「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

OLYMPUSレンズ OLYMPUS中・望遠レンズ Olympus関連の情報 カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

M.ZUIKO 150-400mm F4 PROはISと×1.25テレコンを内蔵している?【噂】

43RumorsがFT5と高い格付けでオリンパスに関する噂情報を発信しています。

テレコン内蔵超望遠ズームレンズとなる?

我々は1月に発表されるE-M1Xと一緒に発表される新レンズ「150-400mm F4 PRO」に関する追加情報を得た。

  • ×1.25テレコンを内蔵している。
  • このレンズは5軸手振れ補正を内蔵している。
  • オリンパスは2倍テレコンも発表するだろう。

私はこのレンズが高くなり過ぎないことを願っている。これは多くの野生動物写真家が購入を夢見るレンズとなるだろう。

とのこと。

キヤノンやニコンで言うところの「EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×」や「AF-S NIKKOR 180-400mm F4E TC1.4 FL ED VR」に相当するレンズとなりそうですね。

どちらも非常に高価な望遠レンズですので、マイクロフォーサーズでは過去最高となる価格設定が予想されます。35mm判換算では「300-800mm・375-1000mm (×1.25時)」でレンズの明るさが「F4・F4.5(×1.25時)」と魅力的なウルトラ望遠ズームとなりそうです。

さらに2倍テレコンも用意されるようですが、さすがにF4ズームには暗すぎるような気もしますが…。(×1.25と組み合わせるとF9)それでも換算2000mm対応となるのは面白いですね。月の撮影などでは面白い選択肢となりそうです。

おや?と思ったのが「5軸手振れ補正」の項目。一般的なピッチ・ヨーの補正に加えて、シフトブレ対応までは理解できますが、回転ブレまで補正できると言うことでしょうか?光学手振れ補正で回転ブレの補正は出来ないように思えるのですが…、これがシンクロ手振れ補正を指しているのかどうか気になるところですね。

サイト案内情報

オリンパス関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-OLYMPUSレンズ, OLYMPUS中・望遠レンズ, Olympus関連の情報, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.