とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

ニコン100周年の旗艦モデル Nikon D850 最新情報まとめページ

   

最新情報

カウントダウン

さぁ時間だ!

現在比較ページを更新中です。公式ストアで39万9千円、おいおい40万円切ってるじゃないか!

情報統制が比較的しっかりしていたのは流通店舗へ情報を絞っていたためか?小売店のD850出品が遅いですねえ
追記:キタムラで予約開始しました。なんと36万円を切っている…つい予約してしまった。

9月8日発売予定

 

購入早見表

検索ワードからJANコードに切り替えました。13時50分現在でまだ小売店での出品は確認できません。

新製品に関してはカメラのキタムラが最速で出品してくるはず…。

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
Nikon D850 ボディ 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15a 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
マルチパワーバッテリーパック MB-D18 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
EN-EL18a(MB-D18用バッテリ) 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

他のニコンボディと価格を見比べるNIKKORレンズ・Fマウントレンズを探す

ショップ別で探す場合にはコチラ

 店舗名 特徴 所在地
カメラのキタムラ 大手・最寄りの店舗で受け取り可能・分割手数料無料 全国
ビックカメラ 大手・年中無休 東京
マップカメラ 分割手数料無料・中古取扱多数 東京
三星カメラ 無料長期保証・アウトレット 岐阜
コジマ ポイントセールが多い 栃木
ムラウチ オリジナルキット 東京
イーベスト 長期保証 東京
Nikon Direct ニコン直営店・3年保証付・落下水没保証(別売) 東京

参考動画

公式プロモーション

ePHOTOzine D850連写確認

DPREVIEW First impression

*これ以前の情報は最下部に格納しました。

個人的に「イイね!」と感じたD850のポイント

  • クロップにも耐える有効画素数(1.2×=3153万画素)(DX=1946万画素)
  • ライブビュー時のピンポイントAF
  • サイレント撮影モード
  • 大きなファインダー
  • チルト構造の液晶モニタ
  • メニュー画面に対応したタッチパネル
  • フォーカスピーキング
  • クロップ無しの4K動画撮影
  • 微速度撮影 0.5秒
  • AF自動調整機能
  • ボタンイルミネーション機能
  • 1840コマの撮影枚数+バッテリーパックで5140コマまで伸びる撮影枚数

個人的に気になるD850のポイント

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

D850の主な変更点 外観

正面

  • D810のAF補助光がなくなりセルフタイマーランプとなっている。
  • ペンタ部の形状が変わりポップアップフラッシュが非搭載となっている。

背面

  • 可動式のチルトモニタを採用(タッチパネル+236万ドットの高精細モニタ)
  • マルチセレクターなど右側のボタンがややグリップ寄り(チルトモニタを搭載するスペースのため)
  • サブセレクターの搭載
  • AE-Lockボタンがなくなった(サブセレクター長押し)
  • カメラ左下にFn2ボタンが追加
  • infoボタンの配置変更
  • D5と同じようにボタンイルミネーション機能を搭載、夜間の操作性が飛躍的に向上

上面

  • ISOボタンとMODEボタンの配置が入れ替わっている
  • ISOと録画ボタンの配置がやや改善されている
  • ポップアップフラッシュ省略のためペンタ部の切込みがなくなっている+突き出し部分が小さくなった

その他比較

防塵防滴構造

カードスロット

D850の主な変更点 スペック

画像処理

センサー

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
有効画素数 約4575万画素 約3040万画素 3635万画素 約3640万画素 約4240万画素
ローパスフィルター 非搭載 搭載 非搭載 非搭載 非搭載
手ぶれ補正 非搭載 非搭載 非搭載 5軸
5段
5軸
4.5段
クロップ 1.2×
(3153万画素)
DX
(1946万画素)
非対応 1.2×
(2506万画素)
DX
(1536万画素)
APS-C APS-C
備考 裏面照射型
裏面照射型
  • 4600万画素は他社ないスペックの高解像センサーですね。ライバルモデルとなるEOS 5D Mark IVとは解像力に明確な差が付きました。
  • さらに裏面照射型となったことで高感度性能の向上が期待されます。ソニーα7R IIなどと同じ傾向だとすると、低感度時のダイナミックレンジはD810と比べてやや犠牲になっているかもしれません。このスペックでD810以上のDRを叩き出しているとなると本当に化け物じみたスペックのセンサーですね。

