FUJIFILM関連の情報 カメラ 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルムはフイルムシミュレーション「ノスタルジック ネガ」を1月27日に発表する?

【広告】カメラのキタムラ 中古クリアランスセール

Fuji Rumorsが富士フイルムのフイルムシミュレーションに関する噂情報を発信。どうやら1月27日に発表される新しいフイルムシミュレーションは「ノスタルジック ネガ」と呼ばれるもになるそうな。

PSAM搭載モデル

Fuji Rumors:BREAKING: Next Fujifilm Film Simulation to be Called NOSTALGIC NEGATIVE

先ほど信頼できる情報筋源から入手した情報によると、1月27日に発売される長く噂されていた新フィルムシミュレーションは "ノスタルジック ネガ(Nostalgic Negative) "と呼ばれるものになそうだ。

個人的にはそのヴィンテージな響きが大好きだ。

このフィルムシミュレーションが、どのオリジナルフィルムからインスピレーション受けたのかは分からない。クラシックネガはSuperiaをベースにしていることは、富士フイルムのプレゼンテーションシートを見ればわかる。

私はKodak PORTRAがベースになることを祈っている。

とのこと。
「クラシックネガ」「ETERNAブリーチバイパス」に続いて「ノスタルジック ネガ」が登場するみたいですね。既存のネガフィルムをベースにしているとしたら「NATURA」「リアラエース」でしょうか?
”ノスタルジック”にどのような響きを感じるのかは人それぞれだと思いますが、個人的には「リアラエース」なのかなと予想。

Fuji Rumorsの中の人は「Kodak PORTRA」が好みとのこと。他社のフィルムですが、過去に登場した「クラシッククローム」がコダクロームに似ているので、「PORTRA」の可能性も無くはないかもしれませんね。

新しく登場が期待されている「X-E4」や「GFX100S」にこれが実装される可能性が高く、既存モデルにファームウェアアップデートで対応するのか気になるところ。

噂のまとめ

2021年初め頃に登場が期待されているもの

未発表カメラ「FF200003」の資料公開日は1月29日

  • GFX100の小型版
    ・1億200万画素のベイヤーセンサー搭載
    ・GFX100よりも小さくなる
    ・ボディ内手ぶれ補正搭載
    ・GFX 50Sと同じくらいの大きさになる
    ・3Wayチルトモニタ
    ・GFX 50Sのように突き出た背面モニタではない
    ・上部左にはPSAMダイヤルしかない
    ・D-padなし
    ・AFジョイスティック搭載
    ・上面にステータスLCDあり
    ・ファインダーは取外し不可
    ・5,999ドル
  • GF80mmF1.7
  • XF27mmF2.7 II
    ・防塵防滴
    ・絞りリング搭載
  • X-E4
    ・背面液晶が可動するかもしれない
    ・X70のように自撮り対応のチルト式モニタ
    ・X100Vのように収納時はフラットなデザインのモニタ
    ・引き続きEVF搭載
    ・ボディ内手ぶれ補正は搭載していない
  • 新フイルムシミュレーション
    ・Nostalgic Neg

レンズロードマップ

  • XF18mmF1.4
  • XF70-300mm F4-5.6 OIS
    ・2021年初め頃に登場
    ・防塵防滴
    ・おそらく67mmフィルター
【広告】カメラのキタムラ 中古クリアランスセール

サイト案内情報

富士フイルム関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-FUJIFILM関連の情報, カメラ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER