【セール情報】DXOがPureRAW2など最大50%OFF
【セール情報】Amazon BLACK FRIDAY
【ブラックフライデー特集記事】 Amazon / DXO / まとめ

Canon EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 海外の評価

キヤノンEOS R7はR3ほどではないが優れたAF性能を発揮する

IMAGING RESOURCEがキヤノン「EOS R7」のハンズオンレビューを公開。EOS R3と同等のAF性能ではないものの、優れたAFシステムや連写性能、良好なセンサー画質を評価しています。

IMAGINGRESOURCE:Canon EOS R7 Hands-on Preview

  • EOS R10ほど小さくないが、大型カメラとは全く異なる。
  • EOS R5と比べて少し奥行が広いが、幅は狭く、少し低い。
  • 7D Mark IIと比べると遥かにコンパクトだが厚みは同程度だ。重量はR7のほうが遥かに軽い。
  • EOS 90Dと比べてもコンパクトで軽量だ。
  • 小型軽量化されているが、物理コントロールに妥協は見られない。
  • グリップは大きくないが、手にフィットする。大きなズームレンズを装着してもバランスは良好だ。
  • サムレスト付近のジョイスティックと、それを囲むようにコントロールダイヤルを搭載している。
  • R10のジョイスティックと比べて大きく、背面ホイールの搭載は歓迎すべきポイントだ。上部にはISOボタンもあり、個人的に気に入っている。
  • ファインダーはEOS R3ほどではないが、とても良好だ。ファインダーは大きくないが、小さすぎるとも感じない。アイカップは快適で、リフレッシュレートも良好である。
  • 大きな背面モニタはタッチ操作に対応したバリアングル式の可動液晶パネルだ。個人的にはチルト式が好みだが、バリアングルは動画撮影に適している。それに縦位置アングルの撮影にも使うことが出来る。
  • 背面モニタの解像度は162万ドットで、R10よりも高解像だ。明るい環境でもうまく機能する。
  • SD UHS-IIに対応したデュアルカードスロットを搭載している。CFexpressではないが、SD UHS-IIも良好だ。
  • 最大8段分のボディ内手ぶれ補正に対応している。R7はさらに手ぶれ補正を利用した自動水平調整機能に対応している。センサーが物理的に回転するのでトリミングとは異なる。
  • EOS 90Dと同等の防塵防滴仕様だ。
  • APS-Cセンサーサイズはフルサイズ比で1.6倍のクロップとなる。他社のAPS-Cと比べてクロップ倍率が僅かに高い(1.5倍)。
  • 他社と比べると少し小さなセンサーだが、画質に顕著な影響は見られない。
  • R7の3250万画素 CMOSセンサーはEOS 90DやEOS M6 Mark IIのセンサーとは異なるが、従来通り裏面照射型ではなく、積層型でもない。EOS R3と同じAFシステムだが、同等の性能は発揮できないだろう。
  • 常用ISO感度は100~32000だ。拡張ISO感度で51200を利用可能である。ラボテストはまだだが、第一印象はとても肯定的なものだ。
  • ISO 6400まで日中の撮影と同じくらい良好である。等倍で確認してもノイズは適度で良好なディテールを維持している。
  • 低ISO感度の場合は画質がさらに向上する。良好なダイナミックレンジ、色調、色だ。
  • AF性能はEOS R3に匹敵するものではないが、AFシステムは被写体検出を含めて継承している。人物や野生動物、車両を検出可能だ。ただし、検出する被写体は選択する必要がある。
  • DIGIC Xプロセッサを搭載し、651点の測距点に対応している。フレーム全体をカバーしており、小さな被写体でも検出して瞳にピントを合わせてくれる。
  • 複数の被写体を検出するシーンではAFエリアを狭め、検出する被写体の優先度を高めることで(完璧ではないが)上手くいく。
  • 連続撮影はメカニカルシャッターで15fpsだ。バッファはすぐに詰まってしまうが、幸いにもSD UHS-IIにより高速バッファクリアが可能だ。
  • 電子シャッターで30fpsまで対応しているが、ローリングシャッターの影響がある。
  • 動画の仕様は見事だ。センサー全幅で4K 60pの撮影に対応でき、4K 30pで7Kのオーバーサンプリングも可能だ。Canon-Log3やHDR PQ、FHD 120pの撮影にも対応している。
  • 野生動物の撮影体験は良好だった。見事なAFシステムと高速性能で野生動物の撮影に適している。堅牢なボディと十分な物理コントロールを備え、複雑なメニューシステムに潜ることなく素早く調整が可能だ。
  • ファインダーはそれほど洗練されていないが、動体に追いつくことは可能だ。
  • ボディ内手ぶれ補正と光学手ぶれ補正を組み合わせることで、長焦点時に安定し結果を得ることができる。

野生動物やスポーツを撮影する人にとって歓迎すべき新型カメラだ。3250万画素 CMOSセンサーは裏面照射型ではないが、それでも優れた画質である。R3から継承したAFシステムは完全に同等とは言えないものの、それでも非常に良好な性能を発揮する。簡潔に言うと、適度にコンパクトで魅力的な価格ながら優れた性能のカメラである。

とのこと。
フルサイズと比べると手ごろな価格で30コマ秒の高速連写に対応した高性能APS-Cミラーレスですね。高価なフルサイズカメラと同じように被写体検出に対応し、その他のAFシステムも大部分を継承しているように見えます。センサーの読み出し速度がボトルネックとなるのか、同等のAF性能は期待できませんが、それでも良好な結果となる模様。

センサー画質が気になるところですが、IMAGING RESOURCEはレビューと同時にサンプルイメージも公開。IMAGING RESOURCEらしい高ISO感度を使った野鳥シーンが多く、そのような用途での使用を検討している人にとって参考となりそう。JPEGは初期設定のノイズリダクションが適用されていますが、RAWをダウンロードして自身の現像環境で確認することも出来ます。

個人的にはキヤノンとしては珍しい前部のフォーカスモードレバーや統合されたジョイスティックとホイールの使い勝手が気になるところですが、短い試用期間でそこまでは言及できなかったようです。この辺りは実際にカメラを手に取って確認するしかないかもしれませんね。

キヤノン EOS R7 最新情報まとめ

EOS R7 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
EOS R7 18-150mmキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連ボディ

関連記事

-Canon, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 海外の評価
-