PERGEAR カメラ レンズ

PERGEAR 35mm F1.6 交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「PERGEAR 35mm F1.6」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

  • 2020-07-26:PERGEARから7月16日正式発表の新製品「PERGEAR 7.5mm F2.8」を借りることが出来そうなので、これを機会にPERGEAR専用の情報収集ページを作成しました。このページでは「PERGEAR 35mm F1.6」に関する情報を収集しています。

参考サイト

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

  • タイプ35mm F1.6
  • レンズ構成:4つのグループの6つの要素
  • 焦点距離:f=35mm
  • 35mm判換算:52.5mm(ソニー)、52.5mm(富士)、70mm(M4/3)
  • 画角:42º
  • 最大絞り:F1.6
  • 最小絞り:F16
  • ブレード枚数:10枚(丸絞り絞り)
  • フォーカス範囲約28cm~∞
  • 外部寸法: ø38.0mm x55mm
  • 重量(キャップ、フードを除く):約193g
  • フィルターサイズ: ø43mm

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

関連記事

海外の評価

Sony Alpha Blog

Sony Alpha Blog:Pergear 35mm F1.6

  • フルマニュアルレンズであり、絞り操作やフォーカス操作は全て手動だ。そしてレンズ情報はカメラ側に記録されない。
  • ビルドクオリティは問題無い。
  • 絞リングとフォーカスリングは問題無いが、とても小さい。
  • レンズは全て金属製だ。
  • シャープネス:
    ・2400万画素のα6000でテストした
    ・中央は絞り開放からF4まで驚くほど優れている。
    ・四隅は中央と比べると少し低下する。
    ・5倍高価なソニー製レンズと競合できるパフォーマンスだ。
  • 周辺減光は開放で目に付くが、F2.8で極僅かだ。
  • 色収差は目立つ。
  • 歪曲収差は中程度だ。
  • 逆光耐性は悪い。
  • F16まで絞ると素敵な光条が発生する。
  • ボケはF1.6からF4までとても良好だ。ただし、絞り羽根が完全な円形ではない事に気が付く。
  • 後ボケは柔らかく、とても素晴らしい。
  • 発色はビンテージ調で良好だ。
  • シャープネスは「30mm F1.4 DC DN」が同等のパフォーマンスを発揮する。

この価格帯では優れたレンズだ。中央は絞り開放から優れたシャープネスを発揮し、四隅も非常に良好だ。後ボケはとても滑らかで、これら2つの観点で見ると「30mm F1.4 DC DN」のように良好だ。

ただし全てが完璧と言う訳では無く…
・フルマニュアルレンズ
・目に見える色収差
・並み以下の逆光耐性
・ビルドクオリティは良好だがそれ以上ではない
・絞り開放の周辺減光
・ニュートラルではない発色(良好だがヴィンテージ調)

ポートレートの場合、優れた結果を得ることが出来るだろう。滑らかな後ボケとシャープネス・コントラストで被写体が浮かび上がるはずだ。
75ユーロのレンズとしては本当にお買い得だ。

サイト案内情報

PERGEAR関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-PERGEAR, カメラ, レンズ
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER