「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

FUJIFILM GFX GFX 100S カメラ デジタルカメラ総合

FUJIFILM GFX100 最新情報まとめページ

このページではフジフイルムの中判ミラーレス「FUJIFILM GFX100」に関する情報を収集しています。

最新情報

速報

  • 2019-08-05:Photons to PhotosがGFX100のダイナミックレンジテストの結果を公開しました。
  • 2019-08-02:全体的に参考リンクを追加しました。
  • 2019-07-30:一部ロットでリコールを告知しています。
  • 2019-06-04:DPReviewがRAW現像したサンプルギャラリーを公開しています。
  • 2019-05-31:DPReviewが東京で撮影したサンプルギャラリーを公開しています。
  • 2019-05-23:GFX 50Sとの比較表を作成しました。
  • 2019-05-23:国内でGFX100が正式発表されました。カメラのキタムラにて110万円程度を確認済み、高価なカメラに見えますがスペックを考慮するとバーゲンセールのような値付けとなっています。

購入早見表

FUJIFILM GFX100
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
充電式バッテリー NP-T125
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

海外の評価

Mobile01

見出し(全角15文字)

  • 小型化がムーブメントとなっているこの時代では珍しく、縦位置グリップ内蔵型のミラーレスカメラだ。
  • サイズは大きいものの、組み込まれた縦位置グリップにより外付けグリップと比べて小型化されている。
  • GFX100でフルサイズ領域のクロップモードを使うとα7R IVのような6000万画素となる。
  • 中判カメラを使用している複数の写真家にGFX100を持たせてみたところ、「非常に軽い」というインプレッションを受け取った。
  • シャッター音は思っていたよりも小さく、特にレンズを装着すると軽い音となる。
  • サブモニタは大きな文字でとても明瞭な表示だ。
  • 一日中スタジオで撮影する場合は2個のバッテリーでは間違いなく不十分だ。連続使用する場合はACアダプターの使用をおススメする。
  • 縦位置グリップのエルゴノミクスには違和感を覚える。無いよりはマシな程度だ。
  • 1億画素は等倍まで拡大してもとてもシャープな画質だ。
  • 16bit 非圧縮RAWは200MB以上となり、JPEGでも50MBだ。
  • 14bit非圧縮RAW17枚のSDカード書き込み時間は22秒だ。1枚1.3秒ほどである。
  • フォーカス性能はとても良好だ。ただし、騒がしい背景の場合に前景にピントを合わせるのが難しい。低照度時のAFは許容範囲内だがフルサイズミラーレスほどでは無い。
  • 瞳AFは正確だが、誤検出や位置がズレることがある。横顔の検出は苦手なようだ。
  • ISO感度性能は一般的なカメラと変わらない感じだ。しかし、色ノイズはほとんど見られない。
  • ダイナミックレンジはNikon D850やZ 6/Z 7のように最高のパフォーマンスを備えている。
  • 手ぶれ補正はGF63mm F2.8装着時に1/15秒で成功率46%と予想より遥かに優れている。1/30秒だと成功率は80%だ。

オートフォーカス性能はトップクラスとは言えないが、中判フォーマット市場の中ではトップクラスだ。425点の像面位相差AFシステムに加えて顔・瞳検出にも対応している。

高価なカメラだが、1億画素のミドルフォーマットカメラとしては非常にコストパフォーマンスの高いカメラである。

長所:1億画素のとてもシャープな画質・同クラスを凌駕するAF・顔/瞳検出・チルトモニタ・手ぶれ補正内蔵・縦位置グリップ内蔵・大きく鮮明なサブLCD・素早い起動時間・16bitRAW・同クラスよりはるかに安い

