Canon Canon関連の情報 EOS Rシリーズ カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

EOS R5Cの他にC70のRAW追加ファームウェアやRFシネマレンズを発表する?

Canon RumorsがキヤノンCinema EOSシステムに関する噂情報を発信。EOS R5Cの他に、C70にRAWを追加するファームウェアアップデートや新しいシネマレンズが発表される模様。

Canon Rumors:More than just the Canon EOS R5C will be announced on January 19, 2022

今、楽しみなCinema EOS製品群を確認した。

EOS R5C

EOS R5にアクティブ冷却システムを搭載した動画特化モデルだ。

Cinema EOS C70 ファームウェア

キヤノンはCinema EOS C70の新しいファームウェアを発表する。新しいファームウェアはRAWを追加するが、外部収録なのか内部収録なのかはわからない。

新しいシネマレンズを発表

キヤノンは新しいコンパクトシネマズームレンズを発表する。RFマウントが提供されると考えてよいだろう。

新しい8Kオプション?

Cinema EOS C300 Mark IIIとCanon Cinema EOS C500 Mark IIに新しいモジュールが追加されまる。これらのカメラに8Kバージョンが登場することは、かなり前から噂されていた。「モジュール」が何であるかは確認していないが、キヤノンは8Kに全力で取り組もうとしているのだと思う。

公式発表は2022年1月19日、米国東部標準時の午前7時に予定されている。

とのこと。
EOS R5Cの他にもいろいろと発表があるみたいですね。RFマウントのシネマカメラ「EOS C70」がRAW非対応であることは以前から指摘されていましたが、多くの声があったのかRAW出力に対応する模様。19日にファームウェアが公開されるのか、公開時期の予告どまりとなるのか不明。さらに新しいシネマレンズも登場するとし、これがRFマウントである可能性もある模様。ただし、マウントに関しては確定情報ではないように見えます。とは言え、RFシステムのEOS R5CとC70に関する大きな発表があるとすれば、RFマウントのシネマレンズが登場してもおかしくありません。

噂のまとめ

コードネーム一覧

EOS R5C

  • 2022年Q1登場予定(以前の情報)
    ・1月中旬
    ・6~8週間後に発売
  • EOS  C70よりも遥かに安い
  • R5と同じ4500万画素フルサイズセンサー
  • DIGIC Xプロセッサ
  • Canon Log 3
  • Canon Log2はまだ検討中
  • 8K 30p Cinema RAW Light・XF-AVC・MP4の無制限録画
  • タイムコード in/out
  • EOS R3と同じ新型ホットシュー搭載
  • アクティブ冷却
  • 電子ファインダー上部にホットシューに干渉しないトップハンドル用の3/8型か1/4型のマウントポイント(ネジ穴)
  • フルサイズHDMIポート
  • 空冷ファン搭載のため、背面モニタが後方へ移動し、EOS R5のように収納はできない

EOS R1

  • 2022年Q3~Q4に登場
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5400万画素となる?(未知ソース)

APS-C EOS R

EOS R

  • 2022年に間違いなく登場する
  • 裏面照射型CMOSセンサー
  • 1台以上のカメラに搭載される
  • 2800~3200万画素かもしれない

EOS RP

  • EOS RPの上位・下位のモデルがある
  • 999ドル以下

昔の噂

  • 2021年発表の可能性がある
  • 2021年後半
  • 裏面照射型センサー
  • 静止画と動画の両方で訴求力がある
  • EOS RPより小さくなるわけではない
  • RF-Sレンズの計画はない
  • 新型APS-Cセンサー
  • 新型APS-Hセンサー
  • 2000万画素・3250万画素・4500万画素のプロトタイプが存在する
  • DIGIC Xプロセッサ
  • デュアルピクセルCMOS AF II
  • 4K UHD 60p・Full HD 120p・10Bit内部記録
  • 5軸ボディ内手ぶれ補正

その他ボディ

  • 新しいメニューシステムが開発中
  • EOS R8
    ・Vlogger向けAPS-C
  • EOS R9
    ・エントリーAPS-C
  • EOS R5の高解像タイプ
    ・登場する可能性が高い
    ・EOS R5の2倍の解像度
    ・9000万画素
    ・R5より高解像なファインダー
    ・登場時期は不明
  • RFマウントのシネマEOS 
    ・EOS C50
    ・EOS C90

レンズ

  • TS-R 14mm F4L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • TS-R 24mm F3.5L
    ・2021年後半
    ・高画素モデルと共に登場
  • RF10-24mm F4 L USM
  • RF18-45mm f/4-5.6 IS STM
    ・もともと2021年第一四半期で発表される予定だったが延期
  • RF24mm f/1.8 IS STM Macro
    ・コンパクトな広角マクロは第4四半期に登場予定だった
    ・計画は2022年まで延期された
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2021年Q4
  • RF135mm F1.4 L USM
  • RF300mm F2.8
    ・2022年
  • RF400mm F4 DO IS USM
    ・2022年
  • RF500mm F4 L IS USM
    ・2022年
  • RF800mm F5.6 L IS USM
  • RF1200mm F8 L IS USM

[/st-mybox]

キヤノン関連記事

-Canon, Canon関連の情報, EOS Rシリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-