Nikonレンズ Z NIKKOR レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S レビュー Vol.7 逆光・周辺減光編

ニコン「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」のレビュー第七弾を公開。今回は焦点距離別の周辺減光や逆光耐性、絞り値ごとの光条の出かたをチェックしています。

NIKKOR Z 24-120mm f/4 Sのレビュー一覧

周辺減光

周辺減光とは?

周辺減光とは読んで字のごとく。フレーム周辺部で発生する不自然な光量落ちを指す。中央領域と比べて光量が少なく、フレーム四隅で露出不足となる傾向。主に大口径レンズや広角レンズで強めの減光が発生する。

ソフトウェアで簡単に補正できる現象だが、露出不足を後処理の補正(増感)でカバーするため、ノイズ発生の原因となる点には注意が必要。特に夜景で高感度を使う場合はノイズが強く現れる可能性あり。

24mm

最短撮影距離

最短撮影距離でも絞り開放付近では光量落ちの影響が僅かに発生する。影響は軽微なので、画質に大きな影響を与えることなくヴィネッティング補正で対処可能だ。光学的に抑えたい場合は少なくともF5.6まで絞ると大部分で解消する。

無限遠

最短撮影距離と比べると僅かに影響が強くなる。それでも影響は軽微で、F5.6~F8まで絞ると問題はなくなる。

35mm

最短撮影距離

24mmと比べると絞り開放からほとんど問題ない。少し絞ればほとんど解消する。

無限遠

最短撮影距離と比べると僅かに光量落ちが強くなるものの、問題は軽微で無視できる程度だ。

50mm

最短撮影距離

35mmと同じく全く問題ない。

無限遠

35mmと同じく僅かな光量落ちが発生しているものの、影響は軽微だ。

70mm

最短撮影距離

35mmや50mmと比べると、光量落ちが僅かに強くなっている。それでも問題視するほどではなく、気になるのであればヴィネッティング補正で問題なく修正可能である。絞ればF5.6で解消する。

無限画

やや強めの光量落ちが発生し、これは1段絞っても完璧に抑えることは出来ない。光学的に良好な結果を期待する場合はF8まで絞りたいところ。

120mm

最短撮影距離

70mmよりもやや強めの光量落ちが発生する。影響の度合いとしては24mmと同程度だ。大問題となることは無いが、F5.6まで絞っても隅に僅かな影響が残る。完璧に抑えたい場合はF8まで絞ると良いだろう。

無限遠

このズームレンズで最も光量落ちが強く発生するポイント。ヴィネッティング補正を外した絞り開放を使用すると、隅に向かって強めの減光が目立つ。1段絞っても光量落ちは目に付き、完璧に抑えるためにはF11付近まで絞る必要あり。

逆光耐性・光条

24mm

強い光源を正面に受けてもフレアは良く抑えられ、良好なコントラストを維持している。ゴーストは皆無と言えないものの、影響は最小限で、不快な発色や形状の描写は見られない。ソニーやキヤノンの同クラスのレンズと比べると遥かに良好な結果だ。絞ると拡散していた薄いフレアが収束して少し目に付くゴーストへと変化する。

光源を隅に配置してもフレアやゴーストの影響は少ない。周辺部に僅かなゴーストの発生を確認できるが、フレアによるコントラスト低下の兆候は無い。絞ると徐々にゴーストが顕在化するのは中央と同じ。

50mm

24mmと比べるとゴーストの影響が少し強くなっているように見える。フレアの影響はほとんど見られない。絞りによる描写の変化は少なく、光条のみ明瞭となる。

フレーム隅に光源を配置すると、僅かにゴーストの影響が見られるが軽微で無視できる程度。絞るとゴーストが収束して小さくなるが、光源周辺の隠れていたフレアがじわりじわりと出現しているのが分かる。

120mm

レンズフレアの影響が少し強くなるものの、ゴーストは目立たず問題は軽微。絞るとフレアは抑えられるものの、センサー面の反射と思われるRGBのゴーストが顕著となる。

絞り開放付近はゴースト・フレアどちらも目立たず、良好な逆光耐性に見える。絞ると徐々にゴーストが出始めるが、顕著となるのはF16やF22など小絞りを使った場合のみ。

光条

光の筋が伸び始めるのはF5.6から。F8付近で光条が徐々に明瞭となり、F11~F16でシャープな光条が得られる。ベストはF22だが、回折の影響を考慮するとF16で手を打つのも一つの手。絞った際の光条は非常にシャープで綺麗。キヤノンやソニーにおける同等のモデルよりも良好だ。

今回のまとめ

周辺減光は広角端24mmと望遠端120mmの絞り開放で少し目立つが、ヴィネッティング補正や絞りで簡単に対処することが出来る。カメラや現像ソフトを使った補正はシャドウを持ち上げることになるのでノイズ増は避けられないが、影響は限定的で、気にするほどの問題では無いと思う。

NIKKOR Zレンズらしく、逆光耐性は非常に良好だ。高倍率で複雑な光学設計のズームレンズであり、ほぼ完璧なレンズと比べるとゴーストは多いように見える。しかし、競合他社のF4ズームレンズと比べると、フレアやゴーストが良く抑えられているのは一目瞭然だ。このレンズの強みと言える。意図しないフレアやゴーストを抑えた便利なF4ズームレンズを探しているのであれば、強くおススメできるレンズである。

購入早見表

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

作例

オリジナルデータはFlickrにて公開

関連レンズ

関連記事

-Nikonレンズ, Z NIKKOR, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-,