「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon Canon関連の情報 EOS Mシリーズ EOS R カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報

キヤノンがEOS Rのサイレント連写撮影に対応するファームウェアVer1.1.0を公開

キヤノンが2月12日付けでEOS Rと関連製品のファームウェアアップデートを公開しました。

スポンサーリンク

ファームウェア Ver1.1.0公開

EOS Rファームウエア Version 1.1.0

このファームウエアの変更(Version 1.1.0)は、以下の機能向上と修正を盛り込んでいます。

  1. "サイレント撮影時の連続撮影" の機能を追加しました。
  2. 記録メディア(カード)内に特定ファイルが大量に存在する場合にエラーが発生することがある現象を修正しました。
  3. サイレント撮影時にエラーが発生することがある現象を修正しました。
  4. 特定レンズと記録画質の組み合せによっては、横方向の線状ノイズが発生することがある現象を修正しました。
  5. ファインダーの情報表示が異常となることがある現象を修正しました。

今回ご案内のファームウエア Version 1.1.0 は、Version 1.0.0 のファームウエアを搭載したカメラが対象となります。カメラのファームウエアがすでに Version 1.1.0 の場合には、ファームウエアの変更を行う必要はありません。

RF24-105mm F4 L IS USM ファームウエア Version 2.0.0

このファームウエアは、以下の機能を盛り込んでいます。

EOS R のファームウエアバージョン 1.1.0 で追加された“サイレント撮影時の連続撮影”の機能に対応します。
今回ご案内のファームウエア変更は、古いバージョンのファームウエアを搭載したレンズが対象となります。レンズのファームウエアがすでに最新(Version 2.0.0)の場合には、変更を行う必要はありません。
レンズのファームウエアバージョンはカメラのメニューから確認できます。

ご注意
サイレント連写をお使いいただくには EOS R のファームウエアバージョンが 1.1.0 以降である必要があります。カメラのファームウエアバージョンが古い場合は、最新ファームウエアにアップデートしてください。

とのこと。

サイレント撮影時の連写機能と各種不具合への対応ファームウェアとなっているようですね。個人的に気になっていた「ファインダーの情報表示異常」に対応したのは地味に嬉しい。線状ノイズは特に気が付きませんでしたが、今後の発症する可能性を考えるとファームウェアを適用しておいたほうが良さそうですね。

サイレント連写撮影についてコマ速などは特に表記が無く、EOS Rの仕様表も変更が無いようです。とりあえず手持ちのEOS Rをアップデートして確認してみる予定です。

スポンサーリンク

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canon, Canon関連の情報, EOS Mシリーズ, EOS R, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.