処理エンジン・記録形式・方法

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
画像処理エンジン EXPEED 5 DIGIC 6+ EXPEED 4 PRIME IV BIONZ X
RAW形式 14bit
12bit
L/M/S
14bit
デュアルピクセル RAW
RAW/M/S
14bit
12bit
14bit 14bit
TIFF形式  〇
デュアルスロット
メディアスロット XQD
SD UHS-II
CF I/II UDMA 7
SD UHS-I
CF I/II UDMA
SD UHS-I
SD UHS-I メモリースティック
PRO デュオ
SD UHS-I
  • D810のEXPEED4から最新のEXPEED5に進化。高速演算により4K UHD動画への対応やさらに高度なノイズリダクション性能を発揮します。
  • このクラスとしては珍しいXQDとSD UHS-IIに対応しています。こうやって見比べてみるとUHS-I対応モデルが多いのですね(ミラーレス一眼ではUHS-IIの導入が早い)。
  • XQDは比較的新しい規格のフラッシュメディアです。2TBまでの大容量に耐えうる規格とされていますが、現在は256GBまで。2017年現在でブランドはソニーとレキサーのみ。最も高価なカードは256GBで4万円程度。

露出制御

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
測光方式 18万画素RGB測光センサー 15万画素RGB+IR測光センサー
252分割TTL開放測光
91KピクセルRGBセンサーTTL開放測光方式 8.6万画素RGBセンサーTTL開放測光 1200分割ライブビュー分析測光
測光範囲  -3~20EV EV 0~20 0~20EV EV-3~20 EV-3- EV20
ISO感度 64-25600 100-32000 64~12800 100~204800 100-25600
拡張ISO感度 32/108400 50/51200/102400 5 32/51200 50/102400
露出補正  +/- 5 +/- 5 +/- 5 +/- 5 +/- 5
モアレ低減機能 非搭載 ローパスフィルタ 非搭載 ローパスセレクタ 非搭載
備考 パワー絞り
ハイライト重点測光
AF連動スポット測光
アクティブDライティング
EOS iSA
オートライティングオプティマイザ
パワー絞り
ハイライト重点測光
AF連動スポット測光
アクティブDライティング
シーンアナライズオート
D-Range設定
フロントエンドLSI
  • D5やD500など最新のFX一眼レフに搭載されている180KRGB測光センサーを採用。AFや露出制御など様々なパフォーマンス改善に影響します。

連写・AF

オートフォーカス

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
方式 位相差 位相差 位相差 位相差 位相差
像面位相差
測距点 153点 61点 51点 33点 79点  位相差
399点 像面
クロス測距点 99点 最大41点 15点 25点 15点
79点 デュアル
F8対応点 15点 全点対応 11点 非対応
測距輝度範囲 EV-4
EV-3
EV -3~18 -2~+19EV EV-3~18 EV-4-18
備考  3D-T
D-AF
ピンポイントAF
フォーカスピーキング
EOS iTR AF 瞳AF
ピント拡大表示
  • D5ゆずりの強力なオートフォーカスモジュールを搭載。選択可能な55点と密度を高めるアシスト測距ポイントからなる153点の測距点。日本のカメラ雑誌ではEOS-1D X Mark IIよりもフォーカス性能が高いと評価する記事が多い。
  • 中央1点は-4EVの低輝度にまで対応。それ以外の測距点は全て-3EVまで。
  • EOS 5D Mark IVのように全点F8対応とまではいきませんが、D810よりも対応測距点が拡張されています。
  • ライブビュー時に通常の1/4のフォーカスフレームでオートフォーカスが使用可能となりました。マクロ撮影などで小さな被写体にピントを合わせたい時に非常に便利な機能です。

シャッター・ドライブ

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
シャッター速度 1/8000~30秒 1/8000~30秒 1/8000~30秒 1/8000~30秒 1/8000-30秒
電子シャッター  対応 非対応 非対応 ~1/8000 非対応
フラッシュ同調速度  1/250秒 1/200秒 1/250秒 1/200秒 1/250秒
高速連続撮影 速度 最高約7コマ秒
最高約9コマ秒

14bit RAW
最高約7コマ/秒 約5コマ/秒 最高約4.4コマ/秒 最高約12コマ/秒
12bit RAW
連続撮影可能枚数  RAW 51枚
14bit
JPEG 110枚
RAW 17枚
RAW+ JPEG 13枚
JPEG 100枚 JPEG 70枚
RAW:17コマ
RAW 54枚
*12bit RAW
電子先幕 電子シャッター
(M-up時)
電子シャッター
(無音では無い)
備考 静音連写 30fps
(800万画素)
  • 12bit RAW連写で12コマ秒を叩き出すα99 IIを除くと高画素一眼レフカメラでは最速となる9コマ秒連写を実現。ただし、MB-D18とD5用の高価なEN-EL18aが必要です。未装着の場合はEOS 5D Mark IVと同等の連写速度。
  • 一眼レフカメラとしては3機種目となる電子シャッター搭載モデル(PENTAX K-1・PENTAX KPに続く)です。
  • さらにライブビュー撮影では800万画素での30コマ連写が可能(4K 30pの切り出しなのかは現在調査中)

