LUMIX G/GHシリーズ LUMIX GH6 Panasonic 海外の評価

ePHOTOzineが「LUMIX GH6」のレビューを公開

ePHOTOzineがパナソニック「LUMIX GH6」のレビューを公開。どちらかと言えばスチルカメラ向けのレビューサイトなので、GH6の長所はあまり推されていないように見えます。

ePHOTOzine:Panasonic Lumix GH6 Camera Review

ビルド・外観

  • 記載なし。

バッテリー

  • 記載なし。

インターフェース

  • 幅広い動画モードを利用するためには、十分な転送速度を備えたCFexpressカードが必要となる。
  • 二つ目のカードスロットはSD UHS-IIに対応している。
  • USB 10Gbps、HDM A、2.5mmジャック、マイクジャック、ヘッドホンジャック、シンクロソケット(TC in/out)などに対応している。

携帯性

  • サイズや重量は一眼レフカメラ並みだ。
  • 重量は818gと重いが、レンズとの組み合わせでバランスは取れている。

グリップ

  • 素晴らしいグリップである。
  • 大きなレンズを装着しても問題とならない。

操作性

  • ボディサイズは大きいが、良好なボタン配置を実現している。
  • ドライブダイヤルはセルフタイマーを日常的に利用する場合は便利だ。
  • WB/ISO/露出補正ボタンで素早く機能にアクセスすることができる。
  • シャッターボタンは柔らかく、非常に正確だ。
  • 電源スイッチがシャッターボタン周囲にないのは残念だ。

手ぶれ補正

  • 7.5段分の効果がある手ぶれ補正を搭載している。
  • 実写で5.5段分の補正効果を得られた。
  • 重量があるので手持ち撮影時に安定する。

ファインダー

  • 368万ドットのOLEDファインダーを搭載。
  • 非常に使いやすく、鮮明でクリアだ。

モニター

  • 184万ドットの3.0型モニターを搭載。
  • 可動方式は幅広い用途に対応できる。

メニューシステム

  • 記載なし。

フォーカスシステム

  • コントラスト検出AFを使用する。
  • 測距輝度範囲はEV0~18だ。
    (訳注:誤記。これは測光の数値であり、AFは「-4~18」です)

連写性能

  • 記載なし。

解像性能:

  • 記載なし。

高感度ISOノイズ

  • ISO 400付近までノイズレスだ。
  • その後もノイズは目立たない。
  • ISO 12800までシャープネスが維持される。
  • ISO 25600は許容範囲外となる。

ダイナミックレンジ

  • 記載なし。

画質・仕上がり機能

  • (スペックの説明のみであるため割愛)

動画

  • 以下のモードに対応している
    ・MP4:H.264・H.265
    ・MOV:H.264・H.265・ProRes・ProRes RAW
  • ディテールが豊富で印象的な画質だ。
  • C4K/4K 60p 4:2:2 10bitに対応している。
  • CFexpress使用時はProRes 422HQ・422を内部記録できる。
  • 5.7K 60p 4:2:0 10bit アナモルフィックモードに対応している。
  • HFR / VFR の10bit収録が可能だ。FullHDで24p 300fpsの撮影に対応している。

総評

スチルカメラであれば、冗長なテクノロジーが多いものの、動画撮影ではGH6のコンセプトとスペックに圧倒されるかもしれない。高画質でプロフェッショナルな動画撮影は、フォトグラファーにとって驚くべき新しい世界だ。

GH6は真剣に良いものだ、現実的な価格で世界に高画質な動画を公開することができる。
しかし、操作性に問題がないわけではなく、ダイヤルやボタンの配置は残念な部分がある。とはいえ、練習を重ねれば、たいていのことは解決できるものだ。

  • 長所
    ・優れた画質
    ・MFT
    ・2520万画素 LiveMOS
    ・CFexpress / SD カードスロット
    ・368万ドット OLED EVF
    ・Wi-Fi / Bluetooth
    ・防塵防滴
    ・豊富な動画機能
    ・シャッター耐久20万回
    ・7.5段分の手ぶれ補正
  • 短所
    ・MFTとしては大きく重い
    ・いくら誤操作しやすい部位がある
    ・CFexpressカードが高価

とのこと。
ePHOTOzineはどちらかと言えばスチルカメラのレビューが多く、動画撮影向けのモデルはレビューするポイントや熱量が足りないように見えます。特に今回は非常にあっさりとした内容で、静止画向けにしても1億画素の手持ちハイレゾモードや4K PHOTOモード・プリ連写モード非搭載に関する記述は一切ありません。ISO感度別の作例を公開していますが、被写体がカラーチャートで、出力はJPEGのみ。改善したと言われるDFDコントラストAFに関する評価もありません。

被写体検出は全てのフォーカスエリアモードで可能となっているのは個人的に大きなポイント。従来はオートエリアモードのみ機能するため、複数の被写体が存在する場合にターゲットを絞りづらかったのですよね。(LUMIX G9談)

個人的には静止画に特化したGH6(LUMIX G9 PRO IIとなるか?)待ちとなりますが、静止画・動画のハイブリッドユーザーであれば面白いカメラとなりそうです。ただ、依然としてコントラスト検出AFの問題は残っており、特にフレームレートの低い動画撮影ではパフォーマンスが低下するとDPReviewなどが指摘しています。

パナソニック LUMIX GH6 最新情報まとめ

LUMIX GH6 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon  
LUMIX GH6 レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon  

関連カメラ

関連記事

-LUMIX G/GHシリーズ, LUMIX GH6, Panasonic, 海外の評価
-