OLYMPUS Olympus関連の情報 Panasonic Panasonic関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 海外機材情報

マイクロフォーサーズシステムにYONGNUO、MEDIAEDGE、Venus Opticsの3社が新たに賛同

スポンサーリンク

フォーサーズフォーラム公式ウェブサイト(運営オリンパス)が新しい賛同企業を発表しました。

オリンパス株式会社とパナソニック株式会社は、2008年に共同でマイクロフォーサーズシステム規格を発表し、本規格の普及に努めてきましたが、このたび、YONGNUO社、MEDIAEDGE社、Venus Optics社が本規格に賛同し、これに準拠した製品の開発を進めることをお知らせします。

デジタルカメラ用の交換レンズ、スピードライト、ビデオライト等の撮影器材を開発・生産・販売を担うYONGNUO社、映像配信・表示システムとしてのコンセプトを17年以上前に提唱し、お客様に「感動」を与える製品づくりを目指して、活動しているMEDIAEDGE社、実用的かつ費用対効果に優れたユニークな製品を送り出すLAOWAブランドのレンズ開発・生産を行うVenus Optics社の参加により、今後これらの企業の製品がマイクロフォーサーズのラインアップに加わります。共通規格ならではのラインアップの発展性は、映像の楽しみ方をさらに広げていきます。

オリンパスは、フォーサーズシステム、マイクロフォーサーズシステム規格の提唱企業として、今後も両規格のラインアップ拡充を図り、お客さまの多様なニーズにあったデジタル一眼システムを提案していきます。

フォーサーズフォーラム:マイクロフォーサーズシステム規格にYONGNUO、MEDIAEDGE、Venus Opticsの3社が新たに賛同

とのこと。
予想した通りLAOWA(Venus Optics)が加わり、さらにYongnuoとMEDIAEDGEが新しく賛同する模様。今後は電子接点付きのLAOWAやYongnuoレンズが期待できそうですね。前者は個性的な広角レンズ、後者はリーズナブルな単焦点レンズを投入しているので、今後のレンズロードマップに注目。「ARGUS F0.95レンズ」もマイクロフォーサーズマウントである可能性がグッと高まったように感じます。

取り敢えずVenus Optisが海外で展示していた「LAOWA MFT 50mm F2.8 2X Macro」が一番槍となりそうですね。
MEDIAEDGEはATOMOS製品を取り扱っているのでレコーダーなどで関係してくるのでしょうか?

サイト案内情報

Laowaレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
EOS R/M 最大2万円 -2020/5/7 2020/5/22
GFX 最大15万円 -2020/3/31 2020/4/14
X-T4+レンズ 最大10万円 -2020/5/10 2020/5/25
Fuji X 最大2万円 -2020/3/31 2020/4/14
Nikon Z 最大4万円 -2020/3/31 2020/4/17
SONY GM 1万円 -2020/3/31 2020/4/14
E-M5 III 最大1.5万円 -2020/3/31 2020/4/14

-OLYMPUS, Olympus関連の情報, Panasonic, Panasonic関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.