操作性

ファインダー

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
方式  ペンタプリズム ペンタプリズム ペンタプリズム ペンタプリズム 1.3cm(0.5型)電子式
2,359,296 ドット
視野率 約100% 約100% 約100% 約100% 100%
アイポイント  17mm 約21mm 17mm 約21.7mm 約23mm
倍率 約0.75倍 約0.71倍 約0.7倍 約0.7倍 約0.78倍
フォーカシングスクリーン 固定式 固定式 固定式
備考  アイピースシャッター アイピースシャッター
  • Nikon D5よりも大きなファインダー倍率を実現しています(D5は0.72倍)。高画素機ならではの問題であるピント調節のシビアさに対応するためでしょうか。これよりも大きな光学ファインダーとなると現行機種ではEOS-1D X Mark IIの0.76倍くらいでしょうか。

ライブビュー・モニタ

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
オートフォーカス方式  コントラストAF方式 デュアルピクセルCMOS AF コントラストAF方式 コントラスト検出式 位相差
像面位相差
測距輝度範囲 EV -4~18 EV -4~18
モニター形式  TFT液晶モニター TFT式カラー液晶モニター TFT液晶モニター TFTカラーLCD
モニターサイズ 3.2型
236万ドット
ワイド3.2型
162万ドット
3.2型
約122.9万ドット
3.2型
約103.7万ドット
3.0型
1,228,800ドット
タッチパネル 対応
メニュー対応
info対応
対応
メニュー対応
Q対応
非対応 非対応 非対応
モニター可動ギミック チルト 固定式 固定式 フレキシブルチルト方式 3Wayチルト
備考 AF自動微調整
フォーカスピーキング
アウトドアモニタ
フォーカスアシスト
ピーキング
  • 最新の一眼カメラらしく高精細なモニターを採用しています。従来機と比べて1.5~2倍。
  • D750やD500で採用されているチルト式モニタ可動機構が搭載されました。固定式のD810と比べてローアングルの撮影や三脚を使った場合の視認性に優れています。カメラ左右へのモニタ可動が出来ませんので、縦構図などではPENTAX K-1やα99 IIのマルチアングル機構に劣ります。
  • 昨年の機種よりFX機への導入が始まったタッチパネルシステムはD850にも採用。さらに従来のニコン機では不可能だった「メニューの操作」「info画面の操作」が可能となりました。使い勝手はキヤノン機に近づいていますね。
  • 従来機やキヤノンと比べて特徴的な機能は「ピーキング機能」を搭載したこと。これにより軽快なマニュアルフォーカスが可能となりました。

動画

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
映像記録方式 H.264/MPEG-4
AVC
4K:Motion JPEG
Full HD/HD:MPEG-4 AVC/H.264
H.264/MPEG-4 AVC MPEG-4 AVC/H.264 MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式  リニアPCM
AAC
MOV:リニアPCM
MP4:AAC
リニアPCM LPCM 2ch
Dolby Digital (AC-3) 2ch
記録形式 MOV、MP4 MOV、MP4 MOV MOV XAVC S
AVCHD
MP4
記録サイズ・フレームレート 4K UHD
FHD 120p
4K 30p
HD 120p
FHD 60p
HD 60p
FHD 60i
HD 60p
4K 30p
FHD 60p
HD 120p
備考  4K(全画素読出)
8Kタイムラプス
0.5秒微速度撮影
4K動画切り出しスチル
4K(ドットバイドット)
HDMI出力制限(HD 1080p 4:2:2 8bit)
 4K(全画素読出)
PP
  • ニコン一眼レフカメラとして全画素読み出しの4K動画撮影モデルは初となります。大きくクロップされるEOS 5D Mark IVと比べてもアドバンテージは大きい。ただし、キヤノンやソニーのようにC-logやS-logはありませんがプロファイル「フラット」ならばそれなりに扱いやすい動画となるはず。何よりXQDに対応しているので、今後登場するXQDの性能次第ではカメラ内記録で画期的な機種となるかもしれませんね。
  • 一眼レフカメラでは初となるカメラ内合成によるタイムラプス機能を備えています。4Kでもかなりサイズの大きな動画となりますので、8Kタイムラプスとなると一体どうなるのか気になるところです。

