「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

GR III PENTAX PENTAX コンデジ カメラ 機材の噂情報・速報

RICOH GR III試作機のAF動作を確認できる動画が公開される【海外機材情報】

Mobile01がGR III試作機の動作確認と「ミスターGR」とも言われている野口智弘氏へのインタビューを掲載しています。

スポンサーリンク

小型化優先でフルサイズ導入の予定は無い

  • レンズは完全にリニューアルされている。
  • 起動事案は1秒未満で動作音は小さい。
  • 28mm F2.8のままだが、クローズアップは10cmから6cmまで改善している。
  • オートフォーカスのパフォーマンスは製品版までに改善される可能性がある。
  • サイズは明らかに小さくなり、フラッシュは廃止された。フラッシュはPENTAX対応製品を利用可能だ。
  • モードダイヤルからTAvと動画が無くなった。動画モードはカメラ側面に移動している。
  • 上下ボタンの御出補正は無くなり、ADJレバーに統合されている。
  • フォーカスモードスイッチは無くなりFnボタンが配置された。
  • 方向ボタンの周囲にジョグダイヤルが追加されている。
  • Q:なぜフルサイズでは無いのか?
    A:スナップショットカメラだからだ。
  • Q:過去には35mmフィルムを使うGRもあったが?
    A:デジタル時代に準拠する必要性は無い。スナップカメラであることが最優先事項だ。フルサイズセンサーを使ったGR IIIサイズは技術的に可能だが、そこにはいくつかの妥協も出てくる(レンズ性能や操作性など)。APS-Cが最もバランスがとれていると考えている。
  • Q:過去に湾曲センサーを使うという噂もあったが?
    A:我々は一度も検討したことがない。根も葉もない噂である。
  • Q:GR開発チームについて
    A:THETA360やPENTAXの開発など同時に複数のプロジェクトを抱えている。GR開発陣を言い表すのは難しい。
  • Q:GR III開発時期
    A:約1年半~2年ほど前だ。
  • Q:製品開発の主導はエンジニアかマーケティング部門か?
    A:実際には両方だが、製品企画ではとても明確なGR哲学があり、コンセプトを遵守している。
  • Q:小型化について
    A:ポケットカメラなので製品の小型化が最優先だ。もちろん操作性のバランスはとる必要がある。

とのこと。

AFテスト動画ではマクロ域から無限遠側への移行がスムーズでそこそこ速いようですね。近くにおいてある低コントラストのジョッキへのフォーカシングでピントが迷い、ブリージングの大きさが少し目立つと言ったところでしょうか。

メニュー画面はまだ反応速度が遅いようです。これは製品版で是非とも改善して欲しいですねえ。

RICOH GR III 最新情報まとめページはコチラ

スポンサーリンク

サイト案内情報

GR III関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31
フルサイズα 最大4万円 -2019/9/30 2019/10/15
APS-C α 最大1.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
ソニーRX 最大1万円 -2019/9/30 2019/10/15
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/30 2019/10/11
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/30 2019/10/11
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 2019/10/15

-GR III, PENTAX, PENTAX コンデジ, カメラ, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.