Leica カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

ライカ の新型カメラ「Type 2221」は5月16日に発表となる?

Leica Rumorsがライカ関連の噂情報を発信。FCCに登録された「Type 2221」の情報に記載されている日付から、5月16日に発表される可能性があると言及しています。

Leica Rumors:New Leica camera model 2221 (M11-D) announcement tomorrow?

ライカデジタルカメラの新モデル2221は、2024年5月16日の解禁日に従って明日正式に発表されるはずだ(遅延がない限り、その可能性は高い)

2221はM11-Dだと思うが、ブラックペイントになるかどうかはわからない。

Screenshot

とのこと。
登録情報通りであれば5月16日になんらかの動きがありそうですね。噂されている「Leica D-LUX8」は別の登録情報「Type 3952A」である可能性が高いため、Type 2221はM型カメラと予想されています。

過去の噂情報では「M11-D(従来通りであれば背面モニタがないレンジファインダーカメラ)」になる可能性があると言われていますが、Leica Rumorsは具体的な情報は入手していない模様。

噂のまとめ

Leica M12(LR)

  • Type 2221(M11-DではなくM12となる?)
  • M11より3mm小さくなる
  • ハイブリッドファインダー or 電子ビューファインダー
  • 左上のISOダイヤルは完全に削除される可能性
  • 親指で操作できる新しいダイヤルがシャッターボタン
  • 背面には3.9型の大画面(M11は2.95型)

Leica M11-D(M12の噂が出てくる前の情報)

  • Type 2221
  • 2024年5月
  • 背面モニターが無い

謎のハイブリッドファインダーイメージ図

Leica D-LUX8

  • Type 3952A が認証機関に登録されている(LR
  • モデルネームがD-LUX8になる(LR
  • 今夏発表(LR
  • 2400万画素 APS-Cセンサー(FR
  • ズームレンズ(FR
  • 発表は5月~6月頃(FR
  • 価格は1,600ユーロ前後(FR

広告

*手動広告を試験的に導入しています。

関連記事

-Leica, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-