「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニーE 35mm F1.8 OSSは絞り開放で像面湾曲の影響がある【海外の評価】

更新日:

Sony Alpha Blogがソニーの交換レンズ「E 35mm F1.8 OSS」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

絞り開放で像面湾曲の影響がある

  • 鏡筒は高品質なプラスチック製でビルドクオリティは良好だ。
  • オートフォーカスは高速で効果的、そして静かである。
  • シャープネス:α6000
    ・中央:F1.8でgood、F2.8でvery good、F4-F5.6でexcellent、F8でvery good、F11でgoodだ。
    ・四隅:F1.8でまずまず、F2.8でgood、F4でvery good、F5.6でexcellent、F8でvery good、F11でgoodだ。
    ・全体的に良好だが競合レンズと比較してとても良好な性能では無い。
  • 周辺減光は絞り開放で目に付くがF2.8ではとても小さくなる。
  • 歪曲は無視出来る程度だ。
  • 色収差はコントラストが高い場合に強いパープルフリンジが発生する。
  • フレア耐性は良好だ。
  • 絞り開放の玉ボケはとても素晴らしい。絞り羽根が7枚なのでF2.8まで絞ると玉ボケの質が少し低下する。
  • 後ボケは滑らかでとても柔らかく素晴らしい。
  • 発色はとても良好だ。
  • 光学手振れ補正は動画撮影でワンポイントとなる特徴だ。

標準単焦点として良好なレンズだ。比較的明るく、素晴らしい後ボケからポートレート撮影で理想的なレンズである。手振れ補正は動画撮影時に便利でオートフォーカスは静止画・動画どちらでも効果的だ。

絞ったときのシャープネスはvery goodだが、絞り開放時はgoodである。これは絞り開放でいくらかの像面湾曲が見られるためであり、中央と周辺部を両方ともシャープにすることは出来ない。E 35mm F1.8より新しいレンズでより良好な競合モデルが存在する。場合によって強いカラーフリンジが発生する点にも注意が必要だ。

とのこと。

価格を考慮するとまずまずバランスの取れたレンズのようですね。像面湾曲の影響があるため絞り開放を使った遠景や天体撮影では注意が必要かもしれません。

ソニーAPS-C Eマウントは社外製のより明るい大口径単焦点が揃っているので悩ましいところ。バランスが良いのはシグマの30mm F1.4 DC DNでしょうか。サムヤンや中一光学はフルマニュアルレンズながらF0.95やF1.2など非常に明るいレンズのラインアップがあったりします。

E 35mm F1.8 OSSのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価