FUJIFILM Xシリーズ 一眼 カメラ デジタルカメラ総合 海外の評価

富士フイルム X-H2Sは野心的なカメラに相応しい機能と価格

DPReviewが富士フイルム「X-H2S」のハンズオンレビューを公開。静止画としても動画としても高性能で、非常に野心的なカメラに仕上がっていると評価。そして、それに見合う価格と言及しています。

DPReview:Hands-on with the Fujifilm X-H2S

  • X-H2Sは同社の「フラッグシップ」APS-Cカメラであり、これまでのXシリーズのどの機種よりもはるかに高い位置にある。
  • OM SYSTEM OM-1のように、X-H2Sは既存のラインアップと同じ画素数でありながら、価格はかなり高い。

イメージセンサー

  • 特徴は、なんといっても積層型CMOSセンサーだ。このセンサーの採用が、このカメラの価格の多くを占めると思われる。
  • 画質はまだ評価できていないが、これまでの積層型CMOSセンサーからすると、X-T4との画質差は期待できないだろう。
  • 画質的なメリットがない以上、センサーの価値はカメラの性能を高めることにある。X-H2Sの場合、40fpsの高速撮影やローリングシャッターの抑制だ。
  • また、高速センサーはファインダーの高解像度と高速リフレッシュレートを可能にし、動画機能の拡張も可能にした。
  • 高性能センサーに違いないが、スピードを必要としないのであれば、余計な出費を正当化することは難しい。

コントロール

  • 基本的に最新のGFXの操作系を採用している。
  • 静止画・動画切り替えスイッチはない。
  • 前後のコマンドダイヤルを中心に操作するカメラだ。
  • 各モードで前後ダイヤルの機能を入れ替えることができ、それぞれの操作方向も選択できる。
  • カスタマイズできるボタンは10個(メニューで十字キーを「Fn」にすると14個)だ。さらに、機能を割り当てられるタッチFnは4方向ある。
  • ジョイスティックは内側に押し込むことでAFポイントを中央にリセットしたり、AFエリアの大きさを編集したりすることが可能だ。
  • X-Tシリーズの専用ダイヤルとは少し違うが、高速かつ効果的な操作性だと思う。

エルゴノミクス

  • X-H1やGFXのように、手のひら全体で包み込むようなグリップがある。
  • 前後コマンドダイヤルはかなり大きく良好な配置だ。富士フイルムとしては珍しく、クリックで機能を変更することはできない。
  • Xシリーズで採用されている80年代以前の一眼レフのアプローチではなく、ほとんどのデジタル一眼レフカメラに沿ったものとなっている。
  • トッププレートには大型の液晶パネルを採用し、三脚を使用するユーザーにも見やすく配慮されている。静止画と動画の表示方法を選択でき、好みの設定を表示させることが可能だ。
  • 前面のフォーカスモードスイッチがなくなり、カスタムボタンに変更された。デフォルトでフォーカスモードが登録されているが、専用スイッチのような即応性ではない。

ファインダー・モニター

  • 576万ドットの大型OLEDファインダーを搭載。
  • 120fpsで動作させるとごくわずかに解像度が落ちるが、ほとんどの場合、フル解像度で動作する。
  • アクション撮影時の応答性が高い。
  • 「240fps相当」の設定もあり、ファインダーが暗くなるが、このモードがどのように機能するのか、富士フイルムはまだ詳細を教えてくれていない。
  • 背面モニタは162万ドットのバリアングル式だ。
  • バリアングルモニタは、X-H2Sをスチルカメラに特化したカメラではなく、ハイブリッドカメラにするための効果的な手段の一つだ。
  • 一部の写真家は、光軸から外れるバリアングルモニタの可動方式がフレーミングや構図を不格好にすることを不満と感じるかもしれない。

ポート類

  • 左側面を中心に4つの主要端子を備えている。
  • 上部前端にはフルサイズのHDMIポート、その背面には、富士フイルムでは珍しく、ヘッドホンとマイクのソケットが一対で配置されている。
  • 少し残念なのは、ヘッドホンソケットがちょうどバリアングルモニタが回転する位置に配置されていることだ。
  • AVポートの下には、USB Cのソケットがある。これはUSB 3.2 Gen2(10Gbps)のソケットで、Gen1(通称USB 3.0)だったX-T4よりもはるかに高速なデータ転送が可能だ。
  • USB接続により、電源供給や充電も可能である。

AF

  • センサーの読み出し速度、AI学習の被写体認識アルゴリズム、最新プロセッサーの強力な処理能力を活用し、多くの機能が改善している。
  • 人間の顔や目、電車、飛行機、バイク、車、鳥、猫、犬、馬を認識するようになった。
  • 非検出のAFも追従性が向上し、より確実に被写体に張り付くようになった。
  • 顔検出もAFエリアも一体化し、選択したAFエリアの近くの顔にのみピントを合わせるように、インターフェースを見直した。
  • さまざまな撮影シーンでどの程度のパフォーマンスを発揮できるかはまだ不明だが、高速撮影が可能でバッファの深いカメラにふさわしい水準まで向上させようという意欲は明らかだ。
  • しかし、動画撮影では、検出した被写体しか追従しない。それ以外は手動でAFターゲットを被写体に合わせ続けなければならない。

