Canon関連の情報 EOS Mシリーズ 噂情報

DIGIC X搭載のEOS Kiss M3が2022年の第4四半期に登場する?

The New CameraがキヤノンEOS Mシリーズに関する噂情報を発信。2022年Q4に「EOS M50 Mark III(Kiss M3?)」が登場すると発信。噂のスペックではDIGIC Xを搭載するのだとか。

The New Camera:Canon M50 Mark III Coming in Q4 of 2022

最新の噂によると、すべてが予定通りに進めば、2022年の第4四半期にEOS M50 Mark III(訳注:日本ではEOS Kiss M3に相当)が登場するかもしれないとのことだ。噂されているキヤノンEOS M50 Mark IIIのカメラの仕様は以下の通りだ。

キヤノンEOS M50 Mark IIIの噂されている仕様

  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

これらは初期の噂スペックであり、大目に見てほしい。

とのこと。
EOS Kiss Mが登場したのが2018年、その後継機種であるEOS Kiss M2が2020年に登場しています。仮に2022年にEOS Kiss M3が登場したとしてもおかしくはありません。地味なスペックのミラーレスながら、国内では売れ筋のカメラであり、定期的なリニューアルは期待できそうです。
EOS M6 Mark IIが後継モデルを待たずにディスコンとなり、噂ではAPS-C EOS Rが登場するという話もあります。いよいよEOS Mシリーズの終幕かと思いきや、売れ筋のEOS Kiss Mシリーズは継続ということでしょうか?

噂のスペックが本当だとしたら、主な改善点はDIGIC 8からDIGIC Xへのアップグレードとなりそう。DIGIC Xは一部のEOS Rカメラに搭載している最新のプロセッサですね。様々な被写体を認識したり、高速連写や高解像動画に対応しています。これがEOS Kiss M3に搭載されるのであれば、高度なAFや検出機能を期待したいところ。EOS R5・R3ほどの機能性はもちろん無いと思いますが、人物限定で検出AFに対応すると、非常に使い勝手の良いパパママカメラとなりそう。

イメージセンサーは従来通りなのか、画素数が同じで新開発のセンサーとなるのかは不明。少なくとも4K動画で重いクロップが発生しなくなるモードがあるみたいですね。(これまでのEOS Kiss M 4Kはかなり重めのクロップが発生していた)

噂のまとめ

コードネーム一覧

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)

APS-C EOS R

  • 2022年に間違いなく登場する
  • 裏面照射型CMOSセンサー
  • 1台以上のカメラに搭載される
  • 2800~3200万画素かもしれない
  • 2021年発表の可能性がある
  • 2021年後半
  • 裏面照射型センサー
  • 静止画と動画の両方で訴求力がある
  • EOS RPより小さくなるわけではない
  • RF-Sレンズの計画はない
  • 新型APS-Cセンサー
  • 新型APS-Hセンサー
  • 2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
  • DIGIC Xプロセッサ
  • デュアルピクセルCMOS AF II
  • 4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
  • 5軸ボディ内手ぶれ補正

エントリー フルサイズEOS R

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下

ミドル フルサイズEOSR

  • 2022年に登場

EOS Kiss M3

2022年Q4

  • 24.1MP APS-C CMOSセンサー
  • DIGIC X イメージプロセッサー
  • UHD 4K30p SD (標準画質) (ノンクロップ)
  • UHD 4K30p HQ(高品質)(1.6倍クロップ済み)
  • FullHD 120動画撮影
  • デュアルピクセルCMOS AF II(瞳・動物検出AF付き)
  • Wi-FiおよびBluetooth、Webカメラ機能
  • 拡張ISO 51200、10fps撮影。

その他噂

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF800mm F5.6 L IS USM
  • RF1200mm F8 L IS USM

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon関連の情報, EOS Mシリーズ, 噂情報
-