NiSi カメラ レンズ

NiSi「NiSi 15mm f/4」交換レンズデータベース

このページではNiSi「NiSi 15mm f/4」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

  • 2020-01-15:国内販売が開始されました。
  • 2020-01-08:正式発表されました。海外では579ドルで販売が始まっています
  • 2020-01-08:本日正式発表と言われているので専用の情報収集ページを作成しました。ソニーE・キヤノンRF・ニコンZ・富士フイルムXマウントに対応する模様。価格は539ドルと比較的手ごろな価格。

主な特徴

  • フルサイズ対応
  • 焦点距離:15mm
  • 絞り:F4~F22
  • レンズ構成:10群12枚
  • フィルター径:72mm
  • 最短撮影距離:0.2m
  • 最大撮影倍率:0.13倍
  • 絞り羽根:10枚
  • 重量:470g
  • サイズ:75.6×80.5mm
  • 539ドル

購入早見表

NiSi 15mm f/4(Amazon以外は簡易検索)
公式
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

レンズデータ

レンズ仕様

対応マウント ソニーEマウント
キヤノン RFマウント
ニコン Zマウント
焦点距離 15mm
開放絞り F4
最小絞り F22
画角 112°
最短撮影距離 0.2m
最大撮影倍率 0.13
レンズ構成 10群12枚
絞り羽根 10枚
フォーカス マニュアルフォーカス
フィルター径 72mm
サイズ/質量 Eマウント: 79mm x 87mm/447g
RFマウント:79mm x 79mm/453g
Zマウント :78mm x 82mm/470g

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

関連記事

海外の評価

Sony Alpha Blog

Sony Alpha Blog:NiSi 15mm F4

レンズの紹介:

  • 主な仕様
    ・重量:470g
    ・価格:479ユーロ
    ・絞り:F4~F22
    ・全長:80.5mm
    ・フィルター:72mm
    ・絞り:10枚羽根
    ・画角:112°
    ・レンズフード付属
    ・ソフトケース付属
  • NiSi 15mm F4はNiSiが作り上げた最初の写真用レンズだ。

ビルドクオリティ:

  • レンズは総金属製でビルドクオリティは非常に良好だ。
  • 超広角レンズながら円形フィルター(72mm)に対応している。
  • レンズフードの脱着にも対応している。これにより100mmフィルターホルダーがある場合は角形フィルターを利用可能だ。
  • フルマニュアルレンズであり、電子接点はない。
  • 防塵防滴用のシーリングは施されていない。

携帯性:

  • シグマなどと比べると非常にコンパクトで軽量だ。
  • LAOWAと比べると少し太い。

操作性:

  • 絞りリングはクリック付きだが、クリック間は滑らかに動作する。
  • フォーカスリングは滑らかに回転し、20cmから無限遠まで90°の回転角がある。
  • 1mから無限遠までは15°の回転角しかない。

オートフォーカス:

  • 記載なし。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 6100万画素のα7R IVでテストした。
  • 中央はF4で非常に良好だ。1段絞ると優れたグレードに改善する。
  • 四隅は良好だが、α7R IVではそれ以上とならない。2400~4200万画素のカメラであれば非常に良好な結果を得られる。
  • F11で回折が始まる。
  • 優れた性能を発揮するにはシグマ「14mm F1.8 DG HSM」やソニー「12-24mm F2.8 GM」のようにレンズサイズを大きく、そしてより高価である必要があるのだろう。
  • 近距離~中距離でも絞り開放から結果は非常に良好だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 超広角レンズとしてはとても良好なボケだ。とても心地よい。
  • 玉ボケはF4+最短撮影距離で得られるが、非常に小さい。
  • 発色は良好だ。

色収差:

  • とても少ない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 少し陣笠状の樽型歪曲だ。

周辺減光:

  • F4で光量落ちがあり、絞っても大きく改善しない。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F4の時点で10本の綺麗な光条となる。F16まで絞る必要はなく、このレンズの大きな強みとなるだろう。
  • 逆光耐性は平凡だ。太陽をフレームに入れるとハロが発生する。

競合レンズ比較:

  • コンパクトな小口径単焦点として競合するのは以下のレンズだ。
    ・LAOWA 14mm F4
    ・フォクトレンダー 15mm F4.5
  • 比較してNiSiは大きく重いが、遥かに安価である。
  • NiSiは最短撮影距離が最も短い。
  • NiSiはレンズフードの取り外しが可能だ。
  • サイズと重量を除けばエルゴノミクスと価格設定でビルドクオリティはNiSiが有利である。
  • 中央シャープネスはNiSiが最高だ。
  • 四隅はフォクトレンダーの一貫性がF5.6で優れている。
  • LAOWAは中間域が甘く、像面湾曲の問題を抱えている。
  • 周辺減光はNiSiが最も良好だ。
  • 光条はフォクトレンダーとNiSiが優れている。
  • 逆光耐性はフォクトレンダーが良好だが、LAOWAより良好だ。
  • NiSiはバランスが最も良好だがサイズは少し大きい。

作例集

総評

NiSiが最初に投入したレンズ「15mm F4」は非常に優れた超広角レンズだ。優れたエルゴノミクスで、低歪曲、光条、円形フィルターやフィルターホルダーシステムとの互換性が強みとなる。そして非常にリーズナブルだ。競合レンズよりも大きく重いが、優れた中央解像やエルゴノミクスを備え、最も低価格である。強くおススメできるレンズだ。

  • 長所
    ・非常に良好な中央シャープネス
    ・非常に良好な周辺シャープネス
    ・レンズフードの脱着が可能
    ・72mmフィルター対応
    ・角形フィルター対応
    ・滑らかな後ボケ
    ・良好なコントラスト
    ・良好な色
    ・F4で素晴らしい光条
    ・リーズナブルな価格設定
    ・非常に良好なビルドクオリティ
    ・低色収差
    ・低歪曲
    ・最短撮影距離が短い
  • 平凡
    ・防塵防滴非対応
    ・中程度のサイズと重量
    ・周辺減光は目立つ
    ・四隅のシャープネスは6100万画素だと良好止まり
  • 短所
    ・逆光耐性
    ・電子接点なし

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
VLOGCAM ZV-1 1万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28
SIGMA fp 最大3万円 ~2021-5-18 2021-5-26

-NiSi, カメラ, レンズ
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER