FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 Xシリーズ 一眼 噂情報

富士フイルムX-H2SはP/A/S/Mダイヤルを搭載している?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。X-H2SはP/A/S/Mモードダイヤルを搭載する機種になると述べています。APS-Cシリーズでハイエンドモデルに搭載するのは初めてですね。

Fuji Rumors:Rumor Update: Fujifilm X-H2S with PSAM Dial

リーク画像ではわからなかったが、多くの人がすでにX-H2SにP/A/S/Mダイヤルを搭載すると疑っている。確かに、X-H2Sには確かにP/A/S/Mダイヤルが搭載されいる。

P/A/S/MダイヤルはGFX100Sでも導入している。そして、操作は簡単で速いが...面白みに欠ける。単なる操作性の観点から言えば、P/A/S/Mダイヤルは人間工学的に悪夢とは程遠いものだ。それどころか、多くの人がより便利に使えると感じるかもしれない。

そして、富士フイルムがついにAPS-CのハイエンドラインにもP/A/S/Mダイヤルを搭載したことを責めることはできない。P/A/S/Mダイヤルの使用を好む写真家は多いので、富士フイルムが顧客層を拡大するのに役立つと100%確信している。

幸いなことに、富士フイルムにはレトロな操作性を備えたハイエンドAPS-Cカメラもある(X-Pro3、X-T3、X-T4、将来的にはX-T5やX-Pro4も)。Xシリーズは、私や皆さんのようなレトロ好きにとって故郷のような存在であり、今後もそうあり続けるだろう。

富士フイルムを愛しており、富士フイルムが成功することを望んでいる。だから、たまにP/A/S/Mダイヤル式カメラがシステムの成長と繁栄に役立つのであれば、私はそのようなカメラに拍手を送りたい。

とのこと。
以前のリーク写真からその可能性は高いと思っていましたが、やはりモードダイヤルを搭載したカメラとなる模様。各種ダイヤルコントロールを利用した撮影体験は楽しめませんが、素早く撮影設定を切り替えながら、状況に即応することが出来ます。X-H2SのようなカメラならばP/A/S/Mダイヤルの搭載が理にかなっていると言えそう。(特に物理ダイヤルが多いとモードを切り替えたり、動画撮影時に不便)

形状は全く異なりますが、同じくモードダイヤルを搭載したX-S10を使用しています。モードダイヤル搭載により一つの操作で絞り優先AEからマニュアルモードなどへ切り替えることが可能となっています。カスタムモードもありますが、これは主に画質に関するカスタマイズとなっており、AFなどは通常と共通になっているので少し使い辛いです。この辺りも含めてX-H2Sで使い勝手の改善が見られるのか気になるところ。

噂のまとめ

太字は確定的な情報

X Summit

  • 2022年5月31日

X-H2S

  • 2022年にフラッグシップカメラが登場
  • 先に積層型モデルが登場し、その後に高解像モデル
  • 2種類の縦位置グリップが存在する。
    ・片方は非常に高価
  • 新型センサー搭載
    X-Trans CMOS
    積層型+裏面照射型
    ・空冷ファンは搭載されない
  • X-H2sのセンサーは2600万画素(積層型BSI)
  • 新型プロセッサ搭載
  • 動物/物体の被写体検出AF
    鳥類
    動物

    鉄道
    飛行機
    バイク
  • 最大40fpsの高速連写
  • GFX100Sのようなコントロールレイアウト
  • 6K
  • 4K 120p
  • X-H2Sはバリアングルモニタを搭載
  • D-Pad搭載
  • X-H2SはCFexpressとSD UHS-IIカードに対応
  • 2500ドル以下
  • 外付けのアクティブ冷却ユニットが存在する。

X-H2

  • X-H2S登場後に発表される
  • 4000万画素 CMOSセンサー

その他

  • XF150-600mmF5.6-8:2022年
    インナーズームタイプ
  • XF18-120mm:2022年
  • GF20-35mm:2022年
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年

(Via X Summit PRIME 2021XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

フジフイルム関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, Xシリーズ 一眼, 噂情報
-,