Nikon Nikon Z カメラ 海外の評価

ニコン Z 30はVLOG市場を制するには強みを欠いている

Lesnumeriquesがニコン「Z 30」のレビューを公開。良好な起動速度やAF性能を評価しつつ、Z 50やZ fcから大幅な進化や改善が見られない点について指摘しています。

Lesnumeriques:Test Nikon Z 30 : une déclinaison minimaliste pour un hybride accessible

ビルド・外観

  • 遠くから見ると(近くから見ても)、Z 50の「首切り」みたいな外観のカメラだ。電子ビューファインダーを取り外して、バリアングルモニタを搭載したカメラがZ 30である。
  • 前面には、収録中かどうかを知ることができる小さなランプが追加されている。動画も想定したツールとしては実用的だ。
  • ZfcやZ 50と同様、実績のあるEXPEED 6プロセッサーの恩恵を受けているため、動作がかなり速い。
  • 起動はかなり速く、直接のライバルであるソニーZV-E10よりもはるかに速い。

バッテリー

  • 記載なし。

インターフェース

  • 急速充電対応のUSB-Cポート、micro-HDMI ソケット、マイクポートのみだ。
  • 音声のフィードバック(ヘッドホンポート)がない。
  • SDメモリーカード(UHS-I)へのアクセスは、底面バッテリードアとなる。必ずしも実用的とは言えない。

携帯性

  • 小型(128×73.5×59.5mm)、軽量(405g)で、Zマウントハイブリッドの中で最もコンパクトなモデルだ。
  • この小さなボディに、市場で最も幅の広いZマウントは、やや不釣り合い見える。

グリップ

  • 大きなグリップは、重いレンズでバランスを崩すことなく、しっかりとカメラをホールドすることができる。

操作性

  • シンプルなエルゴノミクスでありながら、非常に効率的で親しみやすい。
  • 典型的なニコンミラーレスの操作体系で、タッチ操作に依存する部分が多い。

手ぶれ補正

  • Z fcやZ 50と同じく手振れ補正は搭載していない。

ファインダー

  • 記載なし。

モニター

  • 記載なし。

メニューシステム

  • 静止画と動画で10種類のフルカスタマイズ可能なコマンドにアクセスできる「i」メニューを搭載。

フォーカスシステム

  • 明るいところでのピント合わせは、かなり速い。ベストではないが、馬鹿にするにも程がある。
  • 夜間は論理的に遅くなり、可変絞りズームの助けにはならない。明るい単焦点であれば、改善されることは間違いない。
  • オートフォーカスの追従性には、さまざまな進化が見受けられる。Z 9ほど高速ではないにせよ、かなり良い仕事をする。
  • 被写体の顔や目をすぐに認識し、見失うことはほとんどない。

連写性能

  • 連続撮影は減速することなく、非常に正しいパフォーマンスを発揮する。
  • トラッキングで11fpsと謳っているが、これは電子シャッターで実現できる。
  • メカシャッターはどうしても11fpsに届かない。
  • ソニーのカメラでも知られているように、最大速度では12bitの「圧縮」RAWでのみ実現される。
  • デフォルトの14bit RAWを選択すると、2コマ/秒が失われ、最大9コマ/秒となる。

解像性能:

  • 記載なし。

高感度ISOノイズ

  • ISO感度は、初期設定でISO100~51,200、最大ISO204,800まで拡張可能だ。
  • ISO1600までは良好な画質だが、以降でノイズが発生し始める。
  • ISO3200でより顕著になるが、これでもかなり使える。
  • ISO6400という値がまだ実用的だ。
  • 拡張値に関しては、劣化が激しすぎて使い物にならない。

ダイナミックレンジ

  • -3EVの復元から若干の電子ノイズが見えるが、暗所でもかなり抑えられている。この現象は-5EVでより顕著になるが、全く使えないというわけではない。
  • ハイライトは、+1.3EV、贅沢を言えば+1.6EVまでディテールを保持することが可能だ。それ以上になると、ディテールが失われるのはもちろん、色情報も失われる。

画質・仕上がり機能

  • 記載なし。

動画

  • Z 30はあまり革新的ではなく、従来と同じ機能のセットだ。
  • 4K UHD 30fpsをクロップなしで記録し、時間制限はない。
  • 前面にライトがあることを除けば、Z 30はZ fcと、あるいは他のVlog専用のカメラと大きな違いはない。
  • 目立つことなく使いやすい良質な動画だ。
  • 手ぶれ補正レンズを使用しない手持ちのVlog撮影ではぶれを抑える方法を考えなければならない。
  • 1.3倍クロップによる電子手振れ補正が用意されている。
  • アクセサリーシューの左右に配置された2つのマイクで録音する。
  • 顔瞳検出は動画でも可能だ。認識はうまくいくが、静止画に比べると少し滑らかさに欠ける。
  • トランジションは緩やかになり、ポジティブに言えば、よりスムーズな動作だ。
  • ローリングシャッター効果は、4Kではかなり抑えられ、FullHDではあまり気にならない。
  • USB-Cケーブルと「Nikon Webcam Utility」アプリを使えば、Z 30はパソコン用のウェブカメラになる。

総評

Z 50とZ fcから多くを受け継いだ、小型で気取らないミラーレスだ。Z 50からファインダーがなくなり。画質が良く、応答性の高いAFを備えている。しかし、競争が激化するVlog市場を制制するには、いくつかの強みを欠いている。

  • 長所
    ・バリアングルモニタ
    ・応答性の良好なAF
    ・静止画/動画で利用できる瞳検出AF
    ・ライブストリーミングやウェブカム機能
    ・給電対応
  • 短所
    ・手振れ補正非搭載
    ・エルゴノミクスが完璧ではない
    ・EVFなし
    ・SDカードのアクセスが底面
    ・防塵防滴に非対応

とのこと。
ニコン初となるVLOGを意識したデザインのミラーレスカメラですね。Zカメラとしては珍しいバリアングルモニタやファインダー非搭載など、個性的なデザイン。中身はZ 50やZ fcと同じセンサー・プロセッサを使用し、比較して大幅に進化しているポイントはありません。とはいえ、従来通り起動速度が速く、応答性の高い動作が期待できる点は強みと言えそうです。ただし、VLOG用としては広角レンズのラインアップが不足しているので、ロードマップ上の広角ズームレンズに期待。

私も最近Z 30を手に入れました。印象としては確かに「ファインダーのないZ 50」です。部分的な変更点もありますが、劇的に何かが改善したようには感じませんでした。そろそろSD UHS-IIへの対応や、高速シャッター・新型APS-Cセンサーを見てみたいところですねえ。大型Zマウントは気にならないものの、このコンパクトボディを活かせるレンズが少ないのが悩ましいところ。

ニコン Z 30 最新情報まとめ

Z 30 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
Z 30 16-50 VR レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
Z 30 ダブルズームキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連記事

-Nikon, Nikon Z, カメラ, 海外の評価
-,