FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 GFX GFX 50S カメラ 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルム「GFX50S II」にはX-Processor 4が搭載される?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。近日登場と噂の「GFX50S II」はX-Processor 4を搭載していると言及しています。最新フィルムシミュレーションや明瞭度・トーンカーブなどを利用できそうですね。

Fuji Rumors:Fujifilm GFX50SII has X Processor 4 for Faster Autofocus and Nostalgic Negative Film Simulation

我々の情報源によると、富士フイルムGFX50S IIは、現在最新のプロセッサーであるX-Processor 4を搭載する。

オリジナルのGFX50Sには、前世代のプロセッサであるX-Processor Proが採用されていることを思い出してほしい。
これは非常に大きな意味を持つ。GFX50S IIは、前モデルよりも速くフォーカスすることができ、また、美しいノスタルジックネガを含むすべての最新フィルムシミュレーションを備えている。

はっきり言うと、GFX50S IIはまだ像面位相差AFに対応する裏面照射型CMOSを搭載していないので(古い5000万画素センサー)、GFX100Sのように速くフォーカスできるとは思えない。しかし、新型X-Processor 4は、その5,000万画素センサーからAF性能を最大限に引き出すことができるだろう。

とのこと。
GFX100Sと同じように、最新の「X-Processor 4」を搭載している模様。これは予想・期待していた人も多いはず。これでGFX100Sと同じ外装・プロセッサ・手ぶれ補正だとすると、本当にセンサーを換装しただけのカメラとなるのかもしれません(ファインダー・モニターの仕様はまだ不明)。
コントラストAFでどれほどAF速度が改善するのか不明ですが、少なくともカメラのレスポンスが向上するのは間違い無さそうです。タッチインターフェースもGFX 50S比で使いやすくなりそうですね。

噂のまとめ

GFX50S II

  • GFX 50S IIが登場(8月27日ではない)
  • 9月2日に発表
  • 販売価格は3999ドル
  • GFX 50Sと同じ5000万画素センサー
  • X-Processor 4搭載
  • GFX100Sと同じボディであり、手ぶれ補正を搭載している

GF35-70mm F4.5-5.6

  • 2021年後半に登場する
  • キットレンズとして手に入れる場合に実質500ドルとなる
  • 開放F値はF4.5-5.6だ
  • GFX 50S II+35-70mmレンズキットで4499ドル
  • 絞りリングが無い
  • 沈胴機構である
  • 金属製レンズバヨネットを採用している

X-H2

  • 2022年に登場
  • 8K動画(匿名情報)
  • 新型センサー搭載
  • 新型プロセッサ搭載
  • 2500ドル以下

X-T30 II

  • 2021年9月2日

その他

  • XF23mmF1.4 R WR:2021年9月2日
  • XF33mmF1.4:2021年9月2日
  • XF150-600mm:2022年

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, GFX, GFX 50S, カメラ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-