その他機能

作画機能

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
解像度向上機能 ボディ内DLO
DPRAW
RRS
ノイズ改善機能 マルチショットノイズ低減 RRS マルチショットNR
モアレ低減機能 ローパスフィルター ローパスセレクタ
自動水平補正 2点拡大機能
(手動)
構図調整機能  無
簡易赤道儀  無 アストロトレーサー
ボディ内RAW現像  対応 対応 対応 対応 非対応
フォーカスシフト撮影 対応 非対応 非対応 非対応 非対応
フリッカー低減  対応 対応 非対応 非対応 対応

インターフェース・搭載機能

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
映像/音声出力・デジタル端子 USB3.0 USB3.0 USB3.0 USB2.0 搭載
シンクロ端子 搭載 搭載 搭載 搭載 搭載
HDMI  タイプC タイプC タイプC タイプD タイプD
外部マイク入力端子 Φ3.5mm Φ3.5mm Φ3.5mm Φ3.5mm Φ3.5mm
ヘッドフォン端子 Φ3.5mm Φ3.5mm Φ3.5mm Φ3.5mm Φ3.5mm
リモコン端子  10ピンターミナル N3タイプ 10ピンターミナル
ワイヤレスリモコン RC-6 WR-10 O-RC1
Bluetooth  搭載 非搭載 非搭載 非搭載 搭載
WiFi  搭載 搭載 非搭載
(WT-5対応)
搭載 搭載
NFC 非搭載 搭載 非搭載 非搭載 搭載
GPS  非搭載 搭載 非搭載
(GP-1/GP-1A対応)
搭載 非搭載
Fnダイヤル 非搭載 非搭載 非搭載 搭載 非搭載
内蔵フラッシュ 非搭載 非搭載 搭載
GN 12
非搭載 非搭載
アシストライト 搭載 非搭載 非搭載 搭載 非搭載
電子水準器  2軸
防塵防滴 対応
  • D5のようにボタンイルミネーション機能を採用しています。暗所での撮影時に各種ボタンを操作しやすいデザインとなっています。
  • D810に搭載されていたポップアップ式の内蔵フラッシュは省略されています。

ボディ・電源

D850 5D Mark IV D810 K-1 α99II
バッテリー EN-EL15a LP-E6N/LP-E6 EN-EL15 D-LI90P/D-LI90 NP-FM500H
撮影可能枚数の目安 ファインダー 約1840コマ 約900枚 約1200コマ 約760枚 390枚
撮影可能枚数の目安 ライブビュー 約300枚 490枚
大きさ 146
×124
×78.5mm
150.7
×116.4
×75.9
149
×123
×81.5
136.5
×110
×85.5
142.6
x104.2
x 76.1
質量 (CIPAガイドライン)  約1005g 約890g 約980g 約1010g 849 g
質量 ボディのみ  約915g 約800g 約880g 約925g 約770g
  • 従来機・ライバルと比較してトンデモないバッテリー耐久性を示している。これに追加のマルチパワーバッテリーパック+EN-EL18を装着するとなんと5140コマとなる。

購入比較表

D810

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
D810 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
D810
24-85 VR レンズキット
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
D810
24-120 VR レンズキット
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

EOS 5D Mark IV

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
EOS 5D Mark IV
ボディ
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
EOS 5D Mark IV
24-70L IS USM レンズキット
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
EOS 5D Mark IV
24-70L II USM レンズキット
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
EOS 5D Mark IV
24-105L IS II USM レンズキット
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

PENTAX K-1

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
PENTAX K-1 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

α99 II

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahooショッピング ソニーストア
α99 II ILCA-99M2 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報 新品情報
icon

過去の情報

 

2017.8.23(追加情報)

Nikon RumorsによるとFHD120fpsのハイスピード動画は無いそうです。HD 120/100pとのこと。

2017.8.23

Nikon Rumorsがプレスリリース文章を手に入れたそうです。以前にリークされた中国語のリーク情報通りと言ったところですね。

  • 有効画素数4570万画素 ローパスフィルターレス
  • 裏面照射CMOSセンサー
  • 7コマ秒連写(MB-D18装着時は9コマ秒連写)
  • EXPEED 5
  • ISO 65-25600(拡張 32・102400相当)動画時も同様
  • D5と同様の153点(中央はー4EV・その他-3EV対応)
  • クロップ無しの4K UHD動画撮影
  • 8Kタイムラプス
  • RAW L/M/S
  • D5と同じイルミネーション機能
  • SD UHS-II+XQD
  • フォーカス合成モード
2017.8.23