静止画機能

  • 電子シャッター時に追従AFで最高40コマ/秒の高速連写が可能だ。
  • 電子シャッターの速度は約1/150秒で、カメラのメカニカルシャッターの速度の目安となるフラッシュ同調速度の1段分以内に収まっている。つまり、ローリングシャッターは非常にコントロールしやすいはずだ。
  • バッファは、最高速でも184枚のJPEG、または175枚の圧縮RAWを取り込むことができる。この大きなバッファと高速電子シャッターにより、X-T4のクロップ30fpsモードよりもかなり有用である。
  • メカニカルシャッターは新しく、最大15fpsの連写が可能だ。富士フイルムによると、このシャッターの寿命は50万回で、「プロ仕様」のカメラに匹敵するものだという。
  • 10bit HEIFファイルの出力が可能となった。8bit JPEGファイルよりも滑らかな階調を表現でき、10bit ディスプレイで表示すれば、緩やかなグラデーションでトーンジャンプを軽減できるはずである。
  • しかし、奇妙なことに、10bit ファイルが対応する追加トーンレンジを本当に利用するためのHDRプロファイルがない。

動画機能

  • 動画機能は、静止画と同様、X-T4の機能を強化したものだ。
  • 4K 60p 10bitに加え、ProResの内部収録、センサーのアスペクト比3:2のフル領域での撮影などが追加されている。
  • 4K 60pなど、一見重複しているように見える機能でも、掘り下げてみると、すべてのモードで10bit 4:2:2で撮影でき、H.265またはProRes 422 HQ、422または422 LTから選択することが可能だ。
  • また、1.29倍のクロップを許容すれば、4K 120p映像の撮影も可能だ(およそ4.8Kの領域なので、ノイズ性能が低下するとしても、ディテールレベルは良好なはずだ)
  • 新しいF-Log2プロファイルにも対応している。これは、センサーの高速読み出しを利用して、静止画に使用されるのと同じ14bit センサー読み出しを使用して、最大30pの動画を生成する。(ほとんどのカメラは動画用に12bit モードに落としている。そうすることでいくらかダイナミックレンジを失う)
  • F-Log2カーブは、このアプローチによってもたらされる余分なDRに対応するように設計されている。ベースISOは従来のF-Logより1段高く、1段少ない露出で1段分のハイライトを表現することを意味している。
  • F-Log2モードでも、X-H2SのローリングシャッターはX-T4よりも低く抑えられている。

アクセサリー

  • 気温が高いときに動画撮影時間を延長できるねじ込み式ファンユニットや、バッテリー2本を追加搭載できる従来型の縦位置グリップなどがある。
  • さらに、より高速で安定したWi-Fi接続とイーサネットポートに対応した、ファイルトランスミッターグリップも用意されている。
  • 富士フイルムは、サードパーティのアクセサリーメーカーとも協力しており、TASCAMのXLRマイクアダプターを購入すれば、4chの録音が可能だ。
  • また、SmallRigやWooden CameraからX-H2S専用のカメラケージ、水中ハウジングが近日中に発売される予定だ。

X-H2Sは、これまでのXシリーズよりもハイエンドなカメラであり、その野心に見合った価格と機能を備えている。まだこのカメラを完全にテストする機会を得てないが、ニコンD500レベルのスポーツ・アクションカメラという約束に応え、同時にパナソニックGH6に匹敵する動画スペックを実現することを期待している。

結論を出すには、X-H2Sがどのように動作するかをもっと見る必要がある。しかし、掘り下げれば掘り下げるほど、X-H2Sはより野心的に見えてくる。

とのこと。
APS-Cミラーレスとしては初となる積層型CMOSセンサー搭載のカメラですね。30万円超と非常に高価ですが、様々な観点から従来機を引き離す性能を備えています。残念ながら画質に関して目を見張るような改善は無さそうですが、それでも連写性能やAF性能、視認性の向上から、撮影体験や打率の大幅な改善を期待できそうです。CFexpress対応により高速バッファクリアも可能となっているのは魅力的。

とは言え、30万円超の価格設定や、連写性能・AF性能がそこまで必要ないのであれば、既にリリースが予定されている高画質バージョンの「X-H2」を待ってみるのも一つの選択肢と言えるかもしれません。

富士フイルム X-H2S 最新情報まとめ

X-H2S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連ボディ

関連記事

-FUJIFILM, Xシリーズ 一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, 海外の評価
-