「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canon関連の情報 PowerShot G5 X Mark II PowerShot G7 X Mark III カメラ コンパクトカメラ デジカメ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

PowerShot G5 X Mark IIとPowerShot G7 X Mark IIIで知っておくべきポイント【海外の評価】

DPReviewが正式発表されたばかりのキヤノン「PowerShot G5 X Mark II」「PowerShot G7 X Mark III」に関して知っておくべきポイントを紹介しています。

  • どちらもイメージセンサーが積層型CMOSへと更新されている。DRAMチップを搭載したこのイメージセンサーとDIGIC 8プロセッサーにより非常に高速な読み出し速度となっている。
  • G5 Xの連写速度はRAW出力で1.1fpsしかなかった。それが両機とも追従AFで8.0fps/8.3fps、AF固定で最大20fpsのRAW+JPEG出力が可能だ。(G7 X Mark IIは最大で5.4fpsである)
  • さらに電子シャッターに切り替えるとRAWバーストモードで30fpsのRAW出力に対応している(AF/AE固定)。さらにシャッター半押しから全押しまでの0.5秒間のプリ連写(15枚)に対応している。
  • どちらも4K 30p、FHD 120fpsの撮影をクロップ無しで撮影可能だ。これはFHD 60pのみの旧モデルから大きな変化である。
  • どちらもデュアルピクセルCMOS AFを搭載していないが、G7 X Mark IIのコントラスト検出AFは驚くほど効果的だったので同じパフォーマンスを期待できるだろう。
  • 残念ながら4K 24pの動画撮影は含まれていない。マイク端子はG7 X Mark IIIのみだ。
  • G7 X Mark IIはVlogerに好まれたカメラであり、G7 X Mark IIIはさらにカメラで直接YouTubeへライブ動画を流すことが出来る機能を実装した。これはG5 X Mark IIには搭載していない機能だ。
  • 小型なNB-13LバッテリーでWiFi・ライブストリーミングは荷が重い。しかし、このカメラはUSB給電に対応している。これはG5 X Mark IIも同様だ。
  • G7 X Mark IIIの外観はMark IIとほとんど変わらないが、G5 X Mark IIは外観が大きく変化した。G5 X Mark IIはG5 Xに存在したフロントコマンドダイヤルが無くなっている。
  • どちらもレンズ外周部にカスタマイズ可能なコントロールリングを備えているが、残念なことにG7 X Mark IIのようなクリック解除機能は無い。
  • G5 X Mark IIとG7 X Mark IIIの大きな違いはG5 X Mark IIIに搭載されたポップアップ式OLED電子ファインダーと新設計のレンズだ。
    ・EVFはソニーと同じような仕組みの236万ドットだ。さらに120fpsのリフレッシュレートにより動体の撮影が簡単だ。
    ・新設計のレンズはF18-F2.8を維持しながら24-120mmとズームレンジが広がっている。以前からズームレンジの広いレンズだっただけに、さらなるアップグレードとは驚きだ。
  • 他に追加・改善した項目はいくつかある。
    ・新しいフォーカスブラケットモード
    ・改良したパノラマモード
    ・Bluetooth/WiFi
    ・HDR動画
    ・最速1/25600秒の電子シャッター
    ・4Kタイムラプス
    ・EOS似のインターフェース
  • キヤノンは驚くほど多くの改良とアップデートを堅実だった2台の前モデルに詰め込んだようだ。

DPReview:Canon's updated PowerShot G7 X III and G5 X II: What you need to know

とのこと。

どちらもメジャーアップデートと言って良い進化っぷりとなっている模様。私も比較表を作ってみましたが、押さえるポイントはDPReviewの説明通りのように感じます。前モデルより高価なカメラとなってしまいましたが、価格以上に色々と改良・追加されたようですね。

個人的に注目ポイントは…

  • 24-120mm F1.8-2.8 ハーフマクロ対応レンズ
  • C-RAW対応
  • キヤノン初のプリ連写機能
  • 使いやすい4K動画
  • Bluetooth対応でスマホとの常時接続&ワイヤレスレリーズ

と言ったところ。連写機能は確かに凄いですが、ソニーと異なり像面位相差AFに対応していないようなので、コントラスト検出方式でどれだけ実用的なパフォーマンスとなっているのか気になるところ。

旧モデルと併売するのか更新となるのかも気になりますね。そう思って公式ラインアップを見てみたら、既にG5 Xが無くなっています。その一方でG7 X Mark IIがラインアップに健在なので、もうしばらくは併売するのかもしれません。

PowerShot G5 X Mark II
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
PowerShot G7 X Mark III ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
PowerShot G7 X Mark III シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canon, Canon関連の情報, PowerShot G5 X Mark II, PowerShot G7 X Mark III, カメラ, コンパクトカメラ, デジカメ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.