Canon Canon関連の情報 EOS 一眼レフ EOS-1D X Mark III カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンEOS-1D X Mark IIIは5.9K RAW動画外部出力も検討している?【噂】

【広告】フジヤエービックで「SIGMA fp」「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」アウトレット出品中

スポンサーリンク

Canon Rumorsが開発発表されている「EOS-1D X Mark III」について噂情報を発信しています。

ご存知のように、キヤノンはEOS-1D X Mark IIIの開発を発表している。いくつかの情報が公開されているが、全てのスペックが公になっている訳では無い。

複数の情報提供者から現時点で未発表の「主要な」機能が少なくとも2つあると言われている。

一つ目に予想されるのはEOS-1D X Mark IIIのクロップ無しDPAF対応4K動画だ。

またとある情報提供者は「5.9KのRAW動画外部出力」もプロトタイプでテストされているが、これを実装するかどうか決定していないと主張している。ただし、数か月前の記事で「6K動画の可能性がある」ことは発信済みだ。

現時点でボディ内手ぶれ補正を搭載するという情報の確認は取れていない。がしかしまだ可能性はあると思う。2020年の正式発表にサプライズはとっておく必要がある。

過去に「2010万画素になる」と教えてもらったことがあり、別の情報提供者が同じ主張をしている。現時点で既知のソースから裏付けは出来ていない。

Canon Rumors:What surprises does Canon still have in store for the EOS-1D X Mark III?

とのこと。

開発発表の時点で「新開発のセンサー・DIGIC」「4K 60p RAW Canon-Log」「LV 追従20コマ連写」などなど、キヤノンの本気が伝わってくるスペックとなっていました。さらに5.9KのRAW動画が撮影可能となると凄いですね。コンシューマーが扱うには膨大なデータ量となりそうですが…。

ボディ内手ぶれ補正の噂は未確認ながらも期待しているみたいですね。しかし、Canon Rumors自身が「ボディ内手ぶれ補正を始めに搭載するのはミラーレスだと思う」と述べているように、信頼性第一のプロ機に初の「Canon製ボディ内手ぶれ補正」を載せるのか疑問が残ります。

キヤノンEOS-1D X Mark III 最新情報まとめ

現状で分かっているEOS-1D X Mark IIIの情報

開発発表時の情報

  • 新開発のCMOSセンサー・DIGICプロセッサ
  • 従来機種を上回る高感度性能
  • 4K 60p 4:2:2 10bit Canon Log RAW動画対応
  • 光学ファインダー時 16コマ秒のAF/AE追従連写
  • ライブビュー時 20コマ秒のAF/AE追従連写
  • 中央画素が約28倍の解像度を実現したAFセンサー
  • ディープラーニングにより向上した新AFアルゴリズム
  • 100%×90%の領域をカバーする525点ライブビューAF
  • デュアルCFexpressカードスロット
  • ボタンイルミネーション
  • 省電力化

  • 革新的なAF-ONボタンによりジョイスティックを使わなくなる
  • 消費電力が飛躍的に改善
  • 非常に良好な瞳AF
  • 5GHzに対応するワイヤレストランスミッター
  • 未発表カメラコードネーム「DS126771」
  • 光学ファインダーはより多くの情報を表示
  • ボディ内手ぶれ補正
  • EOS Rと同等のサブ液晶モニタ
  • 新型バッテリー・新機能

スポンサーリンク

サイト案内情報

EOS-1D X Mark III関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-M5 III 最大1.5万円 -2020/3/31 2020/4/14

-Canon, Canon関連の情報, EOS 一眼レフ, EOS-1D X Mark III, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.