要改善:正確に表示されない瞳AF・横顔への検出精度

DPReview

柔軟性のあるミドルフォーマット

Like
  • 見事な解像性能と画質
  • ボディ内手ぶれ補正
  • 1億画素対応GFレンズ
  • 中判としては高速で正確なAF
  • 見事な動画画質と仕様
  • 高解像EVFとチルト式別売りEVF
  • デュアルバッテリー
  • USB 充電・給電対応
Dislike
  • ダイヤル操作が小さく安っぽい
  • AF性能は小型センサーほど見事ではない
  • ポートレート撮影にはグリップが細く滑りやすい
  • センサーのバンディングによりダイナミックレンジが制限されている
  • 滑らかなダイヤル設定が難しい
  • 画質の観点から見るとこれまで見てきた中で最高のカメラだ。(1億5千万画素のカメラは上回るかもしれないが)
  • 超高画素に加え、ボディ内手ぶれ補正や像面位相差AF、きちんと設計されたユーザーインターフェースは他の中判センサーカメラよりも大幅に柔軟性を高めている。
  • 縦位置グリップはポートレート用としてはやや不向きで、風景撮影に合わせて設計されているのは明らかだ。
  • ボディ内手ぶれ補正により三脚の必要性が減るはずだ。柔軟性が高まり、引き受ける仕事の範囲も広がることだろう。
  • 操作性は良い点と悪い点がある。中判フォーマット市場では見られなかった洗練さを感じることがあれば、プッシュ可能なダイヤルが安っぽく感じることもある。オートフォーカスも同様に、中判フォーマットとしては高速だが、フルサイズシステムほどの速度と応答性ではない。
  • 大きな印象を残したのはこのカメラを使った際のGFレンズのパフォーマンスだ。1億画素を念頭に入れて設計していると述べていたが、GFX100の登場によってそれが目に見る形で証明された。
  • 費用対効果はよく考える必要があるが、GFX100ほど多くの状況で、これほど優れた画質を提供できるカメラは無いだろう。
  • GFX 50S:最も優れたオールラウンドカメラだが、GFX100ほどフルサイズと比べて顕著なメリットを示すことは出来ない。加えてバッテリーライフ・AF・ボディ内手ぶれ補正・動画仕様など数多くのメリットがGFX100にはある。
  • PHASE ONE IQ4 150MP:GFXよりも大きいセンサーでより高解像・高画質・高DRだ。しかし、動作が遅く、オートフォーカスは大きく劣り、テザー以外では使い辛いカメラだ。画質重視ながらGFXよりも優れているが、GFXの画質で問題なければボディ内手ぶれ補正やバッテリー、魅力的なJPEG、動画機能、少ないコストがGFX100の強みとなるはずだ。

専門的なカメラだが、可能な限り柔軟性とパフォーマンスを高めたカメラだ。優れた解像性能と手ぶれ補正により、スタジオを飛び越えて1億画素の解像性能を活かすことが出来るだろう。一部の高解像フルサイズミラーレスほど万能では無いが、1億画素の中判フォーマットが活きる場面もあるだろう。

