.6-F8でgood、F11でaverage、F16で回折の影響を受ける。
  • 周辺減光は全ての絞り値で目立ち、決して解消しない。
  • 歪曲は小さく問題とはならない。
  • 色収差は並み以上の量が発生する。
  • ボケは平均的で特段柔らかくも無く、騒がしくも無い。
  • 発色はOKだが素敵ではない。

Eマウントシステム初期の交換レンズだ。1400万画素の時代なら良かったかもしれないが、2400万画素が主流の現在では粗が目立つ。要約すると…

  • コンパクトで高速AF
  • 周辺減光が強い
  • 色収差が強い
  • 解像性能はキットレンズ並で単焦点としては悪い

ソニーEマウントレンズラインアップの中でワーストとなる一本だ。低照度で撮影しない、スマホでしか画像を見ない、動画撮影でシャープネスは気にならない場合にのみ使えるレンズとなる。

以下の競合レンズが存在する

とのこと。

他のレビューでもこき下ろされているように、周辺減光や周辺解像はとても悪い結果となったようです。携帯性はとても魅力的ですが、用途は限定されるかもしれませんね。

ワイドコンバージョンレンズやフィッシュアイコンバージョンレンズに対応しているので、それ専用として購入するのはアリかもしれません。(レンズ+コンバージョンレンズを購入してもそこまで高くないため)

E 16mm F2.8のレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

*コンバージョンレンズには1型と2型が存在しており、検索結果には1型がヒットするようになっています。新型の2型は20mmF2.8にも対応しており、価格も変動していません。これから買うのであれば2型をおススメしますので、検索ワードから「1」を削除してやるとヒットします。カメラのキタムラはそのままヒットします。

E 16mm F2.8
楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1
(ECU2で20mmF2.8にも対応)
楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
フィッシュアイコンバーター VCL-ECF1
(ECF2で20mmF2.8にも対応)
楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
レンズフロントキャップ ALC-F49S
楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
レンズリヤキャップ ALC-R1EM
楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
ソフトキャリングケース LCS-FEA1
楽天市場
Amazon
キタムラ
Yahoo
フィルター購入早見表
プロテクト C-PL ND ソフト
X-CAP

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価