「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Panasonic Panasonic関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

パナソニックがToF方式AFを開発中との噂と実際のToF式AFを使った参考動画

43RumorsがFT5と高い格付けでパナソニックに関する噂情報を発信し、EOS HDがそれに関連する面白い情報を発信しています。

43Rumors:(FT5) Panasonic is developing a new TOF Micro Four Thirds sensor for a new PERFECT autofocus system!

私は信頼できる情報提供者から以下の情報を得た。

パナソニックはマイクロフォーサーズの新しいAFシステムとしてToFセンサーを開発している。しかし、これがいつ頃実装されるのか不明だが、GH6かもしれないし、もっと先の話かもしれない。

ToF(Time of Flight)は被写体までの距離を正確に測定し、ほぼ瞬時に、ウォブリングなど無くピントが合う。ToFはコントラストAFのような前後に動くことが無く、位相差AFのようなバンディングは発生しない(ソニーは上手く処理しているが、キヤノンやニコン機に見られる)。理論的には「コントラスト+位相差」のハイブリッドAFよりも優れている。

パナソニックはToFを実際に試すフィールドとしてマイクロフォーサーズを検討しているようだ。これはオリンパスが医療機器の技術をマイクロフォーサーズの開発から得ているのと同じことである。

像面位相差のように画質へ影響を与えず、そして超高速AFを可能とする。探し求めていた究極のオートフォーカスのようだ。

とのこと。

ToF方式は光を照射して被写体から跳ね返ってくるまでの時間で距離を測定する技術ですね。実際にスマートフォンに搭載されているカメラに使われています(HUAWEIなど)。光を照射する仕組みなので雨や霧と言った環境、そして遠距離で確実に動作するのか疑問が残りますが、実際にどのような技術を載せてくるのか気になるところ。

パナソニックは車載カメラ市場でToF技術を組み込もうとしているようです。その先駆けとしてマイクロフォーサーズで実装されるのでしょうか。

動作の原理上、低照度・低コントラストな被写体でも動作するため、従来のAFでは苦手とされていた環境・被写体の撮影が簡単となるのかもしれません。

さらにEOS HDでは実際にToF方式でAFが動作している動画を公開しています。

外付けユニットのプロトタイプにも関わらず、実写動画でとても良好な動作。確かに従来のコントラストAFから劇的な改善が期待できそうですね。

EOS HD:EXCLUSIVE: Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K gets Time of Flight Autofocus with Prototype add-on

  • このプロトタイプ(Tof読み取りセンサー)はホットシューに装着され、BluetoothコントローラーでPocket 4Kとワイヤレス接続で動作している。
  • 当初はBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K用となるが、パナソニックやライカユーザーでも使えるようになるだろう。
  • 驚くほど良好に動作し、位相差AFのように滑らかだ。
  • 噂ではパナソニックもToFのマイクロフォーサーズを開発中らしいが、このプロトタイプは既存カメラでも動作する。GH5などのカメラにも実装できる可能性がある。

サイト案内情報

パナソニック関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Panasonic, Panasonic関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.