7artisans カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

七工匠 7artisans 12mm F2.8は解像性能と歪曲収差補正は良いが発色がヴィンテージ【海外の評価】

Sony Alpha Blogが七工匠の交換レンズ「7artisans 12mm F2.8」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

優れた歪曲補正の超広角

  • フルマニュアルレンズでクリックレスの絞りリングとマニュアルフォーカスリングを備え電子接点は無い。
  • フォーカスリングは程よいサイズで使いやすい。
  • 絞りリングにF11が無い。
  • 総金属製でビルドクオリティは良好だ。
  • シャープネス:α6000
    ・中央:F2.8でgood、F4でvery good、F5.6-F8でexcellent、F16でvery good
    ・四隅:F2.8でaverage、F4でgood、F5.6-F8でvery good、F16でgood
  • 周辺減光は絞り開放で目に見え、F5.6で解消する。
  • 色収差は僅かだが存在する。
  • 歪曲は目に見えず優れたパフォーマンスだ。
  • 玉ボケはまずまずだがボケ量は少ないので心配することはない。
  • 後ボケは騒がしい
  • 発色は7.5mmと同じくとても飽和しており、シャドーは暗すぎる。

12mm F2.8は価格からするととても良好な広角レンズだ。四隅のシャープネスや歪曲に優れ、ビンテージな発色の風景撮影がしたいのであれば適したレンズである。

とのこと。

実売2万6千円と超広角大口径としてはとても安価なレンズですが、解像性能や歪曲収差のパフォーマンスは良好のようですね。

このブランドのレンズは逆光耐性の評価があまり良くないですが、このレンズに限って言えば「フレアは発生するが僅か」と述べています。

指摘している発色が好みと合致するとコスパの良い広角単焦点となりそうです。

スポンサーリンク

購入早見表

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-7artisans, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~