SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

シグマ「24mm F3.5 DG DN | C」徹底レンズレビュー 近距離解像編

このページではシグマ「24mm F3.5 DG DN」の近距離解像力チャートを使ったレビューを掲載しています。抜群の解像性能ではありませんが、周辺や四隅まで安定したパフォーマンスの広角レンズ。

まえがき

レンズのおさらい

レンズ概要

  • 2021年1月22日 発売
  • 商品ページ
  • Iシリーズについて
  • データベース
  • 管理人のFlickrアルバム
  • レンズ構成:8群10枚(SLD1枚、非球面レンズ3枚)
  • 開放絞り:F2
  • 最小絞り:F22
  • 絞り羽根:7枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.108m
  • 最大撮影倍率:0.5倍
  • フィルター径:φ55mm
  • レンズサイズ:φ64×50.8mm
  • 重量:230g
  • 高精度グラスモールド非球面レンズ
  • 切削アルミニウム製筐体
  • マグネット式メタルキャップ
  • ステッピングモーター駆動
  • レンズ光学補正に対応
  • 簡易防塵防滴

シグマContemporaryラインの「Iシリーズ」に属する4本目のレンズ。35mm F2や65mm F2と共に発表されましたが、1か月ほど遅い発売となりました。

小型軽量ながら総金属製筐体を採用し、使い勝手の良いフォーカスリングや絞りリングを搭載したビルドクオリティの高いレンズ群となっています。Contemporaryラインとしてはやや高めの価格設定ですが、付加価値の高い外装の仕上がりは必見。

”I”シリーズはこれまでに「45mm F2.8」「35mm F2」「65mm F2」の3本が登場しており、この「24mm F3.5」は同シリーズで最も画角の広いレンズとなります。開放F値は単焦点レンズとしては少し暗いものの、優れたビルドクオリティで小型軽量な広角レンズに仕上がっています。数あるソニーEマウントの24mmレンズの中でも強い個性を放っています。

フォーカス駆動にはステッピングモーターを採用し、静かで滑らかなフォーカシングを実現。さらにこのレンズは「0.108m」と非常に短い最短撮影距離で撮影することができ、この際の撮影倍率は「0.5倍」と非常に寄りやすい広角レンズです。

MTFを見る限りではいくらか非点収差が残存しているように見えます。他社の24mmと比べて四隅の収差が良好に補正されているようにも見えますが、実写でどうのような結果となるのか気になるところ。

価格のチェック

市場相場は6万円程度ですが、買い方次第で5万円近い価格で購入可能(例えばYahoo!ショッピングのポイント還元などを利用)。タムロン「24mm F/2.8 Di III OSD M1:2」やサムヤン「AF 24mm f/2.8 FE」の存在を考慮すると決して安い値付けとは言えません。価格差分のビルドクオリティや光学性能に価値があるのか、しっかりと見極める必要があります。

【広告】カメラのキタムラ 中古クリアランスセール

解像力チャート

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:α7C
  • 交換レンズ:24mm F3.5 DG DN
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • α7CのRAWファイルを使用
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

テスト結果

中央

F3.5から「3000」を超える非常に良好な結果。65mm F2 DG DNのようなキレのあるシャープネスではありませんが、2400万画素のα7Cであれば満足のいく結果を得られると思います。

F4まで絞ると少し改善しますが、F5.6まで絞るとパフォーマンスが何故か低下。フォーカスシフトの影響を考慮して何度かテストしたものの、似たような傾向が見られます。

全体的に見て、絞り開放からF11まで安定した結果を得ることができ、F16~F22で回折の影響を受けます。

周辺

F3.5から「2500」を超える良好な結果です。中央と同じく絞ると少し低下しますが、F16付近まで安定した解像性能を得ることができます。抜群の性能ではありませんが、画角を考慮すると安定感のあるパフォーマンスです。

四隅

中央や四隅と比べると少し見劣りする結果ですが、実写を見る限りでは極端に甘い描写には見えません。24mmの近距離解像テストとしては良好な結果だと思います。

タムロン「24mm F2.8 Di III OSD」と比べると絞り開放付近で少し劣るものの、絞ると同程度の結果。インナーフォーカスの24mmとしては健闘していると言えるでしょう。

絞り開放付近では周辺減光の影響があります。影響度合いはそれほど強くありませんが、F5.6まで絞ると光学的に解消可能です。

数値確認

中央 周辺部 四隅
F3.5 3168 2912 2298
F4.0 3476 2607 2447
F5.6 3117 2681 2772
F8.0 3424 3065 2939
F11 3527 3168 3047
F16 3019 3049 3037
F22 2835 2553 2468

実写確認

レンズ比較

小型軽量の広角単焦点レンズですが、四隅まで安定感のあるレンズです。ズームレンズ「24-70mm F2.8 DG DN」と比べると、特に周辺や四隅の性能が優れています。より低価格なタムロン「24mm F2.8 DI III OSD」と比べてアドバンテージはありません。しかし、インナーフォーカス駆動でハーフマクロに対応しているレンズとしては健闘しているように見えます。

【広告】カメラのキタムラ 中古クリアランスセール

まとめ

高画素機では解像性能を活かしきれないかもしれませんが、2400万画素のα7Cでは十分満足のいく解像性能が得られると思います。広角レンズでは不利な結果が出やすい近距離の解像力チャートでも、絞り開放からフレーム全体で大きな問題を抱えていません。

絞っても画質の変化は少なく、被写界深度が許すのであれば、絞り開放から快適に利用可能。RAWを確認する限りでは、歪曲収差は中程度の糸巻き型。目立つ樽型歪曲のタムロン24mm F2.8と異なりレンズ補正が画質へ与える影響も少ないと思われます。

全体的に見て、小型軽量なα7CやSIGMA fp、LUMIX S5と組み合わせるのに最適な広角レンズであると感じます。高画素に耐えうるパフォーマンスとは感じないので、無理をせず2400万画素で使うのが良さそう。

あくまでも今回は非常に近い距離でテストチャートを使った撮影です。来週の晴れた日にでも屋外で無限遠を使ったテストや、中距離で点光源を使ったコマ収差や非点収差のテストを実施予定です。

購入早見表

関連レンズ

関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート
-,

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER