Nikonレンズ Nikon広角レンズ Z NIKKOR レンズ 機材レビュー 海外の評価

ニコン「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」は超広角ズームで間違いのない選択肢

DPReviewがニコン「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」のレビュー動画を公開。一眼レフ用と比べて遥かに小型軽量で、解像性能をはじめ、逆光耐性やAFも良好と高く評価しています。

DPReview:DPReview TV: Nikon Z 14-24mm F2.8 S review

  • このレンズが登場するまでは大きく重く、そしてアダプターが必要な14-24mm F2.8Gを使う必要があった。比較してこのレンズは非常に小さく軽量なレンズだ。
  • プログレードのレンズらしいしっかりとしたビルドクオリティだ。
  • OLEDパネルを搭載しており、焦点距離や絞り値、ピント距離などを表示することが出来る。
  • ニコンは2つのフードを同梱しており、1つは円形フィルターに対応している。非常に大きくかさばるフードだが、112mm径の円形フィルターを装着可能だ。ただし、対応フィルターは非常に高価で種類が少ない。
  • 逆光耐性はとても良好だが、絞った際の光条はそれほど綺麗ではない。
  • 倍率色収差・軸上色収差は良好に補正されている。
  • ステッピングモーター駆動のAFは非常に高速で滑らかに動作する。
  • フォーカスブリージングは良く抑えられており動画撮影にも適している。
  • 玉ボケは一見すると綺麗に見え、玉ねぎボケや口径食は最小限だ。しかし、小ボケ領域は騒がしく見える。
  • シャープネスはケチのつけようがない。14mmは絞ってもあまり改善しないほど開放から良好だ。隅は僅かに低下する。24mmも絞りによる画質の変化は見られない。
  • 基本的に少し絞ればどこにピントを合わせても問題の無いシャープネスとなる。

素晴らしいレンズだ。一眼レフ用も良いレンズだったが、このレンズは軽量で機能的で高画質だ。ニコンユーザーで超広角レンズを探しているのであれば間違いのない選択肢と言えるだろう。

DPReview:Nikon Z 14-24mm F2.8 S sample gallery (DPReview TV)

ニコンの「大三元」レンズの広角ズーム、NIKKOR Z 14-24mm F2.8 Sをレビューした。このギャラリーでは、レビューから得られたフル解像度のサンプル画像をご覧いただける。

とのこと。
一眼レフ用の大口径広角ズームと比べると遥かに小型軽量に仕上がっているうえに光学性能も良好のようですね。DPReviewTVでの評価は非常に高い模様。NIKKOR Zレンズらしく、フォーカスブリージングも良く抑えられており、動画撮影にも使いやすそうに見えます。さらに超広角ズームでは欠点となりやすい逆光耐性も良好に見え、太陽をフレームに入れてもフレアやゴーストを良く抑えています。特に逆光耐性は一眼レフ用レンズの弱点だったので嬉しいポイント。

ボケは撮影距離や背景の距離によって騒がしく見える時もありますが、基本的に大きな問題とはならなさそうですね。シャープネスのテストは近距離で実施しているので参考とし辛いものの、隅まで良好な結果を得るには1~2段絞ったほうが良いかもしれません。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S交換レンズデータベース

参考:レンズサイズ比較

 

関連レンズ

関連記事

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Nikonレンズ, Nikon広角レンズ, Z NIKKOR, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-