SONY SONY関連の情報 α7 IV ILCE-7M4 αE シリーズ カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

ソニー「α7 IV」の特徴・スペックに関する情報

昨日、ソニーが2021年10月21日 10:00 EDTに新型カメラ発表と予告しており、Youtube上にはその時刻にプレミア公開設定された動画がアップされています。さらに関連タグからいくつかの情報が読み取れる模様。

YouTube上にプレミア公開の動画ページを確認してみると、ソースコードには以下のキーワードが埋め込まれているのが分かります。

New product announcement on October 21st 2021 | Sony | α

ILCE-7M4, A7M4, Alpha 7, Alpha7, Sony A7 IV, Sony a7 IV, Sony α7 IV, Sony A7 iv, Sony a7 iv, Sony alpha, Sony α, mirrorless, Sony E-mount camera, full frame camera, 4K, Eye AF, Animal Eye AF, AF, Eye AF movies, field camera, pro camera, silent shutter, FTP, 4K60p, Eye AF birds, camera for movies, 10fps, 33MP, BIONZ XR, 10-bit 4:2:2 HLG, All-I XAVC S-I, S-Cinetone, S-log3, S&Q dial, vari-angle, gimbal, 5GHz Wi-Fi, USB 10Gbps, live streaming, Creative Look, 15+ stops dynamic range

これは間違いなく「α7 IV ILCE-7M4」であり、いくつかカメラの特徴について記述されています。

  • ILCE-7M4
  • ソニーEマウント αミラーレス
  • 4K 60p
  • 瞳AF・動物 瞳AF・鳥 瞳AF・動画 瞳AF
  • サイレントシャッター
  • FTP
  • 10コマ/秒 連写
  • 3300万画素センサー
  • BIONZ XR
  • 10 bit 4:2:2 HLG
  • All-I XAVC S-I
  • S-Cinetone・S-log3
  • S&Qダイヤル
  • バリアングルモニタ
  • 5GHz Wi-Fi
  • USB 10Gbps
  • ライブストリーミング
  • Creative Look
  • ダイナミックレンジ 15+ Stops

基本的に噂通りのスペックであり、新型3300万画素センサーに4K 60p、15+のダイナミックレンジを備えているようです。さらに、BIONZ XR搭載が確定しており、これで同プロセッサを搭載するカメラとしては最も手ごろな価格のカメラとなります。S-Cinetone・クリエイティブルックにも対応しているのが魅力的。さらに噂のライブストリーミングやバリアングルモニタにも対応しており、ALL-Iにも対応していることから、α7S IIIのとよく似たカメラに仕上がっているのかもしれませんね。

さらにPhotorumorsがα7 IVのスペック情報をまとめています。既知の情報に加えて、いくつか見慣れぬスペック情報を追加していますね。

Photorumors:Rumored Sony a7IV camera specifications

  • 2021年10月21日 発表
  • フルサイズミラーレス
  • 3300万画素 裏面照射型 CMOS
  • BIONZ XRプロセッサ
  • ISO 50-204800
  • 15 Stopsのダイナミックレンジ
  • 7Kオーバーサンプリング 4K 30p
  • 4.8K オーバーサンプリング 4K 60p 10bit 4:2:2(S35モード)
  • 4Kストリーミング
  • α7S IIIと同じメニューシステム
  • フルサイズHDMI
  • タッチ機能の改善
  • ハイブリッドAF
    ・像面位相差 693点
    ・コントラスト 425点
    ・リアルタイム瞳AF
    ・動物瞳AF
  • 5.5段の手ぶれ補正
  • 4K 60p・FullHD 240fps
  • HDMI 10bit 4:2:2
  • S-log2・S-log3・S-Gamut3・Cine and S-Gamut3
  • HEIF出力対応
  • 3.0型 144万ドット バリアングルモニタ
  • 0.5型 369万ドット OLEDファインダー
  • 10コマ秒連写
  • デュアルSD UHS-II・CFexpress Aカードスロット
  • 2499ドル

