Canon Canon関連の情報 EOS R5 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

ePHOTOzineが屋外で撮影したキヤノン「EOS R5」の実機写真を掲載

スポンサーリンク

ePHOTOzineが開発発表されているキヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R5」の実写画像を掲載しています。

ePHOTOzine:Canon EOS R5 Preview Photos

キヤノンは本日、EOS R5に関する詳細を発表した。R5には動物検出AFや8K 30pに対応している。我々はキヤノンUKへゆきR5の写真を撮ってきた。

このカメラはデュアルピクセルCMOS AF、ボディ内手ぶれ補正、最大で20コマ秒の連写撮影(メカシャッターで12コマ秒)に対応している。

メモリーカードコンパートメントのみならず、マイク・ヘッドホン・フラッシュ・USB・HDMIなどの端子も備えている。

背面にはジョイスティック・ホイール・バリアングル式タッチパネルなどがある。コントロールレイアウトはキヤノンEOSお馴染みのものだ。

現段階で「開発発表」のため、カメラで撮影したりメニューシステムやオプションを確認することは出来なかった。

とのこと。
これがプロトタイプなのか、プリプロダクションモデルなのか不明ですが、メディア撮影用のカメラは用意してあるみたいですね。既に国内メディアでも実機写真の露出は確認されていますが、屋外に持ち出して撮影しているメディアは初めてな気がします。

全体的なデザインはEOS Rを継承していますが、ジョイスティックや背面ホイールは「EOS 5Dシリーズ」を彷彿とさせるものとなっていますね。グリップの形状はEOS Rよりも肉厚で、少し彫りが深いように見えます。

個人的に気になっている対応メディアの詳細やバッテリーに関する情報は無い模様。

EOS R5に関する情報はコチラ

噂情報

赤色は確定・太字が可能性の高い情報

  • モデルネーム:EOS R5
  • コードネーム:DS126832
  • コードネーム:DS126838
    ・5GHz WiFi
    ・Bluetooth 5.0
  • 4500万画素 フルサイズCMOSセンサー
  • ボディ内手ぶれ補正
    ・ボディ内5段補正
    ・レンズ協調補正で7~8段
  • 被写体認識AF
    ・猫・犬・鳥(全身・顔・瞳)
  • メカシャッター12fps連写
  • 電子シャッター20fps連写
  • 背面にスクロールホイール
  • タッチバー無し
  • 一眼レフのような静止画・動画切替
  • 大容量バッテリーだがLP-E6のように見える
  • 8K 30fps
  • 4K 120fps
  • 4K 60fps
  • 5GHz WiFi
  • デュアルスロット(CFexpress+SD UHS-II)
  • 新型バッテリーだが、EOS 5D Mark IVと互換性あり
    (LP-E6NH)
  • CP+に向けて(開発)発表される
  • 2020年7月にローンチ
    (我々はこれが発売日を意味していると想定している)
  • 新型コロナウイルスの影響で生産数が少ない

サイト案内情報

EOS R5関連記事

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Canon, Canon関連の情報, EOS R5, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~