スペック比較

イメージセンサー

プロセッサー

露出

オートフォーカス

ドライブ

ファインダー・モニタ

動画

作画機能

インターフェース

電源・ボディサイズ

 GFX 100GFX 50S
センサーサイズ43.8mm×32.9mm43.8mm×32.9mm
センサー形式べイヤーCMOS
裏面照射型
べイヤーCMOS
有効画素数(万画素)102005140
最大記録画素11648×8736 8256×6192
アスペクト比4:3
3:2
16:9
1:1
65:24
5:4
7:6
4:3
3:2
16:9
1:1
65:24
5:4
7:6
ローパスフィルターあり?あり?
手振れ補正(補正段数)5.5段-
光学IS連携(補正段数)--
画像処理エンジンX-Processor 4X-Processor Pro
RAW出力形式16bit/14bit14bit
TIFF出力16bit/8bit8bit
記録メディアSDXC UHS-IISDXC UHS-II
メディアスロット22
測光方式256分割測光256分割測光
測光範囲マルチ
スポット
アベレージ
中央重点
マルチ
スポット
アベレージ
中央重点
露出モードP/A/S/MP/A/S/M
常用ISO感度100~12800100~12800
拡張ISO感度50
2560
51200
102400
50
2560
51200
102400
露出補正±5±5
フリッカー低減対応対応
DR補正ありあり
ファインダーAF方式ハイブリッドコントラスト検出
ライブビューAF方式ハイブリッドコントラスト検出
測距点(位相差)425点
測距点(コントラスト)425点117点
クロスセンサー--
F8対応--
カバーエリア約100%不明
測距輝度範囲 ファインダー不明不明
測距輝度範囲 ライブビュー不明不明
測距エリアモードシングル可変
ゾーン3種
ワイド/追従
シングル可変
ゾーン3種
ワイド/追従
顔検出対応対応
瞳検出対応対応
追従特性カスタマイズ被写体保持特性
速度変化特性
ゾーンエリア特性
-
被写体検出機能--
シャッター速度60分~1/4000秒60分~1/4000秒
電子先幕シャッター60分~1/4000秒60分~1/4000秒
電子シャッター速度60分~1/16000秒60分~1/16000秒
フラッシュ同調1/125秒以下1/125秒以下
高速連続撮影 AF/AE固定5.0コマ/秒3.0コマ/秒
高速連続撮影 AF/AE追従5.0コマ/秒3.0コマ/秒
連続撮影枚数ロスレスRAW:14枚ロスレスRAW:13枚
低速限界設定対応
プリ連写機能-
ファインダー方式0.5型OLED0.5型OLED
ファインダー解像度(ドット)576万ドット369万ドット
アイポイント(mm)23mm23mm
最大ファインダー倍率0.860.85
視度調整範囲-4~+2m-1 -4~+2m-1
フッ素コーティング不明不明
モニター形式TFTカラー液晶TFTカラー液晶
モニター解像度(ドット)236万ドット236万ドット
モニターサイズ3.2型3.2型
可動方式3方向チルト3方向チルト
タッチパネル対応対応
備考2.05型サブOLEDモニタ
1.80型サブ液晶モニタ
-
映像記録方式MPEG-4 AVC/H.264
HEVC/H.265
MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式リニアPCMリニアPCM
記録形式MOVMOV
4K4K UHD 29.97p
DCI 4K 29.97p
-
FHD~60p~60p
ハイスピード--
外部出力対応
4:2:2 10bit
対応
タイムラプス動画--
動画撮影機能F-log
ゼブラ
タイムコード
動画プロファイル--
備考連続30分
HDR撮影対応対応
多重露光対応対応
インターバル撮影対応対応
高解像撮影--
ブラケットAE
フィルムS
DR
ISO
WB
フォーカス
AE
フィルムS
DR
ISO
WB
フォーカス
その他機能
ボディ内RAW現像対応対応
レンズ補正対応対応
仕上がり設定16種15種
プロファイル調整機能カラー_x000D_
シャープネス_x000D_
ハイライト_x000D_
シャドウ_x000D_
点像復元_x000D_
グレインエフェクト_x000D_
カラークロームエフェクト
スムーススキンエフェクト
カラー
シャープネス
ハイライト
シャドウ
点像復元
グレインエフェクト
カラークロームエフェクト
ホワイトバランスオート
カスタム
色温度
晴れ
日陰
昼光蛍光灯
昼白蛍光灯
白色蛍光灯
電球
水中
オート
カスタム
色温度
晴れ
日陰
昼光蛍光灯
昼白蛍光灯
白色蛍光灯
電球
水中
デジタルフィルター--
デジタル端子USB Type-CUSB3.0 Micro-B
特殊端子--
シンクロ端子対応対応
HDMI端子DD
外部マイク端子ø3.5mmø3.5mm
ヘッドフォン端子ø3.5mmø3.5mm
リモコン端子ø2.5mmø2.5mm/USB
ワイヤレスリモコン--
WiFi802.11a/b/g/n/ac802.11g/n/ac
Bluetooth4.2-
NFC--
GPS--
環境センサー--
テザー撮影FUJIFILM X AcquireFUJIFILM X Acquire
電子水準器2軸2軸
バッテリーNP-T125NP-T125
縦位置グリップ-VG-GFX1
USB充電対応-
USB給電対応-
撮影可能枚数約800枚約400枚
ボディ素材マグネシウム合金マグネシウム合金
ボディサイズ 幅156.2147.5
ボディサイズ 高163.694.2
ボディサイズ 奥102.991.4
質量(メディア・バッテリー含)1,320g825g
質量(ボディのみ)1,155g740g
防塵防滴対応対応
動作温度-10℃~40℃-10℃~40℃
USB給電--
撮影可能枚数340枚340枚
ボディ材質不明不明
ボディサイズ 幅113113
ボディサイズ 高6666
ボディサイズ 奥31.931.9
質量(メディア・バッテリー含)253250
質量(ボディのみ)不明不明
防塵防滴防水 15m
防塵 IP6X相当
落下 2.1m
耐荷重 100kgf
防水 15m
防塵 IP6X相当
落下 2.1m
耐荷重 100kgf
動作温度-10 ~ +40℃-10 ~ +40℃
起動時間

過去履歴

GFX 100の仕様表

プロセッサーはX-T3やX-T30に搭載されている「X-Processor 4」を使用するようですね。

1億200万画素の裏面照射型センサーにカバー率約100%の像面位相差センサーと中判センサーとしては半端ない仕様。さらにボディ内手ぶれ補正は5.5段分も補正効果がある模様。