Nikon Rumorsによると24日にプレスイベントが開催されるみたいですね。

GMTで深夜~午前4時に開催されると予想しているので、日本で言えば午前中~13時頃でしょうか。いよいよですねえ。

発売はやはり9月中旬かもしれないとのこと。

2017.8.22

特にスペックの情報はありませんが、中国語のD850ポスターを写した画像がもう一枚ありました。

以前からこのページをご覧になっている方なら「おや?」と思う部分がありますね。

以前リークのあったD850とDfの比較写真に写っていたDfっぽいカメラが置いてあるのです。と言う事はNikon Rumorsに掲載されていたリーク情報の出どころは全て中国経由なのかもしれませんね。

2017.8.21

朝日新聞がニコンの牛田社長へのインタビュー内容を掲載しています。

それによると8Kに対応するデジタルカメラに注力してゆくとのこと。Nikon D850はその先陣となり8Kタイムラプスが導入されそうですね。センサーの解像力には欠かせない8Kに対応するレンズの開発もするとのこと。

2017.8.18

Nikon Rumorsが「8月24日(時差で±1日前後する)」と発信しています。

「噂」とタイトルに記載しているようにNikonRumosは確定的な情報としては発信していません。とは言え同時にD850関連のリーク画像を掲載しているので強ちガセとも言い切れませんね。

24日と言うのがどの国を指しているのか不明ですが、写真のように中国の情報だとすると日本でも24日となりそうです。

ニコンファンミーティングの前々日。オランダではニコンイベントの当日ですね。

2017.8.18

ニコンちゃんのみならず、ニコン本家ツイッターまで「Comming soon」とツイートで発信しているようです。

やはり「ニコンファンミーティング」のタグを付けているので8月26日にはD850を見ることが出来そうですね。ファンミーティング前に発表するのか、ファンミーティングのイベントに組み込まれて発表されるのか気になるところです。

2017.8.18

Nikon RumorsがインスタグラムにてカメラマンがプリプロダクションモデルのD850にて撮影した動画を発見したようです。

既に動画は削除されているようですね。

2017.8.17:準備はいいかい?

ニコン公式のツイッターアカウント「ニコンちゃん」があからさまに「D850」と「ニコン100周年」「ニコンファンミーティング」と絡めてツイートを発信しています。

これが公式発表を示唆しているのかはまだ不明ですが、ファンミーティングで何らかの形でD850を見ることが出来そうですね。

正式発表後にファンミーティングでお触り出来るのか?単に開発中のモックが展示されるだけなのか?

この1週間は目が離せなくなりそうですね。

 

2017.8.17

中国語のリークである8月16日は過ぎました。あの噂、画像に関する真偽は今のところ不明ですが、ガセにしては良くできていますしねえ…。

Nikon Rumorsは「まだ正式なアナウンス日は確認できていないが、間違いなく発表日に近づいてきている」と発信しています。

2017.8.16

中国語のリーク画像では16日に何らかの動きがあるようですが、さてさて…。

追記1:FacebookのD850グループページでは「プレスリリースのセクションでテストページが存在する」と話題になっています。と言ってもこれがD850を指しているとは限らない内容ですね。

2017.8.15

Nikon Rumorsにて新たなリーク画像が投稿されています。

全体像がハッキリと写っており、特徴的なペンタ部からもD850ぽいですね。さらにメニュー画面には画像サイズで「45.4M」とあるので4600万画素程度の解像力を持つセンサーで間違いなさそうですね。RAW Mでも2560万画素と表示されています。

フェイクかも?と元ソースのDPREIVEWでは言われていますが、画像のD850と思われるカメラは左肩にMODEボタンが存在します(D810は右肩)。他にもアクセサリードアが多段式となっているなど、中国やその他リーク画像と一致する点が数多くありますね。

2017.8.14

(追記:一部の海外小売り店では既にD850の価格が表示されているそうです。約3600~4200米ドルですので、ざっくり40万~46万円くらいでしょうか?この販売価格は小売店の推測値なのか実際の価格となるかは不明のようです。)

(追記2:海外の認証機関にてD850と思われるコードネームのカメラが登録されたようですね。)

Nikon D850の実機を隠し撮りしたと思われる写真が出回っています。元ネタはDigitalcamera.netの掲示板のようですね。フラッシュボタンの無いD810系ボディですので本物っぽいですねえ。

実機画像が出回り始めたと言う事はやはり発表が迫っていることなのでしょうか。

2017.8.12

Nikon Rumorsの続報によると中国フォーラムの情報では「3600ドル」とのこと。これが本当かどうかは定かではありませんが、本当だとすると国内では40万円前後となりそうですね。

2017.8.12(さらに更新)

Nikon RumorsがD850のプレゼン用画像(中国語)をリークしています。

画像を見る限りではざっくり以下のスペック。スペックを見る限りではD5並みの価格設定でも驚かない内容。

ライバルモデルのEOS 5D Mark IVが初値42万円で登場しているので、それに収まれば御の字ではないでしょうか。とすら感じるスペック。どちらかと言えばライバルは4200万画素で10コマ以上の連写が可能なソニーのα99 IIと言ったところでしょうか?

