Nikonレンズ Nikon広角レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ニコンNIKKOR Z 24mm f/1.8 Sは優れた光学性能だが逆光に弱い【海外の評価】

2019年11月29日

【広告】オリンパス直営店で「OM-D E-M1 Mark II 12-40PRO特別セット」が台数限定出品中

スポンサーリンク

Mobile01がニコンの交換レンズ「NIKKOR Z 24mm f/1.8 S」のレビューを掲載しています。

  • ニコンS-Lineシリーズらしいデザインのレンズだ。本体のフォーカスリングやレンズマウント周辺は金属パーツを使用している。その他部分は強化プラスチックだ。質感はとても良好である。
  • フォーカスリングは良好なグリップである。
  • 78mm×96.5mm 450gのレンズは85mm F1.8 Sに次いで2番目に重いF1.8 Sシリーズだ。
  • 中国製の花形レンズフードが付属する。
  • フィルター径は72mmであり、F1.8 Sシリーズとしては最も大きい。
  • F値はF1.8~F16で動作する。
  • ステッピングモーター駆動のオートフォーカスは静かで高速だ。
  • 製造国は中国だが、レンズの組み立てについて気になる部位は無い。
  • シャープネスはF1.8からF11まで非常に安定している。F16まで絞ると画質が顕著にソフトとなる。フレーム隅は周辺減光の影響が強く、少しソフトだ。F4まで絞ると良くなる。
  • 色収差はF2.8まで絞ると目立たなくなる。
  • ナノコーティングが施されているが、逆光ではわずかにゴーストが発生する。
  • F5.6まで絞ると光条が発生し始め、F8~F16でシャープな光条となる。
  • 玉ボケは口径食の影響を受けているが、F2.2まで絞ると解消する。
  • ニコンの主張通り、コマ収差は良好に補正されている。
  • 周辺減光は絞り開放で目立つ。F4まで絞ることで改善する。
  • 歪曲収差はいくらか残存しており、デジタル補正で調整している。

柔らかいボケ、優れた色収差補正、心地よい光条、コマ収差補正、良好なフォーカス速度の広角レンズだ。欠点は逆光耐性くらいだろう。F1.8 Sシリーズでは最も高価なので、来年登場予定の20mm F1.8 Sと良く考えてから購入したい。

Mobile01:Nikon Z 24mm f/1.8 S 評測報告|體驗廣角大光圈的美好!

とのこと。

実際に作例を確認してみると、逆光時にゴーストが発生していることが分かります。とは言え、24mm広角レンズとしてはフレアが良く抑えられ良好なパフォーマンスのように見えます。逆光耐性が全体的に優れたS-lineシリーズとしては少し気になるポイントかもしれません。

シャープネスや諸収差の補正が良好で、特にこの画角としてはコマ収差補正が良さそうです。周辺減光はいくらか目に付きますが、減光が問題なければ絞り開放から使いやすい24mmですね。

ニコンNIKKOR Z 24mm f/1.8 S交換レンズデータベース

NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
バヨネットフード HB-88
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

一眼レフ用レンズ

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Nikonレンズ, Nikon広角レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.