FUJIFILMレンズ FUJIFILM標準レンズ FUJIFILM関連の情報 レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

富士フイルムは9月2日に「XF33mmF1.4 R LM WR」も発表する?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。噂の「9月2日のX-Summit」でXマウントレンズ「XF33mmF1.4 R LM WR」も登場するみたいですね。18mmF1.4と同じく高速AFを期待できそうです。

Fuji Rumors:EXCLUSIVE: Fujinon XF33mm f/1.4 to be Announced on September 2

我々のソースから連絡があり、XF33mm F1.4が9月2日に発表されると伝えてきた。

9月2日は富士フイルムユーザーにとって素晴らしい日になるだろう。

Fuji Rumors:Fujinon XF33mmF1.4 and XF23mmF1.4 II Coming with Linear Autofocus Motor and Weather Sealing on September 2

XF33mm F1.4とXF23mm F1.4 IIは、9月2日に発表される。
これらのレンズは両方とも防塵防滴仕様とリニアモーターを備えている。

この記事でFuji Guy Billyが説明しているように、富士フイルムはレンズに4つの異なるタイプのモーターを使用しています。

リニアモーターは最小ではないものの、「速い」「静か」という2つの素晴らしい特性を持っている。

とのこと。
以前から噂されていた「XF33mmF1.4」も9月2日に開催されると言われているX-Summitで登場するみたいですね。一度に新製品が5つも登場する怒涛の発表ラッシュとなりそうです。全てが正式発表となるのか、一部が開発発表止まりなのか詳細は不明。

APS-Cレンズ2つはリニアモーターを採用しているらしく、特徴はここ最近発売された「XF18mmF1.4 R LM WR」とよく似ていますね。新世代のXF F1.4シリーズはリニアモーターと防塵防滴が共通仕様となるのかもしれません。これまでの命名法則からすると「XF23mmF1.4 R LM WR」「XF33mmF1.4 R LM WR」と言ったところでしょうか?
XF33mmF1.4は従来にない全く新しい焦点距離のレンズであり、光学系も新開発の可能性大。XF23mmF1.4は従来の光学系を継承しつつ、駆動系や耐侯性を強化しているのか気になるところ。

噂のまとめ

GFX

  • GFX 50S IIが登場する(8月27日ではない)
  • 9月2日に発表される
  • 発売日は9月である
  • 販売価格は3999ドルだ
  • GFX100Sと同じボディであり、手ぶれ補正を搭載している

GF35-70mm F4.5-5.6

  • 2021年後半に登場する
  • キットレンズとして手に入れる場合に実質500ドルとなる
  • 開放F値はF4.5-5.6だ
  • GFX 50S II+35-70mmレンズキットで4499ドル
  • 絞りリングが無い
  • 沈胴機構である
  • 金属製レンズバヨネットを採用している

X-H2

  • 2022年に登場
  • 8K動画(匿名情報)
  • 新型センサー搭載
  • 新型プロセッサ搭載
  • 2500ドル以下

X-T30 II

  • 2021年9月2日

その他

  • XF23mmF1.4 R WR:2021年9月2日
  • XF33mmF1.4:2021年9月2日
  • XF150-600mm:2022年

サイト案内情報

フジフイルムレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM標準レンズ, FUJIFILM関連の情報, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-,