「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canonレンズ EOS R EOS ミラーレス一眼 RFレンズ カメラ デジタルカメラ総合 レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノンRF24-105mm F4L ISは一眼レフ用よりも優れたパフォーマンスのレンズ【海外の評価】

投稿日:

PhotographyBlogがキヤノンの交換レンズ「RF24-105mm F4L IS USM」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

優れたパフォーマンスだが歪曲に注意

  • カバーする焦点距離を考えると大きなレンズでは無い。700gと10.7cmの全長は一眼レフの24-105mm F4よりも小型軽量だ。
  • 105mm時はレンズが15cmほど伸びる。
  • ビルドクオリティは良好だ。主にプラスチックで構成されとても頑丈で耐候性にも優れている。
  • 新機構のコントロールリングを備えている。
  • 5.0段分の手振れ補正は自動的に通常ISからパンISに切り替えることが出来る。
  • 24mm時にズームリングをロックする機構が備わっている。
  • 幅広いフォーカスリングはピント域両端にハードストップが無い電子制御式だ。
  • EOS Rと組み合わせた時のオートフォーカス速度は0.10秒以下と非常に高速だ。良い光環境でも悪い光環境でもフォーカスが迷うこと無く正確にピントを合わせていた。とても静かなフォーカス駆動のため動画撮影にも快適だ。
  • レンズには花形フードとソフトケースが付属している。
  • 色収差はとても良く補正されている。
  • 周辺減光は絞り羽根を開いた状態で明らかだが、F8まで絞ると解消する。
  • 歪曲は24mmで目立つが35mmでは解消している。
  • ボケ質は我々の目から見ると大成功を収めているように見える。
  • シャープネス:
    ・24mm:中央と隅はどちらもF4でexcellent、F5.6-F11でoutstanding、F16-F22で回折の影響により全体的に少しシャープネスが低下する。しかしそれでもなお立派な画質だ。
    ・35mm:中央はF4でexcellent、F5.6-F11でoutstanding、隅はF4で少しsoftだが、F5.6-F11でoutstandingだ。どちらもF16-F22で回折の影響により全体的に少しシャープネスが低下する。しかしそれでもなお立派な画質だ。
    ・50mm:中央はF4でexcellent、F5.6-F11でoutstanding、隅はF4で少しsoftだが、F5.6-F11でoutstandingだ。どちらもF16-F22で回折の影響により全体的に少しシャープネスが低下する。しかしそれでもなお立派な画質だ。
    ・70mm:中央はF4でexcellent、F5.6-F11でoutstanding、隅はF4で少しsoftだが、F5.6-F11でoutstandingだ。どちらもF16-F22で回折の影響により全体的に少しシャープネスが低下する。しかしそれでもなお立派な画質だ。
    ・105mm:中央も隅もF4では少しsoftだが、中央はF5.6-F11でoutstanding、どちらもF16-F22で回折の影響により全体的に少しシャープネスが低下する。しかしそれでもなお立派な画質だ。

本レンズは一眼レフ用「EF24-105mm F4L IS II USM(最もポピュラーなズームレンズ)」よりも優れた標準ズームレンズだ。

24~85mmまでは中央から端までとてもシャープだが、望遠端の絞り開放はあまりシャープでは無いためF5.6まで絞ると良いだろう。全体的に見ると大部分の絞り値でフレーム全体的に優れたシャープネスを得ることが出来る。注意すべきは絞り開放での周辺減光と24mm時の歪曲だ。

オートフォーカスはEOS Rとの組み合わせで信頼性が高く、とても効果的な手振れ補正も備えている。コントロールリングには慣れが必要だが、すぐ便利な操作部材へと変わるだろう。

単独で購入すると価格に魅力を感じないが、多くの人はEOS Rとセットで購入するはずだ。値札に関わらず多目的な標準ズームレンズとして強くおススメできる一本である。

とのこと。

概ね高評価となっているようです。望遠端の解像性能評価はePHOTOzineLesnumeriqueと似た結果のようですが、どうも中央解像もF4ではやや低下しているように見えますね。

歪曲は作例を見る限り、24mm時は確かに目立ちます。ePHOTOzine曰く、デジタル補正をオフにするとー2.5%の目立つ樽型歪曲、とのこと。

「ボケは大成功」と述べているように、標準ズームながら確かに綺麗なボケ質と感じます。また、ナノUSM駆動のオートフォーカス速度はとても高速らしいので18-135USMの再来となるかもしれませんね。EF70-300mm F4-5.6 IS II USMと組み合わせることで完璧な布陣となりそうです(できればネイティブRF望遠ズームを期待したいところですが)。

海外のようにEOS Rのキットレンズとして販売されていませんが、国内では開幕からキャッシュバックキャンペーンを展開しています。

これは早く実機で試してみたいところ。(10月25日発売日に向けて予約済み)

RF24-105mm F4L IS USMのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

サイト案内情報

キヤノン関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

-Canon, Canonレンズ, EOS R, EOS ミラーレス一眼, RFレンズ, カメラ, デジタルカメラ総合, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価