Canonレンズ Canon中・望遠レンズ カメラ レンズ

DPReviewがキヤノン「200mm F1.8L」のサンプルギャラリーを公開

【広告】カメラのキタムラ 中古クリアランスセール
【広告】PERGEAR2021年本気の大出血セール

DPReviewがキヤノン「200mm F1.8L」のサンプルギャラリーを公開。具体的なレンズ名は不明ですが、EXIF情報が残っていることを考えるとEFレンズでしょうか?とても魅力的な写りに見えます。

EF200mm F1.8L USM

DPReview:Canon 200mm F1.8L sample gallery (DPReview TV)

カナダのポートレート写真家、アイリーン・ラドニク氏とチームを組み、伝説のキヤノン200mm F1.8Lでサンプルギャラリーを撮影した。写真をチェックして、感想を聞かせてほしい。

写真はDPReviewのリンク先で確認してください。
1988年登場と非常に古い望遠レンズですが、とても実用的な画質を備えていますね。逆光には気を付ける必要があるものの、色収差は良く抑えられ、開放から良好なピント面のコントラストを実現しています。ディテールの画像処理が強めと感じるものの、ピント面は絞り開放からヌケが良さそう。遠景解像テストを確認すると、四隅で僅かにコントラストが低下しているように見えます。

特にボケがとても綺麗で魅力的な描写に見えます。騒がしい背景でも被写体が浮き出る様な描写となるのは流石。玉ボケにはいくらか癖があるものの、口径食はF4まで絞るとほぼ解消する模様。縛り羽根が円形絞りでは無いので、ボケが角ばりやすい点には注意が必要です。

非常に古いレンズと言うこともあり、実用品を手に入れるのは難しいかもしれません。さらに「EF200mm F2L IS USM」の存在を考えると、無理に探して購入する必要は低い。とは言え、「200mm F1.8」のスペックにはロマンを感じますねえ。

キヤノンカメラミュージアム:EF200mm F1.8L USM

発売当時、このクラスでは世界最高の明るさを誇る大口径200mm。UDレンズを3枚使用し、二次スペクトルを徹底除去、開放からシャープでボケ味の美 しい描写性能を発揮する。駆動系にはUSMを搭載し、静粛・高速AFを実現。電子リングマニュアルとフォーカスプリセットを装備し、操作性も抜群で、ポー トレートや室内スポーツ撮影に新しい表現をもたらしている。

発売年月 1988年(昭和63年)11月
発売時価格 456,000円
レンズ構成(群) 10
レンズ構成(枚) 12
絞り羽根枚数 8
最小絞り 22
最短撮影距離(m) 2.5
最大撮影倍率(倍) 0.09
フィルター径(mm) 48
最大径x長さ(mm)x(mm) 130 x 208
質 量(g) 3,000
【広告】カメラのキタムラ 中古クリアランスセール
【広告】PERGEAR2021年本気の大出血セール

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, カメラ, レンズ

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER