「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon中・望遠レンズ カメラ レンズ

キヤノンEF85mm F1.4L IS USMの光学手振れ補正はとても効果的だが…【海外の評価】

更新日:

Lenstipがキヤノン製交換レンズ「EF85mm F1.4L IS USM」のレビューを掲載しています。

Lenstip

  • 33mm幅のフォーカスリングの回転角は約130度だ。動作は滑らかである。
  • 手振れ補正の効果は我々が検証したところ4段程度とキヤノンの主張通りの効果を発揮した。これは拍手喝采だ。
  • シャープネス(5D3):全体的に見て批判するのは難しいパフォーマンスである。
    中央:絞り開放から37lpmmの良像である。この数値はツアイスの「Milvus 1.4/85」よりやや高い数値だ。絞るとF4で48lpmmのピークに達する。これはMilvusよりも少し低い数値だが誤差の範囲である。「Otus 1.4/85」はより良好な結果だが小売価格を考慮すると直接のライバルとは言えない。より安価なシグマ「85mm F1.4 DG HSM」は絞り開放・ピーク共にキヤノンよりもシャープである。シグマと最も差がつくポイントはF2.0だ(Art50lpmm:Canon44lpmm)
    APS-C枠:シグマArtには劣るが、Milvusよりは良好だ。キヤノンのパフォーマンスが悪い訳ではないのだが、シグマがハードルを上げている。
    四隅:絞り開放から実用的な画質で弱点は無い。しかし、シグマやMilvusはより良好だ。
    5Ds使用時:絞り開放から良像の基準値を超え、絞るとF4で64lpmmに達する。これは高い数値であるが、レコードブレーカーとまでは行かない性能だ。(訳注:Lenstipは高画素機でテストをしないレビューサイトですが、読者からの質問や要望によって高画素機のテストを掲載したようです。しかし、従来機で一貫したテストを実施しているLenstipは今のところ高画素機に移行する予定はないとのこと。)
  • 軸上色収差は本レンズの価格や登場時期を考慮すると大きすぎる。F2まで絞ると解消する。このカテゴリではシグマ・Milvusがより良好だ。
  • 倍率色収差は絞り開放付近のみ中程度だが、絞ると低い数値となる。
  • 球面収差の影響は見られない。
  • 歪曲はAPS-Cフレームで+0.38%とMilvusに似た性能だが、フルフレームでは+1.30%まで増加する。これはシグマやMilvusの”ほぼゼロ歪曲”と比べて明らかに数値が大きく、正直に言うとここまで悪い結果の85mm F1.4を見たことが無い。
  • 新世代の85mmはコマ収差を良好に補正しているレンズが多いものの、このレンズはフルフレームで目立ち、APS-C枠でも僅かに影響している。
  • 非点収差は我々の測定で2.3%と称賛するレベルだ。これはシグマより悪いがMilvusより良好である。
  • ボケは非の打ち所がない。唯一言及するとしたら四隅の口径食だろう。
  • 周辺減光は絞り開放のAPS-C枠で-0.85EVと危惧するほどでは無い量だ。フルフレームでは-2.24EVまで増加し、これはシグマより悪く、Milvusより良好な結果だ。
  • 逆光耐性はシグマよりレンズ構成が少ないので良好であることを期待したが、残念なことにシグマ・Milvusより悪い。酷くはないが、軽度のゴーストが発生する。
  • フォーカス速度は5D3との組み合わせでピント距離全域を0.7-0.8秒で移動する。5Dsとの組み合わせにおいて、フォーカス精度は高価なLシリーズに期待する程では無かった。

長所

  • 優れた中央画質
  • 非常に良好なAPS-Cフレームの画質
  • 非常に良好なフルフレーム隅の画質
  • 僅かな倍率色収差
  • 歪曲で大きな問題が無い
  • 無視出来る非点収差
  • APS-Cフレーム僅かな周辺減光
  • 静かなAF
  • 非常に効果的な手振れ補正

短所

  • 軸上色収差が目立つ
  • ライバルよりも歪曲が大きい
  • 逆光耐性は少し期待外れだった
  • フルフレームで周辺減光が大きい

キヤノンは競合する85mmに対抗するべく熟慮をかさねたレンズを開発する時間があったはずだ。Otusほど高価で大きくする必要は無いが、シグマArtやツアイスMilvusと同等かより良好な光学設計はできたはずだ。

しかし、そうならなかった。全体的にシグマより僅かに劣る結果である。Milvusとの比較ではシグマほど差を付けられないものの、それでもMilvusが良好な結果となる。

ただし、キヤノンには議論の余地がない強みを3つ持っている。

  1. 85mm F1.4で唯一の手振れ補正搭載レンズ(それも非常に効果的な補正)
  2. ライバルよりもサイズが小さく軽量
  3. キヤノンブランド

キヤノンはシグマやMilvusほどでは無いが、それでも非常に良好な光学レンズに違いない。

ただ、非常に高価である。

とのこと。

全体的に良好な性能のようですが、凄いライバルの存在と価格がネックとなっているようですね。

画質にこだわるハイアマチュア向けと言うよりは安定して数を打ちたいプロ向けのレンズと言った感じでしょうか。キヤノンらしいコンセプトで良いと思うのですが比較系レビューサイトとの相性は悪そうです。

EF85mm F1.4L IS USMのレビュー・作例を集めるページはこちら

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, カメラ, レンズ