FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 Xシリーズ 一眼 カメラ 噂情報

富士フイルム X-H2高解像モデルは積層型CMOSセンサーではない?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。「X-H2S」登場後に発表されると言われている「X-H2高解像モデル」は積層型ではないと情報を得た模様。

Fuji Rumors:EXCLUSIVE: Fujifilm X-H2 with 40MP STACKED or NOT STACKED Sensor? Here is the ANSWER!

富士フイルムは2022年に積層型APS-Cセンサーを発売すると述べている。
FujiRumorsは、2022年に2600万画素と4000万画素の2種類のX-H2が登場すると言及した。

しかし、これらのカメラの両方が積層型センサーを搭載するのか、それとも1台だけなのかは今まで分からなかった。しかし、今日、事態は変化した。

4000万画素のX-H2は積層型ではない。
X-H2高解像モデルの正式発表は、2600万画素 積層型センサーのX-H2Sが正式発表された後である。

とのこと。
どうやら4000万画素と言われているX-H2は積層型CMOSセンサーではないようですね。このカメラがどのような位置付けとなるのか不明ですが、積層型CMOSセンサーでは無いところを見ると、風景・商業・物撮り・マクロなど、スピードよりも解像性能を求めたユーザーをターゲットにしたカメラとなりそうですね。ニコン「Z 9」やソニー「α1」のような万能機とはならないのかもしれません。そして、将来的に他のXシリーズカメラで統一されるセンサーが2600万画素の積層型なのか4000万画素の通常のセンサーとなるのか気になるところ。

富士フイルム XF56mmF1.2 R / APD 最新情報まとめ

XF56mmF1.2 R
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古在庫を探す
XF56mmF1.2 R APD
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古在庫を探す

噂のまとめ

太字は確定的な情報

X Summit

  • 2022年5月31日

X-H2S

  • 2022年にフラッグシップカメラが登場
  • 先に積層型モデルが登場し、その後に高解像モデル
  • 2種類の縦位置グリップが存在する。
    ・片方は非常に高価
  • 新型センサー搭載
    X-Trans CMOS
    積層型+裏面照射型
    ・空冷ファンは搭載されない
  • X-H2sのセンサーは2600万画素(積層型BSI)
  • 新型プロセッサ搭載
  • 動物/物体の被写体検出AF
    鳥類
    動物

    鉄道
    飛行機
    バイク
  • 最大40fpsの高速連写
  • P/A/S/Mモードダイヤル
  • GFX100Sのようなコントロールレイアウト
  • 6K
  • 4K 120p
  • X-H2Sはバリアングルモニタを搭載
  • D-Pad搭載
  • X-H2SはCFexpressとSD UHS-IIカードに対応
  • 2500ドル以下
  • 外付けのアクティブ冷却ユニットが存在する。

X-H2

  • X-H2S登場後に発表される
  • 4000万画素 CMOSセンサー
    ・積層型ではない

その他

  • XF150-600mmF5.6-8:2022年
    インナーズームタイプ
  • XF18-120mm:2022年
  • GF20-35mm:2022年
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年

(Via X Summit PRIME 2021XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

フジフイルム関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, Xシリーズ 一眼, カメラ, 噂情報
-,