「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

タムロン17-28mm F/2.8 Di III RXD 解像性能テスト&レビュー

このページではタムロン製フルサイズソニーEマウント対応交換レンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD」の解像力テスト結果とレビューを公開しています。

17-28mm F/2.8 Di III RXD 解像性能 検証

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:α7 III
  • 交換レンズ:17-28mm F/2.8 Di III RXD
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • OM-D E-M1XのRAWファイルを使用
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
    ・格納されたレンズプロファイル
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

解像力テスト

17mm

中央領域は絞り開放から非常に良好。単焦点レンズと比べて遜色無いレベルの解像性能で絞っても改善しません。ピークはF2.8~F8までで、F11以降は回折の影響で徐々に数値が低下します。

中央と比べると周辺や四隅は平凡。決して悪くは無いものの、絞り開放は良像の最低値スレスレと言った印象。幸いにも絞ると急速に改善し、F4で良好な性能を発揮し、F5.6まで絞れば中央と同程度のパフォーマンスを発揮します。

F値 中央 周辺部 四隅
F2.8 3646 2591 2481
F4 3671 3176 2805
F5.6 3571 3621 3249
F8 3571 3482 3030
F11 3297 3260 2810
F16 3136 2815 2673
F22 2742 2538 2098
20mm

基本的には17mmとほぼ同じ傾向を示しています。

やはり中央は絞り開放からピークのパフォーマンスでF11までこれを維持。周辺部は17mmの絞り開放より悪化しているものの、絞ると同じように改善します。ただし、中央のパフォーマンスに追いつくのはF5.6では無くF8まで絞った時。とは言え、「3000本」前後の数値が出ていれば非常に良好なのでF5.6でもOK。

F値 中央 周辺部 四隅
F2.8 3952 2773 2198
F4 3663 2987 2604
F5.6 3637 3211 2651
F8 3637 3440 2809
F11 3412 3093 2860
F16 3153 2987 2604
F22 2763 2373 2145
24mm

20mmとほぼ同じ傾向です。

敢えて言えばF4での改善が小さく、F8でフレーム全域がピークに至るまで周辺や四隅は緩やかに改善しています。

F値 中央 周辺部 四隅
F2.8 3537 2319 2247
F4 3676 2697 2220
F5.6 3510 3112 2912
F8 3510 3562 3040
F11 3454 3265 2963
F16 3204 3021 2732
F22 2760 2616 2373
28mm

絞り開放付近における「中央領域と四隅領域の解像性能差」が最も大きくなる焦点距離。

中央は以前としては非常に良好なパフォーマンスを発揮するものの、特に四隅が「2000本」を切る解像性能の低さ。パンフォーカスで撮影するなら、2段絞ってF5.6を使いたいところ。

他の焦点距離と違い、F8まで絞っても四隅領域が中央に追いつくことはありません。とは言っても「3000本」に達する解像性能を発揮するため、絞ればまったく不満無し。

F値 中央 周辺部 四隅
F2.8 3396 2205 1760
F4 3653 2288 2156
F5.6 3710 3130 2637
F8 3653 3510 2926
F11 3710 3524 3040
F16 3510 3074 3147
F22 2711 2708 2320

コストパフォーマンス良好な広角ズームレンズ

絞り開放の解像性能にムラがあるものの、癖を理解して使えば特に問題となることは無いはず。

1万円の小型軽量な大口径広角ズームレンズとしてはとても良好な解像性能であり、これで人気が出ないわけがない。

小型軽量なα7ユーザーにおススメの一本。外観や操作性、その他描写性能などは後日公開予定。

今回使用した機材

α7 III ILCE-7M3 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon
α7 III ILCE-7M3 レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ソニー icon

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

解像力レビュー

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.