FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 GFX GFX 50S カメラ 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルム「GFX 50S II」はGFX100Sと同じ外装を採用している?

FujiRumorsが富士フイルム「GFX 50S II」について噂情報を発信。GFX100Sと全く同じボディサイズであり、外装が同じになると言及しています。従来のGFX 50Sとは大きく異なるサイズ・操作性になるかもしれませんね。

Fuji Rumors:Fujifilm GFX50SMKII will Look Exactly Like the Fujifilm GFX100S

FujiRumorsの情報によると、「GFX50SMKII」についていくつかのことが分かっている。

  • 初代GFX50Sと同じ50MPセンサーを搭載する
    (そのため位相差やBSIセンサーは搭載しない)
  • 発表は8月27日ではない
  • GFX100Sよりも手頃な価格
  • これまでのGFXカメラの中で最も手頃な価格

さて、ここでもうひとつ、重要なお知らせがある。
富士フイルムGFX100Sと「ほぼ同じサイズ」のカメラに関する登録を発見したことを覚えているだろうか。我々の情報源は、「ほぼ」を「正確に」と言い換えるべきだと私たちに連絡してきた。実際、我々は、「GFX50SMKII」がGFX100Sと同じ外装を持つという情報を得た。

詳細は近日中にFujiRumorsでお知らせする。

とのこと。
これが本当だとすると、GFX 50Sの後継モデルと言うよりはGFX100Sの亜種となりそうですね。これがGFXの中で最も手ごろな価格を実現する秘訣となるのでしょうか?
同じボディを採用するということは、同様にボディ内手ぶれ補正やP/S/A/Mダイヤルを搭載するのか気になるところ。シャッタースピード・ISOダイヤルを搭載する現行モデルとは操作性が大きく変化するのかもしれません。

まとめ

  • GFX 50S Mark II:2021年
    ・FF210001
    ・100Sよりも手ごろな価格(更新:GFXで最も安い)
    ・5000万画素センサー
    ・100Sとほぼ同じサイズ(更新:全く同じサイズ)
  • X-H2:2022年
  • GFズームレンズ:2021年の可能性が高い
  • XF150-600mm:2022年の可能性が高い
  • XF33mmF1.4:2021年の可能性が高い
  • XF18mmF1.4:2021年のロードマップに掲載

カメラのコードネーム

  • FF190002:X-Pro3
  • FF190003:X-T200
  • FF190004:X-T4
  • FF190005:X100V
  • FF200001:X-S10
  • FF200003:?

カメラの登場時期

  • X-H2:2022年?
  • GFX 50S II:2021年?
  • X-E4:2021年1月
  • GFX100S:2021年1月
  • X-S10:2020年10月
  • X-T4:2020年2月
  • X100V:2020年2月
  • X-T200:2020年1月
  • X-Pro3:2019年10月
  • X-A7:2019年9月
  • GFX100:2019年5月
  • X-T30:2019年2月
  • XP140:2019年2月
  • GFX 50R:2018年9月
  • X-T3:2018年9月
  • X-T100:2018年5月
  • X-H1:2018年3月

サイト案内情報

富士フイルム関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
ZV-1 1万円 -2021/8/1 2021/8/16
α7 Series&レンズ 最大5万円 -2021/8/1 2021/8/16
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, GFX, GFX 50S, カメラ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER