Canonレンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンが小型化したRF28-70mm F2 L II USMを開発中?

Canon RumorsがCR2と中程度の格付けでキヤノン関連の噂情報を発信。RF28-70mm F2 L USMの後継モデルを開発中で、大幅な小型軽量を実現できるという情報を得た模様。

Canon Rumors:Canon RF 28-70mm f/2L USM II mentioned [CR2]

  • RF28-70mm F2 L USMは、キヤノンテクノロジーの象徴のようなレンズであり、民生用光学レンズの歴史上、どの標準ズームレンズよりも高く評価されている。
  • 我々はRF28-70mm F2 L USMの後継モデルがすでに制作中であると聞いているが、いつ登場するかは言及されていない。
  • この情報源は、レンズ設計からさらなる光学性能を引き出すだけでなく、"大幅な "軽量化も実現できると主張している。現行のレンズを愛用している多くの人にとって、軽量化は間違いなく歓迎されるだろう。
  • 軽量化が設計の大きな部分を占めるのであれば、RF28-70に手ブレ補正が追加されるとは思えない。
  • 我々は、初期のRFマウントレンズのいくつかについて、Mark IIが間違いなく来年か再来年に登場すると考えている。
  • RF70-200mm F2.8 L IS USMは、今年中にインナーフォーカス設計のフォローアップが行われると噂されている。

とのこと。
興味深い噂ではありますが、(本当だとしても)まだ開発段階で登場時期は不明のようです。現行の「RF28-70mm F2 L USM」を買い控えるのは時期尚早かなと。ここ最近のCanon Rumorsは的中率があまり良くない(他のウェブサイトが先行している場合も多い)ので、過度な期待は禁物。

とは言え、EOS Rシステム始動時(2018年)に登場した最初期のレンズの一つであり、既に発売から5年以上が経過しています。更新頻度が高いミラーレスシステムにおいて、数年後に後継モデルが登場したとしてもおかしくは無い頃合いです。開発段階の情報がウェブに流れてくるとは思いませんが、なんらかのリニューアルは検討しているのかもしれませんね。

キヤノン RF 28-70mm F2L USM 交換レンズデータベース

噂のまとめ

認証機関への登録

  • DS126922
    5.1/2.4GHz ワイヤレス
    Bluetooth
    2024-02-04
  • ID017
    5.1/2.4GHz ワイヤレス
    2024-02-04

カメラ

*新旧の情報が入り乱れています。

EOS R1

時期・価格・特徴

  • 2023年春にティーザーが見れるかもしれない
  • 2023年後半まで期待できない
  • 2024年となる可能性あり
  • 2024年2月の発表に向けて説明会が始まっている
  • EOS R5 Mark IIよりもかなり前に発表される
  • 他社の競合モデルを置き去りにするカメラ
  • EOS R3よりも高くなる
  • 5999ドルから6999ドルの間と「予想」

センサー・AF

  • EOS R3比で2倍の解像度
  • 改良された視線入力AF
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • EOS R5よりも高解像
  • 5400万画素となる?(未知ソース)
  • 予想よりも低解像
  • 3000万画素 積層型 DPCMOS
  • メカシャッターレス
  • フラッシュ同調速度 1/1250秒
  • 0.8msの読み取り速度
  • AI認識による高速AF/AE
  • 動体予想と高い成功率のトラッキングAF

連写

  • 無制限 40fps(1:2 C-RAW)
  • 無制限 60fps(1:3 C-RAW)
  • 120fps フル機能 連続撮影
  • 240fps 連写機能
  • 1秒前のプリ連写

ファインダー・モニター

  • EVF 720万ドット 0.7型 OLED 60~240hzのリフレッシュレート
  • 可変リフレッシュレート
  • 4000nitの明るさのEVF
  • ブラックアウトフリー

動画

  • 6.7K 60p・4.22K 120p(APS-C)
  • C-log2・C-log3

EOS R5 Mark II

時期・価格・特徴

  • 2024年前半
  • 2024年2月の発表に向けて説明会が始まっている
  • 2024年の夏半ばから終わりにかけて
  • EOS R1の後に発表される

センサー・AF

  • 新型6100万画素 裏面照射型CMOSセンサー
  • 62MP / 31MP / 15.5MP 可変解像度
  • グローバルシャッターの可能性は低い
  • 8段分のボディ内手ぶれ補正
  • ソニーや富士フイルムに近いピクセルシフトマルチショット
  • 2/4/8倍のデジタルテレコン
  • R3やR6 IIと同じデュアルピクセルCMOS AF II

プロセッサ・ストレージ

  • デュアルDIGIC Xプロセッサ
  • DIGIC X2s Processor
  • デュアルCFexpress Type B

連写

  • 30fps 電子シャッター連写
  • 12fps メカニカルシャッター連写

動画

  • 8K 60pの内部収録(RAWは確認中)
  • 4K ~120pの内部収録(オーバーサンプリング)
  • 4K 120pよりもフレームレートが大幅に向上する
  • FullHD 240p
  • フォーカスブリージング補正
  • R6 Mark IIと同じ新しい熱対策(8Kで40分以上)

ファインダー・モニター

  • 944万ドット EVF
  • 576万ドット 120fps EVF
  • 動画撮影に最適な新デザインのバリアングルモニタ
  • 視線入力AF
  • 改良型バリアングルモニタ

インターフェース・バッテリー

  • HDMI Aポート
  • デュアルUSB-Cポート
  • 画像サイズを抑えたRAW形式
  • 新型バッテリーだがLP-E6と同じ形状
  • 新カメラアプリが同時にリリース

RFマウントのシネマEOS?

・EOS C50
・EOS C90

EOS R5 C Mark II

  • 2025年

レンズ

  • CP+2024までに少なくとも3本(CR
  • ニッチな市場向けのレンズ開発発表(CR
  • スピードライトのラインアップを刷新 2024(CR
  • EOSR3 Mark II:2025年(CR
  • RF-S 大口径単焦点
    ・EF-M32mm F1.4の移行なら大喜び
  • TS-R 14mm F4L /TS-R 24mm F3.5L
    ・EOS R5 Mark IIと同じタイミングになると予想
    ・50mmが登場しても驚かない
  • RF24mm F1.4L USM
    ・ノーコメント
  • RF35mm F1.2 L USM
    ・2024年前半(CR3
  • RF200-500mm f/4L IS USM
    ・RF100-300mm F2.8の供給が安定したら登場すると予想
  • RF70-200mm F2.8L IS USM インナーズーム
    ・何度が言及されているレンズ
    ・EOS R1の登場と同時期は理にかなっている
    ・現行モデルと併売される

The Camera Insider

  • EOS R5 Mark II:2024年2月
  • RF35mm F1.2 L 2本:2023年末
  • RF14mm F4 L USM:2024年前半
  • RF24mm F1.4 L IS USM:2024年前半
  • RF28mm F1.4 IS USM:2024年前半
  • RF35mm F1.4 L IS USM:2024年前半
  • RF28-70mm F2 L II USM:不明
    ・大幅な小型軽量化

Sony Alpha Rumors

  • (1.18 時点で)EOS R1の噂情報は信用しないほうが良い(SAR

過去の情報は「2023年 カメラ・レンズの新製品情報 速報・早見表」を参照してください。

キヤノン関連記事

-Canonレンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-,