とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

【評価・作例】汎用性の高いVR・F4標準ズーム『AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR』

      2016/04/13

2003年に光学手ブレ補正を搭載したレンズとして発売された『AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm F3.5-5.6 G IF ED』の2代目となる。前モデルから光学設計が大幅に変更されている。

  • 最新のナノクリスタルコートを採用し逆光耐性を強化。
  • 全域でF4通しとなった事で使いやすくなった。
  • VRIIを搭載「アクティブ」「ノーマル」を選択可能
  • 最短撮影距離が45cm(前モデルは50cm)
  • 絞り羽根9枚(前モデルは7枚)
  • 重量が710g(前モデルは575g)

絞り開放ではやや甘い描写をするものの、F5.6まで絞る事で全域で良好な解像力を発揮する。このレンズのピークはF5.6と言われているので解像度重視ならば『F5.6通し』。但し、中間(50mm付近)から望遠端にかけてグッと描写が甘くなる傾向が見られる。また、全域で歪曲が気になるというレビューも散見するので、その点が気になる場合は作例とレビューを参考にして欲しい。

描写が若干甘くなるものの、3.5段分の手ぶれ補正と全域F4で24-120mmをカバーしている使い勝手の良いレンズには変わりない。諸サイトのレビュワーの数もそこそこ多いので、使い勝手に惹かれたユーザーは多いと思われる。

開放F値がF4と使い勝手が良くなった反面、かなりおデブさんになってしまわれた。最近のニッコールレンズの傾向はこのレンズにも当てはまる。但し、同様の他社レンズを見てみると670g(キヤノン)だったり885g(シグマ)だったりするので、特別重いって訳じゃあ無いのですよ。

ユーザーレビュー

作例・スコア

関連外部リンク

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
ソフトケース CL-1218 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズキャップ77mmLC-77(スプリング式) 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
バヨネットフード HB-53 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
77mm プロテクトフィルター 一覧 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
77mm PLフィルター 一覧 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
77mm NDフィルター 一覧 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

レンズ仕様

型式 ニコンFマウントCPU内蔵Gタイプ、AF-Sズームレンズ
焦点距離 24mm-120mm
最大口径比 1:4
レンズ構成 13群17枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコート)
画角 84°-20°20′(35mm判一眼レフカメラ、FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
61°-13°20′(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ装着時:
36mm-180mmレンズの画角に相当(FXフォーマット/35mm判換算)
焦点距離目盛 24、28、35、50、70、85、120mm
撮影距離情報 カメラへの撮影距離情報を出力可能
ズーミング ズームリングによる回転式
ピント合わせ IF(ニコン内焦)方式、超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
手ブレ補正 ボイスコイルモーター(VCM)によるレンズシフト方式
手ブレ補正効果:3.5段※CIPA規格準拠
VRモード:NORMAL/ACTIVE
三脚使用時ブレ補正:無し
撮影距離目盛 ∞~0.45m、2ft(併記)
最短撮影距離 0.45m(ズーム全域)
最大撮影倍率 0.23倍
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
絞り方式 自動絞り
最大絞り f/4
最小絞り f/22
測光方式 CPU連動方式のカメラでは開放測光
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ) 77mm(P=0.75mm)
マウントアダプターFT1適否 AF駆動可
寸法 約84mm(最大径)×103.5mm(バヨネットマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約710g

MTFチャート

wide

wide

tere

tere

レンズ構成図

lens24120mmdx

 - Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, カメラ, レンズ