α7S IIIとよく似たカメラとなる可能性が高く、内部のパーツも共有している部分が多いのかもしれませんね。となると心配なのは供給能力。既にソニーは「α7S III」の供給不足を告知しており、似たようなカメラとなるα7 IVも供給不足となる可能性は高い。特にスタンダードモデルは人気が高いので、より深刻な供給不足となるかもしれません。(ひょっとしたらα7 IV生産のために、α7S IIIの生産能力が割かれているのかもしれませんが…)

噂のまとめ

交換レンズなど

  • FE 28-75mm F2.8
  • FE 24-70mm F2.8 GM G2
    ・2021-2022
  • FE 70-200mm F2.8 GM OSS G2
    ・2021-2022
    ・2021年10月13日発表の可能性
    ・30%軽量化
    ・絞りリング搭載
    2021年10月14日 正式発表済
  • FE 28mm F1.8 G
    ・過去に真偽不明のリーク写真あり
  • FE 85mm F1.2 GM
    ・2022-2023
  • FE 100mm F1.4 GM
    ・2021
  • 2つのフラッシュがα7 IVと共に発表される

α7 IVに関する噂のまとめ

  • ILCE-7M4
  • ソニーEマウント αミラーレス
  • 4K 60p
  • 瞳AF・動物 瞳AF・鳥 瞳AF・動画 瞳AF
  • サイレントシャッター
  • FTP
  • 10コマ/秒 連写
  • 3300万画素センサー
  • BIONZ XR
  • 10 bit 4:2:2 HLG
  • All-I XAVC S-I
  • S-Cinetone・S-log3
  • S&Qダイヤル
  • バリアングルモニタ
  • 5GHz Wi-Fi
  • USB 10Gbps
  • ライブストリーミング
  • Creative Look
  • ダイナミックレンジ 15+ Stops

ここ最近の期待度が高いと言われている情報は太字で表示。それ以外は少し古い情報です

Sony Alpha Rumors

  • 2021年後半に登場
  • 2021年9月発表→10月に延期
    10月21日の可能性が高い
  • 2022年初頭まで発売は延期
    ・2021年12月発売の可能性はあるが、供給不足の可能性あり
  • 世界的な半導体不足で供給が限定的
  • 基本的にα7S IIIと同じボディ
  • 3000-3200万画素の高速読み出しに対応した新型センサー
    3300万画素の可能性が高い
    5.5段の手ぶれ補正を搭載する可能性が高い
  • 新型プロセッサ
    ・15stopのDR
  • 369万ドット 電子ファインダー
  • 背面モニターのスペックは低価格寄り
    改善したタッチインターフェース
    ・バリアングルモニタ
  • 画質とAFは一級品
  • 4K 60p
  • 7K オーバーサンプリング 4K 30p
  • 4.8K オーバーサンプリングの4K 60p 4:2:2 10bit (Super35)
  • 4Kライブストリーミング
  • フルサイズHDMI
  • 新メニューシステム
  • 2499ドルあたりの価格設定

その他

  • 3000万画素 裏面照射型CMOSセンサー(IMX 554 DQC)
  • BIONZ X
  • 15コマ秒連写
  • 4K 60p・HLG・S-Log3
  • Full HD 120fps
  • バリアングルモニタ
  • 369万ドット OLEDビューファインダー
  • デュアルメモリーカードスロット
  • USB 3.1 C・micro USBポート
  • 3.5mmマイク入力
  • マグネシウム合金ボディ
  • NP-FZ100バッテリー

[/st-mybox]

参考:購入早見表

ILCE-7M3
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す ソニーストア
α7 III ILCE-7M3K
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
キタムラで中古品を探す ソニーストア

ソニー関連記事

-SONY, SONY関連の情報, α7 IV ILCE-7M4, αE シリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報