Youtube上の動画リークでは8月16日と記載されたプレゼン画像がありますね。

  • 中国プレゼンテーション開催日:8月16日
  • 有効画素数 約4575万画素(ローパスフィルターレス)
  • EXPEED 5
  • 9コマ秒連写(MB-D18装着時)
  • 7コマ秒連写(MB-D18非搭載時)
  • 14bit非圧縮RAWで51枚連写
  • 8Kタイムラプス
  • 4K動画
  • ISO64-25600(Lo ISO32:Hi2 ISO 108400相当)
  • 3.2型 236万ドットチルト可動モニタ タッチパネル対応(infoメニュー対応)
  • LVタッチ操作はタッチAF・タッチシャッター・タッチメニュー
  • 153点AF(中央-4EV対応・他-3EV・カバーエリアはD810の130%)
  • D5と同等のAFシステムを採用
  • スポットエリアAF(標準の1/2サイズのAFポイント)
  • ファインダー倍率0.75倍
  • 18万RGB画素測光センサー
  • フォーカスブラケット(最大300枚・ピント間隔は10段階調整・5fpsでの連写)
    *深度合成機能はソフトウェアが必要
  • 新しいAWB
  • 静音撮影モード(ライブビュー撮影+電子シャッター+AF/AE固定+連写6fps以下)
  • 静音連写モード(800万画素+30fps+最長3秒間+AF/AE固定)
  • RAW出力 L・M・S
  • 強化された多重露光
  • 1:1フレーム
  • SD・XQDカードスロット
  • WT-7対応

2017.8.10

どうもオランダにおけるニコンのイベントは8月24日となるようです。これまで登場してきたイベント開催日の情報としては最も早い開催日となっています。

D850が展示されるとしたらいち早い情報が期待できそうですね。ひょっとしたら試作品のモックだけという可能性もありそうですが…。

(更新)ロンドンでは8月17日に開催のようです

  • 8月17日:ロンドン:イベント
  • 8月24日:オランダ:イベント
  • 8月26日:東京:ファンミーティング
  • 9月2日:大阪:ファンミーティング
  • 9月22日:オランダ:イベント
  • 9月23日:ドイツ:イベント
  • 10月2日:ベルギー:イベント
2017.8.8

日刊工業新聞がD850についてちらっと記事を掲載していますね。特に目新しい情報は無さそうです。

2017.8.7

ニコン公式のファンミーティング特集ページが更新されています。

D850の名前は確認できませんが「現行モデルのラインナップ」が展示されているようです。ここにD850が加わっているのか気になりますね。

2017.8.5

日本国内でニコンのファンミーティングが開催されるのは既にご存知かと思います。

海外でも9月下旬にイベントが開催されるようですね。Nikon RumorsはこのイベントまでにD850が発表されるのではないか?と推測しているようです。

海外に先駆けていち早く開催する国内ファンミーティングでD850がお披露目されるのか気になるところですね。

2017.8.2

Nikon RumorsにてD850のスペック情報のまとめが公開されました。

  • 4500~4600万画素センサー
  • 低感度・高感度の改善
  • 改良されたスナップブリッジ
  • GPS非搭載
  • チルト液晶モニタ
  • SD/XQDカードスロット
  • D5譲りのAFシステム
  • フラッシュ非搭載
  • ボタンイルミネーション機能
  • サブセレクター
  • Bluetooth搭載
  • 8Kタイムラプス
  • D850は10月のPhoto+EXPOに出展する
  • フルフレームの全画素読み出し4K UHD
  • 高速連写(8コマかそれ以上)
  • 新情報:D850の液晶モニタはD810の2倍の解像度(240万ドット程度?)
  • 新情報:FHD 120fps
  • 新情報:改良されたライブビュー分割表示モード
  • 新情報:改良された静音撮影モード
  • 新情報:改良されたバッテリーライフ
  • 新情報:D810よりも軽量
  • 未確認情報:8月中にティーザーを更新する
  • 未確認情報:発売時期は9月~11月までと様々だ
  • 未確認情報:センサーはソニー製だが別情報もあり
  • 未確認情報:4000ドル未満

断定している情報はまだ少ないですが「直接ニコンに聞いた」とされる情報がぽつぽつと出始めていますね。価格はやはりD810の初値からすると大きく値上がりしそうな感じです。

