とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

携行性に優れる超広角 EF17-40mm F4L USM【評価・作例】

      2017/11/21

レンズの特徴

中央解像力 開放から良好
ピーク F4-F8
周辺解像力  まずまず
ピーク F5.6-F11
軸上色収差  問題無し 倍率色収差 望遠側で目立つ
球面収差 問題無し コマ収差 まずまず
非点収差 良好 歪曲 広角で樽型
やや大きい
周辺減光 良好 逆光耐性 良好
AF 並・やや精度が低い 手ぶれ補正
ボケ傾向 この画角としては並
備考 防塵防滴

レビュー・作例・参考サイト

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
EF17-40mm F4L USM 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズポーチ LP1319 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズフード EW-83E 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズキャップ E-77 II 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
フィルター購入早見表
プロテクトフィルター C-PLフィルター(偏光) NDフィルター

レンズデータ

レンズ仕様

画角(水平・垂直・対角線) 93°〜49°20’・70°30’〜34°・104°〜57°30′
レンズ構成 9群12枚
絞り羽根枚数 7枚
最小絞り 22
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.24倍(40mm時)
フィルター径 77mm
最大径×長さ φ83.5mm×96.8mm
質量 475g

MTFチャート

EF17-40mm F4L USM-mtf

レンズ構成図

EF17-40mm F4L USM-lens

発売が2003年と古く、現行のEF超広角の中では最もロングランなズームレンズだ。

最新の超広角ズーム『EF 16-35mm F4L IS USM』と比べ、手ぶれ補正『IS』が搭載されていないのでスローシャッターではシビアなブレの管理が求められる。しかし、お値段が半値近くな上に、150gほど軽量で防塵防滴を備えた堅牢性があるので、まだまだ現役でやっていける。

光学設計は現行の最新レンズと似通っており、前面には2枚の非球面レンズを採用、後群にUDレンズ・非球面レンズを1枚ずつ配置してある。諸収差をしっかり補正する事で、現行の最新レンズと比較すると解像力は僅差で周辺部を含めた描写の安定感は秀逸。小型軽量・安いという点を加えると十分説得力のあるレンズだ。

画角の広い超広角レンズにおいて光源がフレーム内に入り込む可能性が高いだけに、コーティングの古さがウィークポイントだ。フレアやゴーストが大きく発生するので、太陽が写り込まないタイミングで撮影するなどの工夫が必要となってくる。

超広角ズームはあまり使わないが、防塵防滴でコンパクトなレンズを携帯しておきたい。という場合にチョイス出来る一本だろう。純正品に拘らなければ、トキナーの16-28mmF2.8がさらに安い価格で販売している。サイズが大きく重く、防塵防滴にはやや不安が残るものの描写性能はEF17-40mmを上回る。

ズームレンジが広いので、APS-C機で使ってもF4固定の標準ズームとして使うことが出来る。

競合レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

 - Canonレンズ, Canon広角レンズ, カメラ, レンズ