とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

真実を写すトキナーの新機軸 FíRIN 20mm F2 FE MF【評価・作例】

      2017/12/07

  • 2017.12.7:Amature Photographerをレビューに追加しました。

レンズの特徴

中央解像力 開放 非常に良好
ピーク 抜群
ピーク F4-F5.6
周辺解像力 開放 まずまず
ピーク 良好
ピーク F5.6-F8
軸上色収差 軽微 倍率色収差 良好
球面収差 問題無し コマ収差 やや目立つ
非点収差 非常に良好 歪曲 樽型 並
周辺減光 目立つ
絞っても大きく改善しない
逆光耐性 まずまず
AF MF回転角 約150°
最大撮影倍率
最短撮影距離
1:10.29
0.28m
手ぶれ補正
フィルター 62mm 重量 490g
ボケ傾向 この画角としては滑らか
備考 デクリック機構・金属鏡筒・電子接点あり

レビュー・作例・参考サイト

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo 直営店
FíRIN 20mm F2 FE MF 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報

Flickr


レンズデータ

レンズ仕様

焦点距離 20mm
明るさ F2
対応フォーマット フルサイズ
最小絞り F22
レンズ構成 11群13枚
コーティング 多層膜コーティング
画角 92.66°
フィルターサイズ Φ62mm
最短撮影距離 0.28m
マクロ最大倍率 1:10.29
フォーカス方式 インターナルフォーカス
絞り羽根枚数 9枚
最大径×全長 Φ69×81.5mm
重量 490g
フード(付属) BH-622
対応マウント ソニーEマウント JANコード:4961607634448

MTFチャート

レンズ構成図

海外の評価

Lenstip

長所
  • 頑丈な金属鏡筒
  • センセーショナルな中央画質
  • 良好なAPS-Cフレームの画質
  • 僅かな軸上色収差
  • 低倍率色収差
  • 球面収差の重大な問題無し
  • 非常に小さい非点収差
  • この画角としては良好なボケ
短所
  • フルフレームにおける周辺減光が大きい
  • コマ収差は小さくあるべきだ

このレンズはα7R IIでテストしたレンズの中で最もシャープなレンズだが、周辺解像は中央と比べて伸び悩み、周辺減光はとても大きい。

The Photoblographer

好き:可愛らしいレンズである、それが全て

嫌い:このレンズが防塵防滴であったらと切に望んでいる。そうであればより対価を支払ってでも手に入れただろう。

このレンズは風景、建築、ストリート、街中スナップなど多くのフォトグラファーにとって素晴らしいものだ。広角域の画角と正確なゾーンフォーカシング性能にはとても助かる。フォクトレンダーほどでは無いが、造りはとても素晴らしい。

最高にシャープなレンズでは無いが、この価格帯の広角レンズとしてはそれに近い。BatisやLoxiaほど色濃く無いが、それでも尚素晴らしいものだ。そして何より歪曲が良く補正されている。

発色は素敵なもので、まるでソニーのカメラにキヤノンレンズを装着して使っているようだ。

大きなボケを作ることは出来ないが、ボケ質はかなり良い。フードスナップに向いているかもしれない。

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

 - Tokinaレンズ, カメラ, レンズ