2017.8.1

Nikon RumorsがD850についての続報を発信しています。それによるとD850は以前に噂されていた「ベビーD5」ではないか?との事。

これはNikon Gearと呼ばれるサイトの掲示板において「Nikon オーストリアの職員と話した」と述べている内容です。

  • バッテリーパック無しで10コマ秒連写
  • ソニー製の微調整された4600万画素センサー(α7R IIのセンサーではない)
  • 高速AFと4600万画素を併せ持つカメラ(D500のようなコンセプト)
  • MB-D12と互換性なし。専用の新規バッテリーパック
  • 10月に入手可能と予想
  • D810よりもおよそ1000ユーロほど高価になる
  • D810は並行して販売される
  • D850はEN-EL15(第3世代)を使用する

との事。どこまで信憑性のある話なのか難しいところですが、ソニーα99 IIが12コマ秒速の4200万画素ですので無くはない性能ですね。「D810よりも1000ユーロ高価」と言うのが初値を指しているのか、現状の実勢価格を指しているのか気になるところです。キヤノンの5D Mark IVの初値を考慮すると「初値から1000ユーロ高価」と言う可能性も高そうです。

さらにSony Alpha Rumorsでは「α7R IIのセンサーでは無く、ソニー製の微調整された4600万画素センサーを使用する」と追加情報を発信しています。

2017.7.28

Nikon Rumorsが「ハイブリッドファインダーではない」と言う点と「8コマ速以上の連写速度である」と言う2点を記事として発信しています。

特に情報源を開示していませんが、何か示唆があったのでしょうか?

2017.7.28

Nikon RumorsがD850についての未確定スペック情報を更新しています。既存の情報を除いて目新しい項目は以下の通り

  • D850は10月のPhoto+ Expoに出展予定
  • タッチパネル対応
  • FXセンサーで全画素読み出しの4K UHD

これが本当だとすると、キヤノン EOS 5D Mark IVのクロップされる4K動画よりも使いやすいカメラとなりそうです。タッチパネルはD500やD5、そしてD7500が導入しているので当然の流れだと思います。

Photo+Expoは北米で最大の写真ショーですね。今年は10月25~28日だったはず。D850の開発が公式発表された今、このイベントで登場するのは濃厚と言えるかもしれません。

Nikon Rumorsは最後に課題を述べています。

  • 連写性能:私はD810から少し向上した8コマ連写だと推測している
  • EVF/OVFハイブリッドファインダー:ネット上では面白いネタにされているが、私はこの技術がD850に搭載されているとは思わない。
  • 発売日
  • 価格
2017.7.27

Sony Alpha Rumorsが面白い記事を発信しています。

D850のファインダー上部には二つの穴がある。これはOVF(光学ファインダー)とEVF(電子ファインダー)を切り替えるアイセンサーが入っているのでは?

と大胆な推論を掲載しています。確かに2つの穴が開いているし、特許もあるみたいですね。

ミラーアップで撮影する事で「ミラー駆動」と言う連写撮影の足枷が外れるわけですが…、現実的にはどうなんでしょうねえ?さらにメカシャッターを使わない”電子シャッター(サイレント撮影)”が可能と一眼レフカメラとしては珍しい超低振動での撮影が可能となりますね。

あくまでSARが他のウェブサイト上にある「推測」をピックアップしただけにすぎませんので、ひょっとしたら「ただのネジ穴」かもしれません。または、そこに何かを差し込んで使う「ファインダーアクセサリー」とか?

2017.7.27

Nikon RumorsがD850と思われるカメラの全体像のリーク画像を公開しています。100%断定はできませんが、昨日のティザー画像と合わせて見比べるとかなり信頼性が高い画像リークかなと感じます。

この写真から以下のことを推測することができますね。

  • サブセレクター
  • チルト式可動液晶
  • Bluetooth・WiFi搭載
  • ボタンイルミネーション機能
  • フラッシュボタン・AEロックボタンが無い
  • MODEボタンが左肩へ、ISOボタンが右肩へ移動
  • マイク・ヘッドホン用のアクセサリドアが多段式になっている
2017.7.26

海外のニコンD850ティザー画像。

プロトタイプの画像なのでしょうけども、これを見る限りだとペンタ部にフラッシュがあるようには見えないですね。

「Nikon公式サイトにこんな画像ないぞ!」と思われるかもしれませんが、どうもヨーロッパで出回っているティザー写真の一つだそうです。

2017.7.25

ニコンがNikon D850の”開発”を発表しました。

開発中とは…、まだ先のようですねぇ。ポイントは以下のとおり

  • 高精細な描写と高速連続撮影をさらに進化し両立させる
  • マルチメディアクリエイターの表現領域を拡げるモデル
  • 発売時期・価格は未定

3600万画素以上で5コマ速は超えてくるという意思表示は確認できましたね。やはり発売時期が気になるところです。

取り敢えずD850はまだおあずけっぽいですので、ひとまずFマウントレンズのデータベースを刷新中。海外の評価から作例まで順次更新しています。

追記:Nikon Asiaがティザー動画を掲載(インスタグラムでも#D850で見つかるはず)