さらに16bit RAW/TIFFや中判4K 30p 10bit、高解像大型ファインダー、スムーススキンエフェクトなど気になる機能をいくつか備えている模様。

価格は非常に高価と予想できますが、唯一無二の中判フォーマットカメラとして注目を浴びることとなりそうですね。

  • 1億2百万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載
  • 高速画像処理エンジン「X-Processor 4」
  • 現行機の最大約2倍の高速で動体追従性にも優れた高精度AFを実現
  • 378万の像面位相差画素をイメージセンサー全面に配置(カバー率 約100%)
  • 「顔・瞳検出AF」の精度が飛躍的に向上
    より遠くの被写体の顔検出も可能となったほか、顔が横を向いた場合や障害物に遮られた場合でも高い追従性を発揮
  • 最大5.5段の効果があるボディ内5軸手ブレ補正機構を搭載
  • 4K/30P動画撮影機能を搭載
    SDカードへの記録では4K 30p 10bit 4:2:0、HDMI経由の外部メディアへの記録では4K 30p 10bit 4:2:2
  • 「GFX シリーズ」として初めて、「ETERNA(エテルナ)」モードを搭載
  • 3方向チルト対応の3.2型背面液晶モニターに加え、2.05型背面サブモニターを新たに採用
  • 新搭載の1.80型天面サブ液晶モニターでは、ダイヤルデザインを表示する「バーチャルダイヤルモード」が使用可能
  • 576万ドット有機EL電子ビューファインダーを新開発
    ファインダー倍率0.86倍、別売のEVFチルトアダプター「EVF-TL1」を装着可能
  • 「16bit RAW」「16bit TIFF」記録に対応
  • 肌のレタッチを自動で行う新機能「スムーススキンエフェクト」を新開発
  • 最薄部48.9mm・重量約1400g(バッテリー2個、メモリーカード、電子ビューファインダー含む)の小型・軽量を実現
  • 95か所にシーリングを施した高い防塵・防滴性能と耐低温構造
  • 「GFXシリーズ」として初めて「IEEE802.11ac」をサポート
  • 「NP-T125」を2個搭載できるため、背面液晶モニター使用時で約800枚の撮影が可能
  • USB端子からの給電・充電が可能

2019-04-26:5月23日に正式発表?

Fujirumorsが信頼できる情報提供者からGFX 100Sに関する情報を得たようです。

信頼できる情報提供者によると、FUJIFILM GFX100Sは5月23日に発表されるだろう。

ミラーレスのエンドゲームが始まろうとしている。カメラメーカーは衰退することが明らかな市場で生存をかけて方法を模索している。フジフイルムは泥沼となったフルサイズ戦争を避けて、中判センサーの怪物と機敏なAPS-Cカメラを市場に投入する選択肢と取ったようだ。

それがうまく行ったのかどうかは時間だけが教えてくれることだろう。

とのこと。

リンク先の動画は読者投稿によるファン動画なので注意。以前の情報では「6月」とも言われていましたが少し早まったみたいですね。

5月25日~26日にFUJIKINA 2019 東京が開催されるため、そこでお披露目されるかもしれませんね。(FUJIKINA 2017 東京ではX-E3が事前に発表されました)そもそも論として今回のロゴに「GFX」と入っているのでまず間違いなくGFX100Sかと思われます。

像面位相差AFやボディ内手ぶれ補正を実装した異色のミドルセンサーがどのようなパフォーマンスで登場するのか気になるところです。

2019-03-13:ピクセルシフトマルチショットは後日追加される?

FUJI RUMORSがGFX 100Sに関する情報を発信しています。

GFX 100Sは6月に発売されるだろう。

現在、フジフイルムはファームウェアを開発中に集中している。

2018年に「フジフイルムはGFX 100Sでピクセルシフトマルチショットを実装したがっている」と教えてくれた情報提供者が進展状況を伝えてきた。

  • ピクセルシフトマルチショットはX-Transよりべイヤーセンサーを使ったほうが簡単だ
  • FUJIFILM GFX 100S登場時にはおそらくピクセルシフトマルチショットは実装されていない
  • ピクセルシフトマルチショットはファームウェアアップデートで追加される

とのこと。

中判フォーマットセンサーのカメラとしては画期的な1台となりそうですね。導入からピクセルシフトマルチショットが実装されないのは残念ですが、フジフイルムらしいアフターフォローが期待できそうです。

サイト案内情報

フジフイルム関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-FUJIFILM, GFX, GFX 100S, カメラ, デジタルカメラ総合

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.