Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンは「RF500mm F4L IS USM」「300mm F2.8(単焦点orズーム)」を開発中?

Canon Rumorsが「CR2」と中程度の格付けでキヤノンレンズについて噂情報を発信。2022年初頭に「RF500mm F4L IS USM」をリリースし、さらに300mm F2.8もしくはサンニッパズームを開発中と述べています。

Canon Rumors:Canon will release RF versions of the 300mm f/2.8 and 500mm f/4 in early 2022 [CR2]

ご存知のように、キヤノンは今月末に「RF 400mm F2.8L IS USM」と「RF 600mm F4L IS USM」を正式に発表する予定だ。これらのレンズは、RFマウントのプロ用超望遠単焦点の第一弾となる。

EF版の400mm F2.8と600mm F4は、2018年9月にアップデートされて「III型」となっている。しかし「EF 300mm F2.8L IS USM」と「EF 500mm F4L IS USM」は、いずれも2011年で更新が止まっている。

後者のRFバージョンは2022年初頭に登場すると聞いている。「RF500mm F4L IS USM」は非常に軽く、現行のバージョンよりもはるかに短くなるそうだ。

ソースによると、キヤノンは「300 F2.8」のRFマウント版をズームとして発売するかもしれないとのことだ。しかし、単焦点も開発中だと言われている。RF 300mm F2.8L IS USMは噂のリストに存在せず、そのようなレンズがあると聞いたのは今回が初めてだ。

とのこと。
ディスコンが続くEFレンズとは対照的に、RFレンズを急拡大するようですね。今月中に400mm F2.8と600mm F4が発表されると言われており、さらに来年には500mm F4と300mm F2.8、もしくは300mm F2.8をカバーするズームレンズが登場する模様。

いわゆる「サンニッパズーム」は過去にシグマが「120-300mm F2.8 DG OS HSM」をリリースし、ここ最近ではニコンが「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」をリリースしています。どちらも一眼レフ用であり、ミラーレス用としては初のサンニッパズームとなる可能性がありそう。ただし、2022年に登場すると言及されているのは500mm F4だけで、300mm F2.8、もしくはサンニッパズームの登場時期は明らかとなっていない点は留意したいところ。

兎にも角にも今月中に「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」「RF400mm F2.8 L IS USM」「RF600mm F4 L IS USM」が登場すると言われています。キヤノンがフルサイズミラーレスでどのような超望遠単焦点を投入するのか注目したいと思います。(個人的に買うとしたらRF100mm F2.8だと思うのですが…)

EOS Rカメラに関する噂

パンデミックの影響などで、全体的に予定が変更されるかもしれない。

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS RPに代わる新しいエントリーモデル
    ・EOS RPよりも低価格
    ・2021年前半
    ・999ドル以下
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • EOS RP後継の上位ボディ
    ・EOS RPよりも高価
    ・EOS R6とRPの中間
    ・製造上の問題で遅れる可能性あり
  • APS-C RF
    ・2021年発表の可能性がある
    ・2021年後半
    ・静止画と動画の両方で訴求力がある
    ・EOS RPより小さくなるわけではない
    ・RF-Sレンズの計画はない
    ・新型APS-Cセンサー
    ・新型APS-Hセンサー
    ・2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
    ・DIGIC Xプロセッサ
    ・デュアルピクセルCMOS AF II
    ・4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
    ・5軸ボディ内手ぶれ補正
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • フラッグシップRFカメラ EOS-R1(仮)
    ・オリンピックに向けて登場するかもしれない
    ・グローバルシャッターを実装した新型センサー
    ・R5/R6以上の画期的なAFシステム
    ・クアッドピクセルCMOS AF
    ・Canon史上最速のフレームレート
    ・2021年後半
    ・2021年めどに最上位機種を投入すると国内メディアが報道
    ・フラッグシップモデル投入前に高画素モデルが登場する
    ・新メニューシステム
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90
  • RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
    ・2021年4月発表の可能性
  • RF400mm F2.8 L IS USM
    ・2021年4月発表の可能性
  • RF600mm F4 L IS USM
    ・2021年4月発表の可能性
  • RF 18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF 24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF 100-400mm f/5.6-7.1 IS USM
    ・このコンシューマーグレードのレンズは2021年第2四半期の終わりに発表される予定だった
    ・少なくとも6か月は延期された

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-, ,