動画の終盤で「8Kタイムラプス」と言う単語があるため、3300万画素以上は確定でしょうか。もし仮にアスペクト比が16:9のタイムラプス動画で8K動画となると、フルサイズセンサーとしては4000万画素程度は必要になってきますね。とするとα7RIIクラスのセンサーか、もしくは全くの新型センサーか?

タイムラプス動画がD850で撮られたものだとすると、すでにある程度は完成の域に達しているのかもしれませんね。

2017.7.25

ニコン100周年記念のウェブページが更新されていますね。

新機種の情報はまだっぽいですが

2017.7.24

ニコンが明日から始まる100周年記念でプロ・ハイアマチュア機の発表を示唆しました。

これはいよいよ期待できそうですね。しかし、全くと言っていいほど情報のリークがありませんので予約販売の開始は発表から時間差で始まるのかもしれません(小売り店に新機種の情報が行き渡っていない可能性が高い)。

事前リークが全くない発表は昨年のNikon D500を彷彿とさせますね。

2017.7.24

Nikon RumorsによるとD850であると確認できたそうです。

断定情報が出てきたと言う事は登場間近と言う事でしょうか。ここ数日間のうちに色々と情報が出てくるかもしれませんね。

2017.7.17

Nikon Rumorsは現在登場している噂情報をまとめて発信しています。

一眼レフに関する詳しい情報はサッパリ、という感じでD810後継モデルについても7月25日発表という確証は得られていないようです。

昨年登場したNikon D500は事前情報が何もリークされることなく登場しましたので、情報統制がしっかりしているのかもしれません。

2017.7.7

昨日、フランスのニコン支社長のインタビューでは「D810は生産され続けている」と発信したNikon Rumorsですが、「100周年である7月25日にD810の後継モデルが発表されるかもしれない」と予想しています。

2017.7.6

Nikon Rumorsがフランスの雑誌からピックアップした情報によると、

  • D810の生産は続いている
  • D820の詳細はまだ待たなければならない
  • 100周年のサプライズを用意している

との事。D810が引き続き生産されているとすると、D810後継モデルの登場はまだ先と言う事でしょうか?

2017.6.30

久しぶりにNikon RumorsにおいてD810後継モデルに関する情報が発信されています。

それによると「D810後継は7月下旬に発表、9月に出荷開始される予定」と述べています。

スペック情報については5月17日の情報から変化はなさそうです。

2017.5.17

Nikon RumorsがD820の追加情報を発信しています。

それによるとNikon D820はD5と同じAFシステムを搭載しているかもしれないとのこと。

従来までの噂をまとめると

  • 今夏発表・秋発売(早くなる可能性がある)
  • D820もしくはD850
  • 4500~4600万画素センサー
  • 低感度~高感度ISOの改善
  • 改良されたスナップブリッジ
  • 内臓GPS無し
  • チルト液晶モニタ
  • SD+XQDカードスロット
  • D5と同じAFシステム

もしこれが本当であれば、ライバル機の「EOS 5D Mark IV」よりも一歩を上を行く性能ですね。BTやチルトモニタの搭載、XQDの導入など積極的なハードウェアの改善点を見ることができます。EOS 5D Mark IVの初値がとても高価だったのでD820がどの程度となるか気になるところです。

これまでの情報
  • 2017.5.5:Nikon Rumorsが未確認のソースから得た情報として「今夏発表」「D820かD850」「4500~4600万画素」「D810よりも感度性能が良好」「GPS非搭載」「改良型スナップブリッジ」「チルト式(D750やD500と同じ)」「SD+XQD」と発信しています。デマかもしれませんので、今のところは話半分といったところですね。
  • 2017.4.9:Nikon Rumorsが再度「D850の発表はまだない」と記事を発信しています。
  • 2017.4.5:近日中にD850が発表?という記事をデジカメinfoが発信していますが、主だったソースがあるわけではなさそうです。元記事もNikon Rumorsなどに書かれている情報と酷似している部分も多いのであまり期待しない方が良いかもしれません。
  • 2017.2.8:D820は4600万画素センサー?
これまでの情報

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

 - D850, FX D810, Nikon, カメラ, デジタルカメラ総合, ニコン 一眼レフ