SONY SONY関連の情報 α7 IV ILCE-7M4 αE シリーズ 噂情報 機材の噂情報・速報

ソニーα7 IVには可変ローパスフィルターが採用される?【噂】

スポンサーリンク

EOS HDが2020年に登場が待されているソニーEマウントカメラ「α7 IV」に関する噂情報を発信しています。

上のチャートは良好な情報提供者から提供されたものだが、おかしく見える。
動画仕様は非常に残念であり、α7 IVにもα7S IVどちらも(全画素読出しの)4K 60pを実装していない。1080pも120fpsが上限となっている。

α7 IVの動画仕様を見る限りではα7 IIIと同じセンサーを使用しているように見える。
ただし、興味深いことにRX1 IIのような可変ローパスフィルターと記されている。

EOS HD:Curious: Are these the new A7 Mark IV and A7S specs?

α7 IVの特徴(上記チャートにおける)

  • センサーは同じ?
  • 可変ローパスフィルター
  • 5.5段ボディ内手ぶれ補正
  • 693点AF リアルタイムトラッキング
  • カメラ設定の記録・読出しに対応
  • 10コマ秒連写
  • 576万ドット ~120fps
  • 144万ドット背面モニター
  • ピクセルシフトマルチショット(4枚版)
  • シンクロ接点

とのこと。
α6xxx最新モデルの比較表と似ており、もっともらしく見えます。しかし、所々気になるポイントがありますね。

α7 IVは4K 60p非対応・可変ローパスフィルター・ピクセルシフトマルチショットなど。高速リフレッシュレートの576万ドットのファインダーパネルは眉唾ですねえ、これまでの傾向を考えるとα7R IIIに搭載されていたパネルを使いそうなものですが…。
可変ローパスフィルターは2400万画素と思われるα7 IVにとって面白い機能となりそう。まだ本当に実装されるかどうか分からないものの、(効き目がよわいながらも)ローパスフィルターを搭載しているα7 IIIよりシャープな描写を期待できそうです。

α7S後継モデルはEOS HDが指摘しているように、とても物足りないスペックとなっているように見えます。これが単なるフェイク情報の可能性も高いのでもう少し静観したほうが良さそうですね。

ソニーα7 IV 最新情報を集めるページはコチラ

参考:発売時期
α7R II
2015/8/7
α7 II
2014/12/5
α7R III
2017/11/25
α7 III
2018/3/23
α7R IV
2019/9/6
α7 IV
(?)

噂情報まとめ

  • 未発表カメラのコードネーム「WW119533」の可能性あり?
    ・2.4GHz WiFi
    ・Bluetooth
    ・Eマウントと限定していないのでRXシリーズの可能性もある
  • 2020CP+に向けてEマウント製品が登場すると噂されている
    (α7 IVと言及はしていない)
  • α7 IIIは2018年のCP+直前に発表されている
  • バリアングルモニタ(可能性低)

スポンサーリンク

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-SONY, SONY関連の情報, α7 IV ILCE-7M4, αE シリーズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~