FUJIFILMレンズ 海外の評価

XF23mmF1.4 R LM WRは高性能だがサイズが少し大きい

Digital Camera Worldが富士フイルム「XF23mmF1.4 R LM WR」のレビューを公開。良好な光学性能とビルドクオリティ備えていますが、レンズサイズが少し大きいと指摘しています。

Digital Camera World:Fujinon XF23mmF1.4 R LM WR review

外観・構造:

  • シンプルな外観で目立たない外装だ。
  • リニアモーター駆動は通電していない状態だと前後に動いてしまう。

携帯性:

  • APS-C用35mm相当のレンズとしては大きくないが小さくもない。

操作性:

  • 絞りリングを搭載している。
  • フォーカスリングには以前のようなピント距離目盛りと被写界深度指標がない。

フォーカス:

  • リニアモーターによるAFスピードは素晴らしく、音もほとんど聞こえない。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 光学的に全く不満はない。意図的に被写界深度を浅くしたい場合は、迷わずこのレンズをF1.4を使用する。開放でもシャープでコントラストが高く、視覚的な劣化はない。
  • シャープネスは、絞り開放から素晴らしい。
  • F2.8の中央は非常に素晴らしくなり、同時に、絞り全域でフレーム隅の解像性能も高い。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 色にじみは非常によく抑えられており、実際の撮影では見つけるのに苦労する。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 歪曲収差の痕跡はわずかだ。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

オートフォーカスのレスポンスと画質の両面において、欠点が見当たらない。絞りリングは素晴らしいが、フォーカスリングにピント距離の目盛りがないのは残念だ。

確かにプロフェッショナルな性能、ビルドクオリティ、機能を備えており、ハイアマチュアやプロにとってXシステムの魅力を強化するものとなる。光学的にも素晴らしく、ハンドリングもすっきりとしていて、効率的かつ効果的だ。

しかし、これは決して小さなレンズではなく、このサイズの単焦点レンズを使うのであれば、フルサイズシステムにステップアップしたほうがいいと思うかもしれない。富士フイルムの魅力は、そのサイズと性能の組み合わせにある。性能だけでは十分ではないかもしれない。

  • 長所
    ・速で静かなAF
    ・優れた画質
    ・すっきりとしたデザイン
  • 短所
    ・APS-Cの35mm相当のレンズとしては長い
    ・電源オフ時に内部でガタガタと音がする
    ・安くはない

とのこと。
優れた光学性能とビルドクオリティのレンズですが、レビュワーは富士フイルムXシステムの長所を携帯性と考えているらしく、このレンズのサイズは少し大きく感じるのかもしれませんね。個人的にそこまで大きなレンズとは感じませんが、フルサイズで言うところの35mm F2クラスと比べると遜色のない大きさ。「それならフルサイズ」という判断も理解できます。とは言え、フルサイズの35mm F2クラスで周辺部まで良好な解像性能を維持したレンズは稀であり、防塵防滴や高速AFに対応したXF23mmF1.4 WRは面白い選択肢だと思うのです。

富士フイルム XF23mmF1.4 R LM WR 最新情報まとめ

XF23mmF1.4 R LM WR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-FUJIFILMレンズ, 海外の評価
-