FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 X-H2 Xシリーズ 一眼 カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

2種類の富士フイルム「X-H2」は異なる解像度のセンサーを搭載している?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。信頼できるソースから1種類のX-H2が4000万画素センサーを搭載し、べつのX-H2が異なる画素数のセンサーを搭載すると教えてもらった模様。

Fuji Rumors:BREAKING: Two Fujifilm X-H2 Cameras Coming Different Megapixel Number (one 40 MP and the Other?)

信頼できるソースが我々に「確かに4000万画素のX-H2が存在し、別のX-H2は異なる画素数(4000万画素ではない)を持つことになる」と教えてくれた。

この話が信じられないのは理解できる。実際、これまで富士フイルムは常に1つのセンサーを使い、2~3年かけてすべてのXシリーズボディに搭載してきた。しかし、これは私のソースが教えてくれたことであり、私はソースに全幅の信頼を置いている。

とのこと。
富士フイルムは既に新型フラッグシップモデルと積層型CMOSセンサーの登場を予告しており、噂ではこれがX-H2になると言われています。さらに、1種類ではなく2種類のX-H2が存在するとも噂されていますね。片方は4000万画素の可能性が高い模様。以前にも似たような情報を発信していますが、今回はFuji Rumorsが信頼を置いている人物のようです。

APS-Cで4000万画素は、フルサイズで言うところの9000万~1億画素くらい。また、ソニーでは1億画素の「α7R V」が登場するとも言われています。2600万画素の「X-Trans CMOS 4」と6100万画素の「Exmor RS」のように、画素ピッチで共通する次世代センサーの登場が近いのかもしれませんね。
この「4000万画素モデル」が積層型CMOSセンサーとなるのかは今のところ不明。

さらに富士フイルムXシリーズとしては珍しく、異なるイメージセンサーを搭載するカメラとなる模様。高画素モデルと積層型の低解像モデルとなるのか?そして、今後登場するであろう新世代のXシリーズ(X-T5やX-Pro4)にはどちらのセンサーを搭載するのかも気になるところですねえ。

噂のまとめ

太字は確定的な情報

X-H2

  • 2022年にフラッグシップカメラが登場
  • 2種類のX-H2が登場する
  • 8K動画(匿名情報)
  • 新型センサー搭載
    X-Trans CMOS
    積層型+裏面照射型
    ・4000万画素
  • 新型プロセッサ搭載
  • 2500ドル以下

その他

  • XF150-600mm:2022年
  • XF18-120mm:2022年
  • GF20-35mm:2022年
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年

(Via X Summit PRIME 2021XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

フジフイルムレンズ関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, X-H2, Xシリーズ 一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-