「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

100周年記念モデル Olympus関連の情報 OM-D カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

OM-D E-M1Xには被写体に適応してフォーカスポイントが変化するAFシステムを実装している?【噂】

更新日:

43RumorsがFT4の格付けでオリンパスミラーレスに関する情報を発信しています。

スポンサーリンク

自動的にフォーカスポイントを拡張する機能が存在する?

E-M1Xに関する新しいスペック情報を追加した。(太字)

  • OM-D E-M1X
  • 2000万画素
  • 18fps連写
  • 7.5+ EV
  • AF
    ・適応能力があり拡張可能なフォーカスポイント
    ・例えば、自動車の撮影から人物へ被写体を移すと、自動的にフォーカスポイント数が拡張される。もしバスケットボールプレイヤーを撮る場合は垂直5点となるだろう。
  • 144.37 x 146.765 x 75.345mm
  • 手持ちハイレゾモード 約8000万画素
  • スポーツと野生動物の写真家をターゲットとしたカメラ
  • E-M1 Mark IIと同じバッテリー
  • 大きなEVF
  • 価格は3,000ドル近い
  • 2019年1月発表
  • 2019年2月発売

とのこと。

これが本当だとするとAIのような判断能力を持つカメラと言うことでしょうか?上手く動作するとしたらかなり便利なAFシステムとなりそうですね。

手持ちハイレゾで風景撮影、可変フォーカスポイントと高速連写でアクションスポーツ、どちらも信頼性がとても重要となってくるはずなのでどこまで成熟したシステムとして登場するのか気になるところ。

オリンパス100周年記念モデルに関する情報を収集しているページはコチラ

スポンサーリンク

サイト案内情報

オリンパス関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-100周年記念モデル, Olympus関連の情報, OM-D, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報