Canonレンズ RFレンズ カメラ 海外の評価

RF24mm F1.8 MACRO IS STMは使って楽しいレンズだが価格が高い

CameraLabsがキヤノン「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」のレビューを公開。小型軽量で接写性能の高い24mmレンズと評価しつつ、価格を考慮した上で付属品や光学性能について指摘。

CameraLabs:Canon RF 24mm f1.8 STM review

(基本的なスペックなどの紹介は割愛しています)

外観・構造:

  • 記載なし。

携帯性:

  • RF35mm F1.8と同じサイズで、少し軽い。

操作性:

  • RF35mm F1.8と同じようにコントロールリングやAF/MFスイッチを搭載している。

フォーカス:

  • STM駆動で動作するレンズ繰り出し式のフォーカスを採用している。
  • カメラ内蔵マイクで撮影する場合は駆動音を拾ってしまう。
  • 最速のレンズとは言えないが、滑らかに動作する。
  • フォーカスブリージングが発生しているのは明らかだ。
  • 1:2の最大撮影倍率に対応している。個人的に「マクロ」を冠するのであれば等倍を実現してほしいと考えている。
  • 最短撮影距離で撮影した場合、ワーキングディスタンスは14cmだ。被写体に影が映りこみやすいことを考えると、RF35mmのほうが使いやすい。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 中央はF1.8から非常に良好だ。絞るとコントラストとシャープネスが向上し、F4でピークを迎える。
  • 隅はF1.8でいくらかソフトだが、絞ることでシャープネスが徐々に向上する。
  • 隅は24-105 STMと比べると少しシャープだが、購入の決め手となるほど決定的なものではない。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • きちんとしたボケ質だ。
  • 玉ボケのアウトラインはわずかで、玉ねぎボケは最小限に抑えられている。
  • 接写性能を活かしてボケを大きくすることが可能だ。

色収差:

  • 記載なし。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • レンズプロファイルにて補正される。
  • 補正時に隅が大きく引き伸ばされる。

周辺減光:

  • F4まで絞ることで徐々に改善する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 絞った際の光条は素晴らしい描写だ。

作例集

総評

  • 小型・軽量・高機能な広角レンズで、風景からマクロまできちんとした結果を出すことができる。F1.8で浅い被写界深度を表現でき、真の1:1マクロレンズではないが、0.5倍の撮影倍率は、ほとんどの人にとって十分近い撮影が可能だ。光学式手ブレ補正とAF/MF切り替えスイッチは、最廉価モデルより上位の位置づけと言えるだろう。
  • 非Lレンズなので、防塵防滴やフードが標準装備されていないのは当然だが、それでも特に価格を考えると残念だ。85mm F2の希望小売価格はほぼ同じで、このグループで最も高価なレンズの1つでもある。
  • そのため、16mm F2.8 STMや50mm F1.8 STMのような圧倒的な低価格ではなく、35mm F1.8 STMにも価格と品質で負けている。
  • もしも、柔軟性があり、汎用性の高い単焦点レンズをコレクションに加えたいのであれば、より安価な選択肢がある。
  • しかし、ネイティブRFマウントで24mm単焦点が必要な場合、現時点では唯一の選択肢だ。ハイエンドの Lレンズが将来的に登場すると思われるが、ロードマップにはまだ登場していない。サードパーティのAFレンズもない。
  • 他の選択肢はアダプター経由で古いEFレンズを使用するか、ズームレンズで24mmを使うしかない。もしも、F1.8とズームの柔軟性を交換してもいいのなら、少し安い価格で同時に発売されたRF15-30mmも検討してほしい。

結論として、RF24mm F1.8は最もシャープなレンズでも最も手頃なレンズでもないが、使って楽しいレンズだった。高い接写性能や手ブレ補正を備えることで柔軟性が高まっている。

とのこと。
RF35mm F1.8」「RF85mm F2」に続く、コンパクトでハーフマクロに対応する単焦点レンズですね。RF35mmと比べると価格が高く、売り出し価格は9万円に近い高価。他社では防塵防滴やレンズフードを付属するような価格帯にも関わらず、非Lレンズらしく両方が付属していないのは残念と感じるかもしれません。また、繰り出し式のSTM駆動のフォーカスや光学的に目立つ歪曲収差などは好みがわかれそうです。それでも「24mm F1.8」としてはコンパクトなレンズに仕上がっており、携帯性の高い広角単焦点を探しているのであれば面白い選択肢となるかもしれません。

私も発売日に入手してEOS R5やR10と組み合わせて楽しんでいます。
極上のレンズとは言えないものの、手ぶれ補正やハーフマクロに対応した小型軽量な広角レンズで、カメラやセンサーサイズを選ばずに使いやすいのが特徴と言えそう。光学性能も悪くなく、絞ればフレーム全体でシャープな結果を得られ、接写時はボケもまずまず綺麗に見えます。ただし、コマ収差や非点収差の影響が強く、F1.8を使った夜景や星空には不適なので、その辺りは今後登場するであろう大口径Lレンズを待つ必要が有りそうです。

キヤノン RF24mm F1.8 MACRO IS STM 最新情報まとめ

RF24mm F1.8 MACRO IS STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022年 8月26日 初値 ¥87,120
マウント RF 最短撮影距離 0.14m
フォーマット 35mm 最大撮影倍率 0.5倍
焦点距離 24mm フィルター径 52mm
レンズ構成 9群11枚 手ぶれ補正 5段分
開放絞り F1.8 テレコン -
最小絞り F22 コーティング SSC
絞り羽根 9枚
サイズ・重量など
サイズ φ74.4×63.1mm 防塵防滴 -
重量 270g AF STM
その他
付属品
レンズキャップ

関連レンズ

関連記事

-Canonレンズ, RFレンズ, カメラ, 海外の評価
-,