LUMIX S5 LUMIX フルサイズ Panasonic カメラ デジタルカメラ総合

IMAGING RESOURCEが「LUMIX S5」のISO感度別作例を公開

IMAGING RESOURCEがパナソニック「LUMIX S5」のISO感度別作例を公開。イメージセンサーがS1と同等という事で高感度耐性は良好のようですね。ローパスフィルターレス仕様のため解像性能も良好。

S1と同等の高感度画質

IMAGING RESOURCE:

先日発表されたパナソニックのフルサイズミラーレス「LUMIX S5」は、正式発表に先駆けてIMAGING RESOURCEに到着した。しかし、Dave Pardue氏の徹底したハンズオンレビューのため、すぐに持ち出されてしまった。ようやく戻ってきたので、画質テストを実施した。

上位機種「S1」と同じ2400万画素のフルサイズCMOSセンサーとヴィーナスエンジンを搭載している。常用ISO感度は100-51200の広いレンジを備え。さらに柔軟性を高めるために、S5では拡張ISO感度50・102,400・204,800を利用可能だ。
さらに、ボディ内手ブレ補正機能を活用した、高解像度撮影モードも搭載されており、RAW撮影とJPEG画像作成の両方に対応した最大9600万画素のイメージ出力が可能だ。

今回は通常の撮影に加え、9600万画素のハイレゾモードで撮影した作例も用意した。ISO感度は50~3200までだ。
通常通り、ISO感度全域で作例は初期設定のノイズリダクションと、オフの場合を用意している。

Comparameterでは我々が長年テストしてきたカメラと比較することができる。

LUMIX S1と同じ、ローパスフィルターレス仕様の2400万画素CMOSセンサーを搭載。通常のJPEGは約11MB、ハイレゾ9600万画素で36MBとなっています。
α7 IIIやZ 6のような裏面照射型CMOSセンサーではありませんが、高感度性能はほぼ同等に見えます。ローパスフィルターレスのためか、ディテールはS5のようが良く見えますね(レンズが異なるので正確なところは不明)。
LUMIX S1やS1Rでは不可能だったハイレゾモードのJPEG出力にも対応。より手軽な機能となったうえ、電子シャッターの長秒側が8秒まで拡張しているのも一つのポイント。従来の~1秒と比べて3段分差があるので活用シーンが増えることでしょう。実際の仕上がりは上々。レンズ性能を要求されるのは間違いないですが、ほぼ1億画素のトリミング耐性を得られるのは凄い。マルチショットノイズリダクションの効果もあるので、ISO3200でも優れた画質を備えています。8秒対応と併せて、特に低照度撮影で重宝するかもしれません。

LUMIX S5 最新情報・噂情報データベース

LUMIX S5 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
LUMIX S5 レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

関連カメラ

関連記事

サイト案内情報

LUMIX Sシリーズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25

-LUMIX S5, LUMIX フルサイズ, Panasonic, カメラ, デジタルカメラ総合
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER